Bill Bairdがニュー・アルバム『Astral Suitcase』のリリースを発表、新曲「Night of the Living Dad」を公開

Bill Bairdがニュー・アルバム『Astral Suitcase』のリリースを発表しました。アルバムから「Night of the Living Dad」も公開されました。

アイスランドでのレコーディングの鮮烈な夢から生まれたBill Bairdのアルバム『Astral Suitcase』は、広大な風景、火山地帯から聞こえてくる蒸気のようなささやき声、異国の町をナビゲートする楽しげな戸惑い、これらすべてが音に変換されている。

従来のアルバムとは異なり、『Astral Suitcase』は自然発生的に生まれた。ほんの数曲の作曲アイデアを手に、レコーディングの過程でそれぞれの曲が具体化し、アイスランドのエッセンスを台本にない生の美しさでとらえた。1日1曲、時を追うごとに音楽の旅が展開していく。

Uranium Clubがニューアルバム『Infants Under the Bulb』を発表、新曲を公開

ミネアポリス・Uranium Club Bandとも呼ばれるパンクの奇才Uranium Clubが、ニューアルバムで戻ってくる。『Infants Under the Bulb』はStatic ShockとAnti Fadeから3月1日にリリースされ、アルバムの冒頭を飾る「Small Grey Man」が公開された。

Uranium Clubの最後のアルバムは、2019年の『The Cosmo Cleaners』だった。この時点では恒例となっているが、アルバムのアートワークはメンバー自身が制作しており、そのプロセスはかなり複雑なようだ。アルバムのアナウンスでは、このように伝えてる。

「この壮大なジャケット・ショットは、ポンチョを着た地元のボランティアたちが野原に立ち、巨大な渦巻きの形を作る様子を撮影するために、クラブが周到に調整したイベントを捉えたものだ。写真の螺旋は幅120フィート(36.5メートル)で、ドローンで撮影され、この日のためにバンドが特別に製作した分度器(中心が回転し、長さ60フィートの調節可能なアーム付き)を使って地面にプロットされた」

villagerrrがニュー・アルバムを発表、新曲「Neverrr Everrr」を公開

villagerrrがニュー・アルバム 『Tear Your Heart Out』を発表し、レーベルメイト、Merce Lemonをフィーチャーした新曲「Neverrr Everrr」を公開しました。

2022年はScottにとって例外的に多作な時期となった。彼は3枚のアルバム「Brain Pain」、「Ohioan」、「Like Leaves」とEP「Something or Somewhere Else」をリリースした。これらのリリースはすべて、Bandcampやストリーミング・サービスに静かにアップロードされたものだったが、彼がこれらの曲をライブで演奏するようになると、彼のサークルを超えて共鳴し始めた。「Like Leavesがリリースされた後、Merce Lemon、Feeble Little Horse、Greg Freemanなど、僕にインスピレーションを与えてくれたたくさんのバンドと一緒にライヴをやるようになったんだ。「ライヴの後、すぐに曲を書き始めたんだ。レモンに制作中の新曲 “Neverrr Everrr”を送ったところ、彼女の熱烈な反応に触発され、彼は自分自身をプッシュし、アーティストとして成長することを決意した」

「このライヴの直後から、僕はもっと曲を書いていた」とScottは言う。「彼女に “Neverrr Everrr” を送ったら、彼女が歌ってくれた。それで、残りの曲を書き上げる気になったんだ」。自分より数歩先にいて、自分のアートを励ましてくれるアーティストに出会うことは、とても有効なことなんだ」。『Tear Your Heart Out』は “Neverrr Everrr “で幕を開け、優しくシャッフルするビートに支えられた温かい曲だ。ScottとLemonは “Come and look at what you’ve done / Let me know when it’s all done” というコーラスでハーモニーを奏でる。この曲は、繊細にアレンジされている点でも、微妙な対人関係を主に扱っている点でも、他の10曲の北極星の役割を果たしている。このアルバムは、人がいかに傷つけ合うことができるか、そしていかに許し、前に進むことができるかを歌っている。

Jlin、BjörkやPhilip Glassが参加するニューアルバム「Akoma」を発表

インディアナ出身のエレクトロニック・ミュージシャン、Jlinが2018年以来となるフルアルバム『Akoma』をPlanet Muから3月24日にリリースすると発表した。このアルバムにはBjörk、Kronos Quartet、Philip Glassが参加しており、リード・シングル「The Precision of Infinity」にはPhilip Glassが参加している。JlinのビートワークとGlassのミニマルなピアノが見事に融合している。

「このアルバムに参加してくれた素晴らしいコラボレーターの皆さん、あなたの輝きは全ての音を通して輝いています」とJlinは書いている。「フィリップ・グラス、あなたの卓越した才能は忘れがたい足跡を残した。ビョーク、あなたの天才的なユニークさは比類ない創造性を刺激した。クロノス・カルテット、あなたの絶え間ない意欲と名人芸に」

リーズの6ピース、Van Houtenがデビュー・アルバムを発表。新曲「Never Did Come Back」を公開

リーズのシューゲイザーバンド、Van Houtenがデビューアルバム『The Tallest Room』をリリースを発表した。リード・シングル「Coming of Age」の大成功を受け、バンドはトム・ロビンソンの元旦番組でBBC 6Musicの2024年注目アーティストに選ばれた。本日、アルバムの発表に合わせて新曲「Never Did Come Back」を公開された。

Deerhunter、DIIV、Yuckのようなアーティストを彷彿とさせながら、紛れもなくヨークシャーのエッジを持つVan Houtenは、ユニークな音の世界を切り開いている。洞窟のようなシューゲイザー・アフェアは、ウージーなサイケ、誠実な語り口、そして耳に残る音楽で満たされている。ヴァン・ホーテンは、90年代とオルタナティヴのサウンドと美学を真のポップ・センスと融合させ、ローファイ・インディ、サイケ・ロック、シューゲイザー、ガレージ・ロックの独自のブレンドを作り上げ、真にユニークな存在に磨きをかけている。

Big ThiefのAdrianne Lenkerが新作ソロ・アルバムを発表、「Sadness As a Gift 」を公開

Big ThiefのAdrianne Lenkerが、4ADから3月22日にリリースされるニュー・ソロ・アルバム『Bright Future』を発表しました。このアルバムは、2020年の素晴らしい曲とインストゥルメンタルに続くもので、Nick Hakim、TwainのMat Davidson、Josefin Runsteenが参加しています。「この人たちに共通しているのは、私が知っている中で音楽的に最高のリスナーだということです」とAdrianne。「彼らは非常に存在感があります」。Philip Weinrobeがアルバムの共同プロデュースとエンジニアリングを担当。

『Bright Future』には、彼女の最新シングル「Ruined」と、Big Thiefの2023年のシングル 「Vampire Empire」のオリジナル・レコーディングが収録されています。彼女は今回、もうひとつのニュー・シングル「Sadness As a Gift」を発表。

Sam Evianがニューアルバムを発表、「Wild Days」を公開しました

ミュージシャンでプロデューサーとしても活躍するSam Evianが、新作『Plunge』をFlying Cloud Recordings / Thirty Tigersより3月22日にリリースすることを発表しました。このアルバムは、Samの所有するキャッツキル・スタジオでセルフ・プロデュースされ、Big ThiefのAdrianne Lenker、PalehoundのEl Kempner、Liam Kazar、Sean Mullinsが参加。「誰も曲も計画も知らなかった」とSam。「ゆるく、楽しく。これがセッションの精神でした。ヘッドフォンなし、プレイバックなし、最小限のオーバーダブ、ブリード。速くてルーズ。他の人たちのために完璧なレコーディングをしようと多くの時間を費やしているから、自分自身のためにワイルドでちょっとめちゃくちゃなものを作るのは、ちょっとした抵抗行為だったんだ」と彼は付け加えています。

『Plunge』からのファースト・シングルは、温かくノスタルジックな「Wild Days」で、CJ Harveyが監督したビデオには、セッションのスーパー8映像が使われています。

VR SEXがニューアルバム『Hard Copy』を発表、ニューシングル 「Real Doll Time 」をリリース

Noel Skumという名義で、Drab Majestyへの参加で知られるAndrew Clincoは、自身のプロジェクトVR SEXを本格的な5人組に拡大し、より豊かで強固なサウンドを提示。この進化は、2023年3月22日にDais Recordsからリリースされる予定のアルバム『Hard Copy』の第一弾、「Real Doll Time」で明らかに。

「私のゴールは常に、全てのテイクに1パスで可能な限りの音を詰め込むことです」とClincoはプレスリリースで創作プロセスについてコメント。

「Real Doll Time」は、VR SEXの特徴である硬質でサイケデリックなパンク・エッセンスを、今回はさらに大胆なアプローチで表現。このトラックは、このプロジェクトお馴染みの特異なテーマを探求し、はみ出し者や砕け散った夢想家たちで溢れる不穏な都会の風景を探求する、このアルバムの幅広いトーンとなっています。

Clinco曰く、タイトルの『Hard Copy』とは、「模造品と本物、そしてどちらか一方が他方より優れているという錯覚-どちらも独自の喜びと悪魔的な快楽のメニューを持っているのに」のこと。

Ellis ニューアルバム「no place that feels like」を発表、新曲「obliterate me」を公開

Ellisの新作LP『no place that feels like』が発表され、リード・シングル「obliterate me」を公開しました。2023年のトラック「forever」も収録したアルバムは4月26日にリリースされます。

EllisことLinnea Siggelkowはステートメントで、「私の親友の一人が、彼女が物理的に死んで、彼女の意識が完全に静かで、広大で、何もない空間に存在し続けるという夢を見たと話してくれました。その夜のパーティーで、私たちは冗談で、死んだらこうなってほしいというリストを作りました」

1 14 15 16 17 18 22