This Is Lorelei ニュー・アルバム『Box For Buddy, Box For Star』を発表、「Dancing In The Club」を公開

Nate Amosのプロジェクト、This Is Loreleiは、10年の間に33枚のEPと数百曲の楽曲を発表。今日、彼は新作アルバム『Box For Buddy, Box For Star』を、6月にDouble Double Whammyからリリースを発表。リード・シングル「Dancing In The Club」がリリースされてます。

『Box For Buddy, Box For Star』について、彼は:

「Water From Your Eyesのツアーを終えたばかりで、その間にストーンヘンジの地面に40分間横たわり、マリファナを吸うのをやめようと決心しました。当初、このアルバムはただハイにならずに音楽を作るという挑戦で、何も思いつかないんじゃないかと心配していました。ほとんど誰からも孤立して、夏の間ずっと曲を書いていました。かなりお金がなくて、かなり落ち込んでいたんですが、自分の人生をどう進めたいかを再構築しようと、ある意味健全な精神解体モードにも入っていました。良くも悪くも、私が作ったものは結局、回復が遅れたアルバムになりました」

エイモスはマリファナを止めた後、運動、ニコチン、ラーメン、作曲を日課にしました。「葉っぱが吸えなくてそわそわしたときは、いつも腕立て伏せをしていました。このタバコに火をつけて、タバコを全部吸いきるまで腕立て伏せをして、『それからまた曲を書こう』って感じでした」

Oren Ambarchi / Johan Berthling / Andreas Werliinによるコラボレート・アルバム『Ghosted II』を発表

「tre」は、4月26日にDrag Cityからリリースさ れるOren Ambarchi, Johan Berthling, Andreas Werliinのアルバム『Ghosted II』収録曲。

ギター、ベース、ドラムの三重奏:ギターはギター以外の何ものでもないようなサウンド。ファンク・ジャズ・ヘッド、ポリリズミック・スケルトン、アンビエント・パストラル、ポスト・クラウト・ドローン、きらめくサウンドトラックのレヴェリー。オープンな音場で繰り広げられる、微妙に変化するダイナミクスが特徴的な、持続する緊張感と深い雰囲気の音楽。

American Cultureがニュー・アルバムを発表、Midwifeをフィーチャーしたシングル「Let it Go」を公開

デンバーのAmerican Cultureが4枚目のアルバム『Hey Brother, It’s Been A While』を5月3日にConvulse Recordsからリリースすると発表。プロデュースは、Hatchieや Nathaniel Rateliffのレコードを手がけたBeach Houseのドラマー、James Barone。

『Hey Brother, It’s Been A While』は、バンドにとって3年ぶりとなるアルバムで、シンガー/ギタリストのMichael Steinにとって非常に厳しい時期を記録したもの。「マイケルは去年ホームレスになったんです。私たちは彼が死んだと思っていました。だから、彼の曲の多くはその経験について歌ったもので、私の曲はその反対、つまり友人がいなくなったと思ったことについて歌ったものなの。まるで私たちが行ったり来たりして書いているかのようです」

アルバムからのファースト・シングルは、Midwifeをフィーチャーした「Let It Go」。

Been Stellar、デビュー・アルバム『Scream from New York, NY』を発表、シングル「Passing Judgment 」を公開

ニューヨークの5人組、Been Stellarが6月14日にDirty Hitからリリースするデビュー・アルバム『Scream From New York, NY』を発表。同アルバムは、ニューヨークの激動を容赦ないトラックリストで表現。Sonic YouthやInterpolといった同郷の先達からインスピレーションを得たバンドは、生々しく磁力のあるサウンドで容赦なく攻撃。

この発表に合わせて、Been Stellarはアルバムのリードシングル「Passing Judgment」をリリース。リード・ヴォーカリストのSam Slocumによると、このシングルはバンド初のUKツアーを通して洗練されていったとのこと。”パッシング・ジャッジメント” を完成させたのは、イギリスでの最初のツアーの最中でした。ライヴの度に少しずつ違う形で演奏しながら、曲を様々な角度から見ることを学びました」とスローカム。「ドラムとベースには、ライブで書き終えていなかったらなかったようなカオティックな感覚があります。リリックでは、なぜ私たちは自分の周りの世界を判断するのか、そして誰かや何かに判断を下すことは、たいてい自分自身に自信が持てないことに根ざしていることについて考えていました」

Blushing が、ニュー・アルバム『Sugarcoat』を発表、シングル「Tamagotchi」を公開

テキサス州オースティンを拠点に活動するドリーム・ポップ・バンド、Blushing(Christina & Noe Carmona夫妻とMichelle & Jacob Soto夫妻)は、5月3日にKanineからリリースされるニュー・アルバム『Sugarcoat』と北米ツアーを発表。それに合わせて、彼らは感染力のあるリード・シングル/ビデオ「Tamagotchi」を発表。『Sugarcoat』では、Blushingのダイナミズムが存分に発揮され、スペイシーなサイケデリアから、ツイーなポップ・ジャングルまで、巧みかつ華麗に軽快に飛び回ります。エンジニアリング、ミキシング、マスタリングにElliot Frazier (Ringo Deathstarr)とMark Gardener (Ride)を起用したSugarcoatは、オールタナティブ・ロックの40年の歴史を濃密なリバーブで探検し、混沌から調和を呼び起こす作品。

遊び心に溢れた本日のファースト・テイスト「Tamagotchi」は、最も熱狂的な90年代のオルタナ・ロック・スタイルを彷彿とさせる、エネルギッシュでアンセミックなコーラスでサクサクと慟哭。この曲は、心の優柔不断さと、恋愛ゲームのプレイアブル・キャラクターになり、重大な決断を自分のためにしてもらいたいという願望の物語。もし他の誰かがボタンを押していたら、あなたはまだ心の痛みを感じますか?バンドが監督し、バンドが出演している付属ビデオは、活気に満ちて魅力的。

モントリオールのKee Avil、2ndアルバム『Spine』を発表、ニューシングル 「Felt」を公開

Kee Avilが2ndアルバムを発表しました。オープニングシングルは「Felt」。JUNOにノミネートされた2022年のデビュー作『Crease, Spine』に続くこのアルバムは、5月3日にConstellation Recordsからリリース。このアルバムは、デビュー作のツアー中や他のプロジェクトに取り組んでいる間、作曲が滞っていたため、アヴィルの自宅スタジオで書かれたもの。

「このアルバムは、本当にゼロからすべてを発見するような、よりハードなものでした」と彼女は説明。プレス・ノートによると、このアルバムでは、彼女の質感のあるアヴァン・ポップ・サウンドが、より生々しいものへと削ぎ落とされており、彼女はそれをフォークと呼び、ライターのJJ Skolnikも、10曲それぞれに4つ以下の要素しか意図的に使用されていないこのコレクション全体を通して、「催眠術のようなポスト・パンク・ソナンビュランス」を観察しているとのこと。

以下は、プロデューサー自身のアルバムについてのコメント:

「最近、思い出を作ることは時間を遅くするようなものだと聞きました。『Crease』の後の2年間、私は曲を書かず、ただ言葉が脳裏を駆け巡っていました。

『Crease』はコントロールされた人工的なもの。棘は生々しく骨っぽい。フォーク・ミュージックのエネルギーとドライでシャープなエレクトロニクスを組み合わせた、ギターで歌える曲を書きたかったのです。これらはこの1年のための曲ですが、それ以前のすべての年月、さまざまなバージョンの自分も含まれています。拒絶された存在のあり方に共通するものを求めて。消去するのではなく、再調整するために。

私のアルバムノートには、「散らかっている」「埋もれている」という考えが常に出てきます。これらの曲は、それぞれ4つの要素、もしくはそれ以下で書かれたミニマルなものです。私はその核心を見せ、余分なものを取り除き、自分自身を掘り起こしたかったのです。

時間を凝縮したかったのです。時間が過ぎていくのを見るのが好きなんです。脳を麻痺させるような、曇ったマッサージのような感じ。作品の型は、朽ち果てた美しさ。そのイメージは生々しく、むき出しであり、音楽が感じているようなもの。このアルバムは完成までに1年かかり、これはその1年を40分にまとめたスナップショットです」

mui zyu、新作アルバム『nothing or something to die for』を発表、新曲「the mould」を公開

今春、ニューアルバム「nothing or something to die for」をリリースするmui zyu。ロンドンを拠点とし、香港育ちのオルタナポップ・エクスペリメンタリストである彼女は、2021年に発表したデビュー・アルバムで賞賛の的となりました。Clashはそのリリースに際してmui zyuを深く取材。

5月24日にFather/Daughter Recordsからリリースされるニューアルバム「nothing or something to die for」。10月には全英ツアーが行われ、リード・シングル「the mould」を披露。

最もアブストラクトなポップ・ミュージックでありながら、生来のメロディックな資質で自身を瀬戸際から引き戻す彼女。

「『the mould』はとてもクールで、正しい型はスーパーパワーを与えてくれます。

だから私は、腐ったゼリーボウルの底で、どんなカビが良い種類で、どんなカビが悪い種類なのかを見極めようとしています」

Keeley Forsythが、3枚目のスタジオ・アルバム『The Hollow』を発表、リード・シングル「Horse」を公開

Keeley Forsythが、3枚目のスタジオ・アルバム『The Hollow』と新曲「Horse」を発表しました。5月10日にリリースされるこのアルバムは、FatCat傘下のレーベル130701との初のコラボレーション作品。

国際的に高く評価されたデビュー・アルバム『Debris』(2020年)、『Limbs』(2022年)に続く『The Hollow』でのフォーシスのサウンド・パレットは、カテゴライズを超えたもの。彼女の深みのある唯一無二の声は、「Horse」のパワフルな身体性と融合し、獰猛さと無害さを併せ持つサウンドスケープを形成。このシングルは、過去が現在に反復し続けていることを反映しているようであり、同時にノース・ヨークシャーの荒涼とした不吉な風景とアルバムの直感的なつながりを肯定しています。Matthew BourneとColin Stetsonをフィーチャーした『The Hollow』で、フォーサイスは彼女独自のソングライティングと音楽活動の新たな章を書こうとしました。

Bad Breedingが、5枚目のアルバム『Contempt』を発表、新曲「SURVIVAL」を公開

スティーブネージを拠点とするハードコア・ユニット、Bad Breedingが6月14日に5枚目のアルバム『Contempt』をOne Little Independent RecordsとアメリカのIron Lung Recordsからリリースします。アルバムから新曲「SURVIVAL」を公開。

前作『Human Capital』では保守的な実力主義と後期資本主義の搾取的な力を無慈悲に攻撃していましたが、『Contempt』ではさらにその上を行き、緊縮財政が労働者大衆に及ぼした継続的な影響、特に資本による地球とその住民の破壊について探求しています。

推進力のあるリズムと激しく爆発的なギターのミックスを最大限に活用し、Bad Breedingは生存のための戦いで怒りを武器にしました。環境・人道ジャーナリストであるAidan Frere-Smithを追ったエッセイや、未使用の住宅が溢れる都市におけるホームレスの危機を伝えるエッセイなど、複数のエッセイが収録されたZINEも付属。

「資本とそのブルジョワの歩兵たちは、労働者を侮蔑することしかできません。どのようなストーリーが売られ、パッケージ化されようとも、侮蔑は資本家階級のあらゆる動きを導きます。戦争や政府主導の大量虐殺による言いようのない破壊、労働者の搾取、そして私たちの住む地球の破壊。私たちが私たちに対する完全な侮蔑に気づき、それを利用することによってのみ、私たちは資本に対する適切な挑戦となる階級意識のレベルに達することができるのです」

How To Dress Wellがニューアルバム『I Am Toward You』を発表、新曲2曲を公開

How To Dress Well(Tom Krell)の6年ぶりとなるアルバム『I Am Toward You』が発表されました。アルバム『I Am Toward You』は、Domino / Weird Worldからの複数のアルバムに続き、Sargent Houseから5月10日にリリースされます。発表と同時に、新曲「New Confusion」と「No Light」がリリースされ、HTDWはCFCFとTrayer Tryonの参加により、実験的なエレクトロニック・ポップの領域に到達。「No Light」にはAnarthia DLTも参加。

「New Confusion」についてトムは、「人間の記憶に対する厳しい限界と、世代間・人類間のトラウマを代謝することの難しさを知りながら、過去とどう関わるかについて歌っています。よく言えば後悔、悪く言えば忘却と私はコーラスで歌います。しかし、この束縛から解放される道があることも歌っています」。

アルバム・タイトルの『I Am Toward You』は、Miley Cyrusの『I Adore You』の歌詞を妻が聞き間違えたことに由来するとトムは語っています。「彼女は、”すごい、力強い歌詞だね” と言ったので、どの歌詞かと尋ねたら、”私はあなたに向かっている”というコーラスを聴いたと答えたんです。私が彼女に、この曲は力強いと思うと言ったので、彼女は寛大にも、何か力強いもの、深遠なものを聞くように心を同調させたのです」