umru & Petal Supply – “heart2” (feat. Rebecca Black)

Rebecca Blackと Petal Supplyをフィーチャーした PC Musicの新作は、昨年の Tommy Cashと 645ARのコラボレーション “check1” に続く、umruの2022年最初のリリースとなります。

“heart2” は、umruと Petal Supplyが一緒に仕事をするのは初めてではない。昨年、Himeraと trndytrndyをフィーチャーした “1” でコラボしたばかりだ。

「しかし、Petal Supplyはこの曲の上にしっかりとしたキャッチーなフックを書いてくれたので、この曲の方向性が変わりました。2011年からみんなの頭に残っているレベッカに頼んで、この曲をさらにポップな世界に持っていこうと思ったんだ」

Blackは、「私が心から愛している2人のアーティストと一緒に仕事をする機会を得たことは光栄でした。この音の世界をもっと一緒に探検できるなんて、とてもラッキーだと思う。一聴して、この曲は何か特別なものになると思った。人々が愛し、大音量で爆音してくれることを願っている」

Marbled Eye – “Dirty Water”

Marbled Eyeは、カリフォルニア州オークランド出身のバンドです。リズムとバランスのとれたギター・ミュージックに期待。”Dirty Water” は、一連の評価の高いリリース–2016年のEP、2017年のEP 2、2018年のデビューLP Leisure–に続くもので、Marbled Eyeはアメリカのポストパンクの長い系譜の中で最も刺激的で尊敬されるバンドの1つとして確固たるものになった。

“Dirty Water” とは、宙ぶらりんな状態です。過去を受け入れつつも、前に進むべき時だと知っている。この曲は友人の山小屋でのセッションから始まり、バンドメンバーが転居したり、パンデミック時の状況を見直したりする中で作り直されたものだ。この曲は、すべての動くパーツの集合体であり、最終的に一緒にロックされ、家に持ち帰ることができるのだ。

Songs: Ohia – “VU Anxiety”

Songs: Ohiaとして知られている Jason Andrew Molinaは、15年近く音楽制作に携わってきた。ヴォーカリスト、ミュージシャン、シンガーソングライターとして、彼は長年にわたり回転するミュージシャンたちと仕事をし、そのすべてが彼のソロプロジェクト Songs:Ohiaと Magnolia Electric Co.をサポートしていた。2013年の彼の早すぎる死は悲劇だった…彼はまだ39歳だったのだ。

活動期間中、合計16枚のスタジオ・アルバム、8枚のEP、そして数多くのシングルを制作した。彼のディスコグラフィー全体は、インディー・ロック、ブルース、オルタナティブ・カントリーのブレンドで批評家に認められ、特筆すべきテナー・ボーカルの音域が彼を決定づけた。

“VU Anxiety” は、もともと1998年後半に書かれたもので、1999年の彼のツアースケジュールで大きく取り上げられたものです。 “V.U. Anxiety” は未発表曲でしたが、モリーナはこの曲でツアーをし、今まで正式にリリースされたことはありませんでした…今までは! Secretly Canadianは今日この曲を正式にリリースしました。

Daniel Rossen – “Shadow in the Frame”

Grizzly Bearのシンガー兼ギタリスト、Daniel Rossen(ダニエル・ロッセン)がついにソロ・デビュー・アルバムをリリースします。タイトルは ‘You Belong There‘ で、Warp Recordsよりリリースされ、リードシングル “Shadow in the Frame” を収録しています。

‘You Belong Thereは、Rossen’ は、ニューメキシコ州サンタフェに引っ越したことから始まり、そこで彼は子供の頃の楽器の一つであったアップライトベースとチェロを購入しました。また、木管楽器も手に入れ、安い学生用楽器を演奏して、基本を理解するのに十分なことを学んだ。この独学による音楽教育により、ロッセンはアルバムのほぼ全てのパートを自分で演奏することができ、Grizzly Bearのバンドメイトであるクリス・ベアが “Tangle” で唯一参加している。

アップライトベースを中心に、チェロや木管楽器の音色が散りばめられた “Shadow in the Frame” では、ロッセンの努力が存分に発揮されています。この曲でロッセンは、死というもののはかなさについて考えている。「あなたは私たちが点滅し、消えていくのを見るでしょう」と彼は歌います。”そして引き裂かれていく/この制御不能の荒々しい場所を” と歌っています。

「興奮もあるけど、明らかに、特に娘が大きくなった時の生活を想像しようとすると、不安も大きい」と、ロッセンはニューシングルのインスピレーションについて語っている。「この曲のためにチェンジを弾き始めたのは、彼女が生まれる直前だった。この曲は言葉もなく、彼女が乳児だった頃、彼女を落ち着かせるために口ずさんだ曲として存在していたんだ。最終的には、彼女の将来に対する不安と、まだ生まれてもいない人を無条件に愛することの不思議な感覚を参照した歌詞に落ち着いたんだ」

最後の姿になった
今、この線を渓谷に運ぶ
これらの丘はすべて、必ずや洗い流される
これらの丘はすべて、必ずや洗い流される

ランプが一つずつ死んでいく
暗闇に形容しがたい形を残す
私たち目の見えない生き物は、自分の道を見つけることができる
私たちは皆、自分の道を見つけることができる

地下
割れてうなる大きな板
バラバラになる
地球は数マイル下で揺れている

もう一つの生きる悪夢
どうでもいい世界に生まれた
真実はいつもあなたが言うより明るい
真実はいつもあなたが言うより明るい

しかし、それはあなたの運命です
あなたは私たちが点滅し、衰退するのを見るでしょう
バラバラにされる
この場所は制御不能の荒野

二度と交わさない会話
別の時代の一場面
フラッシュ・バイ

私の唯一の人
フレームに映る影
フラッシング・バイ

Riches – Light Of Dawn

Richesは、カナダのモントリオールで活動する Young Galaxyのリードシンガーである Catherine McCandlessと、振付家の Wynn Holmesによる継続的な対話の成果である。

あなたは私に光を与えている
そして、あなたは私に希望を与えている
私たちは一緒にいるべきだと思う
あなたはずっと私のもの
そして私はあなたのものです
今わかった
そう私は知っている永遠に
頭を休める
下の草原で
私たちの愛が陽に照らされる場所
そして風化
私の目に祝福を
そして、あなたの輝きを明らかにする
そして、私は知っている
そうだ
私たちは決して間違ってはいない

一日中
私はあなたを見ている
そして、私は知っている
そして、私は知っている
もう間違うことはない
私の手を取って
どこに逃げても
夜明けの光
あなたがどこにいても

あなたは私に命を与えている
あなたは私に希望を与えている
私たちは一緒にいるべきだと思う
私たちはいつまでも絡み合う
私たちはいつまでも広がる
そう、私たちは行く
一緒に行こう
私たちの手を押して
下のテラで
そして私たちはそれを成長させるでしょう
いつまでも
オン・ザ・エア
私たちが作った讃美歌です
そして、私は知っている
私は知っている
私たちは決して失われることはない

一日中
私はあなたを見ている
そして、私は知っている
そして、私は知っている
もう間違うことはない
私の手を取って
どこに逃げても

夜明けの光
あなたがどこにいても

夜明けの光
あなたがどこにいても

Uwade – “Do You See The Light Around Me?”

片想いはスリリングであり、拷問でもある。そして、この曲での私の体験は、その両方の側面を浮き彫りにしていると思います。誰かを “好き” になることに対する私たちの反応や応答は、極めて個人的で個性的であり、しばしば私たち自身の不安やニーズ、恐怖によってもたらされるものです。好きな人を見ると、その人と一緒にいたい、その人のようになりたいと思うかに関わらず、私はその人に望ましい資質や特徴を投影し、良くも悪くもその人を自分の物差しの基準にしてしまうのです。私は彼らを見て、彼らが私を見るとき何を見ているのか知りたくなる。私は自分自身に疑問を持ち、彼らはその答えを持っています。これは、気持ちが通じ合っていれば素晴らしいことですが、そうでなければ苦痛を伴います。

でも、この曲には本当に重要な瞬間があるんです。この曲は、主に私が尊敬する人に焦点を当てていますが、ブリッジでは、私が自分自身に設定したトラップから逃れることができます。私は、ある種の精神的な回廊に消えていくのはどんな感じだろうと想像しています。私がときめきを求めてきたすべての質問を、自分自身に投げかけるのです。

内面から、あるいは少なくとも不変の源から答えを求めること。そして、自分が存在すること、存在したこと、存在し得ることの全てに満足すること。これができたら、この曲はお互いの喜びとエクスタシーの一つになると思う。相手に対する欲求はまだありますが、私は最終的に完全に自分自身を見ることができ、私がしていることは、相手が私に加わるように求めているだけなのです。

“Do You See The Light Around Me?”のデモは、大学最後の学期に3日間の熱狂の中で書き、レコーディングしました。Singles Seriesの話を聞いたとき、これはそのための曲だと思った。完成したデモを持ってブラッド・クックのところに行き、すでに録音したものを再現するのではなく、基本に立ち返ってトラックを作り直したんだ。サウンド、楽器、テンポ、構成などを試しながら、曲の本質的なフィーリングを捉え、それをできる限り表現しようとしたんだ。彼はとても親切で協力的で、スタジオで楽しむように、そしてこの曲が音的にも感情的にもどのような場所に行けるのかを探るように、僕を励ましてくれたんだ。最終的には、この曲のすべての反復が美しく統合され、聴衆がその中に自分自身を見出すように誘うものになりました。

Georgia Harmer – “Austin”

“テキサス州オースティンに一日行ってきたよ/会う人会う人に、君の名前を言ったよ/沈む太陽、顔に当たる熱い風/見知らぬ土地で、故郷のように感じたよ”

これは、Georgia Harmerジョージア・ハーマーのニューシングル “Austin” の冒頭の一節である。ギターが鳴り響く薄明かりの中を飛び交う甲高いヴォーカル・メロディに乗せると、この言葉はさらに喚起力を高める。トロントを拠点とするハーマーは Arts & Craftsの新メンバーであり、”Austin” が進むにつれてその魅力は増していく。彼女は、初期の Wye Oakのようなギターを駆使したインディのメランコリアを少しルーティンにしたような深い魅力に包まれた雰囲気を持つ。

プレスリリースで説明しているように、ハーマーの歌詞は、ツアーミュージシャンであり、オンタリオのシンガーソングライター、サラ・ハーマーの義理の兄である父親に宛てたものである。やや意外なことに、ポップシンガー、アレッシア・カーラのバックアップシンガーとしてツアーに参加したときの経験がきっかけになっている。

「2018年のことだけど、アレッシア・カーラと一緒にツアーに出ていたとき、テキサス州のオースティンに行ったんだけど、父がそこでツアーをしていたときに行ったことのあるバーベキュー・スポットに行くことを勧めてくれたの。1日か2日の休みがあったので、行ってみたんです。そこにいる間、父のことを考えましたし、彼もまたツアー中のミュージシャンなので、ツアー中にしばしば父のことを考えました。この曲は、私たちの関係の意義と重要性、私がどれだけ父を愛し、尊敬しているか、そして私たちの多くの類似点を明確にするために書きました」

テキサス州オースティンに一日だけ行ってきました
会う人会う人に君の名前を言った
夕陽に照らされ、熱風が顔に当たる
見知らぬ土地で故郷のように感じた

私たちは別の人生ではカウボーイだった
しかし、私はあなたですあなたのもう一つの人生は私のものです
君と話すと涙が出ることがよくある
理由を説明することができない
理由はわからないが

夜更けに焚き火がある
その周りで歌を歌うのが私の人生のすべて

あなたが遠くにいた頃私が若かった頃
玄関に腰掛けて電話する
月を見上げれば愛しい人
私の頭上には、まったく同じものがある
君と僕は同じもの

ラレドの街は夜、私を眠りへといざなう
初めての赤ちゃんは本当に泣いたのか
たくましく、強く、しかし目元は柔らかく
そんなセリフが出るくらいに笑えればいいんだけど

もうすぐオースティンに帰れるよ
暑い中でも煙の中でも会えるよ
路上で、あなたのように演奏する
テキサス・バーベキューを持って帰ろう

Laurie Anderson – “Big Science” (Arca Remix)

Laurie Andersonのデビューアルバム ‘Big Science’ は昨年40周年を迎え、ローリーはその収録曲をアーティストにリミックス、再解釈してもらっている。昨年は Sam Gendelが “Sweaters” をリミックスし、今回は Arcaが “Big Science” のタイトル曲をリミックスしています。

昨年の夏、バルセロナにある Arcaのホームスタジオで制作されたこの作品は、”Big Science” のかなり過激なリミックスです。Laurieの息の合ったパーカッションはそのままに、ジャングルに飛び込み、吠える生き物の中で長く暗い夜を過ごすような曲になっています。

SPIRIT OF THE BEEHIVE – “I Suck The Devil’s Cock (Nmesh’s Electric Ego Death Quadrathlon)”

2021年の私のお気に入りアルバム、SPIRIT OF THE BEEHIVEの高い評価を得た「」から私のお気に入りのトラックをリミックスすることができたのは特別に喜ばしいことでした。”I Suck The Devil’s Cock”(アルバムの中で最も長く、奇妙なトラック)は、Nmeshによって、同じく奇妙で、スタイルが変化し、12分、4つのパートからなるミュータントに作り変えられた。