Martian Subculture – “Thin Lines”

Martian Subcultureは、Evan O’Malleyのレコーディングプロジェクトです。マルチ・エフェクターやローファイ・マイク、カセット・プレーヤーをいじっているうちに、奇妙な音を見つけたが、同時に曲も見つけた。グルーヴィーなメロディーを持つサイケ・ポップ。22TWENTYから新曲 “Thin Lines” がリリースされたとこです。

限られた時間の中で細々と生きている。
感じないと、見えない?
信号機を待つ、色分けされたパラダイス。
誰もが透けて見え、少しだけ青く染まっている。
感じますか?悲しいと感じますか?
そんなに悪いことなのかな?

1日1ドルで道を照らす。
誰もいないけど、誰にもわからない。

リアルライフの風を感じて
自分の時間があることに気づく。
Day to day.
Face to Face.
誰もが自分の場所を持っている。
誰もが自分の飛行機を持っている

created by Rinker
¥250 (2022/01/25 05:27:48時点 Amazon調べ-詳細)

Doug Tuttle – ‘Planting Weeds​/​Parting Gifts’

最近の Doug Tuttle(ダグ・タトル)は、いつも控えめにシングルやEPをリリースしているようで、彼のBandcampを常にチェックしておく価値があります。最新作は、メランコリーな魅力に満ちたダブルショット ‘Planting Weeds/Parting Gifts’ です。A面は、’Pinecone EP’ の一貫したスナップを維持しつつ、少しファズを加えています。ギターのチャコール・フィズが閉塞感を吹き飛ばす前に、タトルが閉塞感を嘆いている間、ストラムとドラムはヘッドノットの至福の時を迎えます。裏面はもう少し太陽の光が入ってきますが、彼のほろ苦い歌声とヘビーなドラム、そしてバラバラになってしまう愛の物語が覆いかぶさってきます。どちらのシングルもタトルらしさが出ています。最近ではサイケというよりポップですが、人生の傷跡が重くのしかかり、タトルの嘆きは私たち自身の痛みを映し出しています。

Hector Gachan & Butter Bath – “You’ll Find Me, Beija Flor”

シドニーの Toby Anagnostisによるソロプロジェクト Butter Bath が、Hector Gachanと制作した新曲 “You’ll Find Me, Beija Flor” は、私たちが生きている世界の美しさと混乱の両方をテーマにしています。

created by Rinker
¥250 (2022/01/24 15:03:57時点 Amazon調べ-詳細)

Nolan Garrett – “Finish Line”

「”Finish Line” は、構想から1年近く経って、この曲が私にとってどれほど重要な意味を持つのか分かりませんでしたが、残念ながらその通りになってしまいました。正直なところ、Alex Dunawayが思い出してくれて、完成させてリリースするように説得されるまで、この曲のことは忘れていました。カバーアートは、アレックスが先月、太平洋岸北西部を襲った熱波の最中に私を撮影した写真です。私は錯乱していて、ストレスを感じていて、日焼けの跡がひどかったのですが(今はもっとひどくなっています(笑))、この曲にはふさわしいと思いました。この曲に付き合ってくれた皆さんに感謝しています。この曲を楽しんでもらえたら嬉しいですし、今後数ヶ月の間にいくつかの大きな発表がありますので、もう少しお付き合いいただければ幸いです。」

created by Rinker
¥100 (2022/01/24 15:04:18時点 Amazon調べ-詳細)

quickly, quickly – “Feel”

ポートランドを拠点にするミュージシャン Graham Jonson によるインディソウル、ジャズ、サイケポップ・プロジェクト quickly, quickly が、新曲 “Feel” を、Ghostly International からリリースしました。

1 2 3 62