Songs: Ohia – “VU Anxiety”

Songs: Ohiaとして知られている Jason Andrew Molinaは、15年近く音楽制作に携わってきた。ヴォーカリスト、ミュージシャン、シンガーソングライターとして、彼は長年にわたり回転するミュージシャンたちと仕事をし、そのすべてが彼のソロプロジェクト Songs:Ohiaと Magnolia Electric Co.をサポートしていた。2013年の彼の早すぎる死は悲劇だった…彼はまだ39歳だったのだ。

活動期間中、合計16枚のスタジオ・アルバム、8枚のEP、そして数多くのシングルを制作した。彼のディスコグラフィー全体は、インディー・ロック、ブルース、オルタナティブ・カントリーのブレンドで批評家に認められ、特筆すべきテナー・ボーカルの音域が彼を決定づけた。

“VU Anxiety” は、もともと1998年後半に書かれたもので、1999年の彼のツアースケジュールで大きく取り上げられたものです。 “V.U. Anxiety” は未発表曲でしたが、モリーナはこの曲でツアーをし、今まで正式にリリースされたことはありませんでした…今までは! Secretly Canadianは今日この曲を正式にリリースしました。

Buñuel – “Crack Shot”

Buñuelが3枚目のアルバム ‘Killers Like Us‘ のリリースを準備中で、この度、新曲 “Crack Shot” を発表しました。

「”Crack Shot” は、今では Buñuelの定番となった、Sonny and Cher、the White Stripes、Steve and Eydie、Mickey and Sylviaといった有名なデュオを彷彿させる、僕の妻で Maneki Nekroの Kasia Robinsonと一緒に歌えるようになったということです。最初の2枚のレコードでは、たまたまだと思いますが、レコーディングの前に全く関係のないことで口論になりました…奇妙に説得力のある関係誌になりました。今回は口論をせずに録音できたことを喜んで報告します。」

Split System – “Hit me”

2021年にメルボルンで再びロックダウンが始まる前に、バンドは1回だけ一緒にジャムったことがある。5曲を書き上げ、リハーサルやギグがまたもや後手に回ったため、唯一の選択肢はEメールによる遠隔レコーディングとなった。全員が自分のパートを自宅で録音し、Split Systemsのセルフ・タイトルEPが録音された。

NewDad – “Say It”

ゴールウェイのバンド NewDadが、10月にリリースした “Ladybird” に続き、Fair Youth RecordsからリリースされるEP ‘Banshee’ からの楽曲を発表しました。

この曲は、Julie Dawson曰く「片思いについて、誰かがあなたと一緒にいるけれど、本当はそうではない、あなたが誰かに全てを捧げているのに、相手があなたに何も返してくれない時に感じるフラストレーションを表現したもの」だそうです。「この曲の速いテンポは、誰かを好きになりたくないけど、どうしようもないときの苛立ちや苦い気持ちを話していることを考えると、私が発散しているように感じられるわ」