Integrity – “The Rites of Love and Death”

Two Minutes to Late Night の Splitsvilleシリーズのためにリリースされた Integrityは、Nothingの “The Rites of Love and Death” の不気味なカバーを Relapse Recordsからデジタルリリースしました。

created by Rinker
¥250 (2022/01/21 05:12:05時点 Amazon調べ-詳細)

Deafheaven – “Great Mass of Color”

サンフランシスコを拠点とするメタル・イノベーターの Deafheaven は、2018年の ‘Ordinary Corrupt Human Love’ に続く、5枚目のアルバム ‘Infinite Granite‘ をリリースします。バンドの御用達プロデューサーである Jack Shirley がエンジニアとして復帰し、代わりにM83、 Paramore、 Wolf Aliceとの仕事で知られる Justin Meldal-Johnsen が制作を担当しています。

新しい制作チームに加えて、バンドの最新シングル “Great Mass of Color” では、新しいアプローチが採用されています。この曲では、豊かなサウンドスケープに対して、ややメロディックなアプローチをとっています。最も注目すべき違いは、フロントマンの George Clarke が、彼の特徴である叫び声ではなく、落ち着いた声で歌っていることです。プレスリリースによると、クラークは ‘Infinite Granite’ を通して、これまでのリリースが示していたよりもさらにヴォーカル能力を追求するとのことです。

created by Rinker
¥250 (2022/01/21 09:07:09時点 Amazon調べ-詳細)

SUMAC – “Two Beasts”

Isis の Aaron Turner、Nick Yacyshyn (Baptists) そして Brian Cook (Botch, These Arms Are Snakes, Russian Circles) によるドゥーム、スラッジ、オルタナメタル・バンド Sumac が、Sub Pop のシングルズ・クラブから、18分越えのプログレッシヴ、マスロックな “Two Beasts” をリリース。

The Body – “A Lament”

ポートランドのドゥーム・ノイズロック・デュオ The Body が、単独作としては 2018年の ‘I Have Fought Against It, But I Can’t Any Longer.’ 以来となる新作アルバム ‘I’ve Seen All I Need To See‘ を Thrill Jockey からリリース。そちらからのファースト・シングル。

History – “Fiscal Year”

2011年に Daisy Caplan (Lung, Foxy Shazam) と Leo Ashline (Street Sects) のふたりでルイヴィルにてスタートすたインダストリアル・パンク、メタル・プロジェクト。その後それぞれの活動や引越しなどもあり、10年近い期間を経て、ついにデビュー・アルバムが完成し、The Flsenser からリリース。そしてファーストカット “Fiscal Year” が公開。

Divide and Dissolve – “RVR”

メルボルンを拠点にする Samuel Cowan と Sylvie Nehill による DIY、ドゥーム、エキスペリメンタルメタル・デュオ Divide and Dissolve が、2018年のセカンド・アルバム ‘Abomination’ 以来となる新曲 “RVR” を Saddle Creek からリリースしました。こちらの曲と “8VA” を収録したシングルが、8/7にリリースされます。

Deafkids & Petbrick – “Força Bruta”

ブラジルはサンパウロのサイコパンク・トリオ Deafkids と、ロンドンのインダストリアル・デュオ Petbrick によるコラボレート・アルバム ‘DEAFBRICK’ が、Rocket Recordings から9/4にリリースします。そしてそちらから先行シングル “Força Bruta” をリリースしました。

1 2 3 14