Vulture Featherが新作EP『Merge Now In Friendship』を発表、新曲「Friendship」を公開

Vulture Featherがデビュー・アルバム『Liminal Fields』に続いた新作EP『Merge Now In Friendship』を発表し、新曲「Friendship」を公開しました。

Vulture Featherは、Wildernessとポスト・ハードコアのDon Martin Threeのメンバーからなる、北カリフォルニアの山奥出身の型破りなトリオ。彼らの『Merge Now in Friendship』は、死と無常についての作品。それは嘆きでも宣言でもありません。このEPを構成する3曲に共通するのは、起こる出来事や現象、人、夢、歌、そして世界さえも、すべて一過性のものであるということ。私たちはみな死ぬのです。 いつか跡形もなくなるのです。この真実こそが、美を可能にするのです。すべてのものの無常は、存在の本質の見かけの側面です。この本質こそが、私たちの経験に無限の開放性を与えているのです。究極的には、それが私たちのすべてなのです。音楽は、この不可解で崇高な本質の言語です。

The OpheliasがニューEP『Ribbon』を発表し、シングル「Black Ribbon」を公開

2021年、The Opheliasがアルバム『Crocus』を発表そ、その後、昨年の「Rind」を含む数曲をリリース。本日、彼女らはニューEP『Ribbon』を発表し、シングル「Black Ribbon」を公開しました。

この曲は、ギター&ヴォーカルのSpencer PeppetとベーシストのJo Shafferが監督したビデオ付き。バンドは、クィアでありトランスであることに喜びを見出しており、それは「Black Ribbon」 の中で、新しい関係をナビゲートする中で探求されています。

FONCEDALLE、セルフタイトルアルバムからの新曲「KDB」を発表

FONCEDALLEが、EXAG’ Recordsからリリースするセルフタイトルアルバムからの新曲「KDB」を本日発表しました。

ポップでメランコリー。インディー・ロック的なギターとベースに重なるシンセティックなレイヤー。時代と同調し、切迫し、憤怒に満ちた曲。Sonic YouthとMaseratiを掛け合わせたような…。ルイ2世と同じ日にヘッドフォン・レジデンスで作曲された曲。だからこの曲名は…

モントリオールのAlix Fernzがデビュー・アルバム『Bizou』を発表、新曲「Muselière」を公開

シンガー・ソングライターでプロデューサーのAlexandre Fournierが、Alix Fernzというペンネームで発表した初のスタジオ作品『Bizou』は、率直なソングライティングと閉所恐怖症のようなプロダクションという、ありそうでなかった組み合わせで、時に没入的で活気に満ち、時に辛辣で激しい。このアルバムのサイコアクティブなグルーヴは、モントリオールのアーティストが自身の日常生活や直接的な環境からインスピレーションを得たもの。

Alixの潜在意識に入り込むと、ブラックラグーンにインスパイアされた自分の分身が現れ、夢の中と外を執拗に追いかけてきます。アリクスの分身がヴィンテージショップで強盗を働いたり、パーティーではしゃぎすぎたり、別の次元に飛ばされてさらにトラブルに巻き込まれたりする様子を追います。

「”Muselière” の歌詞は、ベンジャミンというキャラクターを通して、言論の自由が顰蹙を買っていた私立学校での経験を語っています。アルバムの1曲目で、激しさに満ちた重要な曲です」 – Alix Fernz

Ex-Easter Island Headが、8年ぶりのアルバム『Norther』を発表、タイトル曲も公開

リヴァプールのバンド、Ex-Easer Island Headが2016年以来となるアルバム『Norther』をRocket Recordingsからリリースすることになりました。

Tommy Husbandが制作したアルバム・タイトル曲のビデオをご覧ください。このファースト・シングルのきらめくような美しさについて、バンドはこのように語っています。

「”Norther”は、Arnold Dreyblattの “Orchestra of Excited Strings” とKompaktレコードのきらめくミニマリズムの中間のような曲で、地平線に向かって決然としたラインを描いています。フレットを抜き、弦の下に真鍮の棒を差し込んだ2本のギターが、ミュートとアンミュートを交互に繰り返す弦楽器の合唱とキメの格子を作り出し、執拗な2音のモチーフ、脈打つキック・ドラム、スライドするダウンチューン・ベースによって前進。中盤の弓状の弦楽器は、エオリアンハープによる不気味に舞い上がるメロディーに変わり、バンドはドライブする催眠術のようなパーカッションでキックバック」

Goat Girl がニューアルバム『Below The Waste』を発表、シングル「Ride Around」を公開

Goat Girl がニューアルバム『Below The Waste』を発表し、シングル「Ride Around」を公開しました。

ロンドンのバンドGoat Girlが、6月7日にRough Tradeからリリースされる3rdアルバム『Below the Waste』を発表しました。Dan Careyとの2枚のアルバムの後、バンドのLottie Pendlebury、Rosy Jones、Holly Mullineauxは、John ‘Spud’ Murphy(Lankum、black midi)と共同プロデュース。

アルバムからのファースト・シングルは、ポップでドロドロした「Ride Around」です。「私は、礼儀作法をすべて取り払い、自分自身の最も興味深い部分が抑圧されがちな水面下に潜り込むような会話を夢見ていました」とLottieは言います。「その頃、フィリップ・グラスやディアフーフをたくさん聴いていたの。緊張と解決の関係を弄ぶ音楽で、この曲には間違いなく影響を与えたわ」

Mount Kimbieがニューアルバム『The Sunset Violent』を発表、ニュー・シングル「Fishbrain」を公開

Mount Kimbieが、4月5日にWarpからリリースする4枚目のスタジオ・アルバム『The Sunset Violent』のリリースを発表。

この発表に合わせて、バンドは新曲「Fishbrain」と、以前「Blue Train Lanes (ft. King Krule)」のビデオで一緒に仕事をしたTegen Williamsが監督したビデオを公開。

南アフリカのアーティスト、William Kentridgeの木炭アニメーションにインスパイアされたこのビデオは、地下にある魚の鱗のような織物工場のディストピア的な物語と、日常生活の労苦と産業の労働の平凡な繰り返しが中心となっています。

『The Sunset Violent』は、Mount Kimbieの最後のスタジオ・アルバムである2017年の『Love What Survives』が残したものをピックアップしたもので、モダン・インディー、シューゲイザー、エレクトロニカをシームレスに融合させ、ロンドンで最も重要な現代バンドの1つであるMount Kimbieが、非常にユニークで先進的なアルバムになりました。

このアルバムは、ロンドンで完成させる前に、カリフォルニアのユッカ・バレーという、UFO目撃談のある西部の乏しい町で書かれたもの。この砂漠の超現実的な赤褐色の色調と、まばらなアメリカーナの風景は、アルバムの9曲を通して聴くことができ、アルバムの抽象的なストーリーテリングと最先端のソングライティングと完璧に調和して、Mount Kimbieの新たな名盤を作り上げています。

Jess Ribeiroがニュー・アルバム『Summer Of Love』を発表、」シングル「Everything Is Now」を公開

Jess Ribeiroがニュー・アルバム『Summer Of Love』を発表し、シングル「Everything Is Now」を公開しました。

『Summer of Love』に収録された10曲を通して、Jess Ribeiroは孤独、喪失感、小さな愛の断片、期待対現実、100年に一度のパンデミック、そして癒しを表現しています。この曲は特に不安定な時期に書かれ、レコーディングされたもので、リベイロは2年の間に9つの異なる家に住み、そのうちの6ヵ月は郊外の教会で過ごしました。リベイロが現在、過去、そして望んでいた未来を深く掘り下げ、聴衆を魅了する4枚目のアルバムの火付け役となったのもこの時期。

『Summer of Love』の最初のデモは、リベイロが友人であり音楽的コラボレーターでもあるDave Mudie(Courtney Barnett、Super American Eagle)と共にソーラー発電の小屋でスケッチしたもの。

「私たちはデモを録音するために太陽光発電を使い果たしました。デモを録音するために太陽光発電の電力を使い果たし、夜は電気もつけずに焚き火を囲み、イノシシに襲われるんじゃないかと怯えていました」。

そこから彼女は、 Nick Hugginsとポイント・ロンズデールのWadawurrung Countryでアルバムのレコーディングを行い、特別ゲストとしてドラムにJim White (Dirty Three, Xylouris White)、サックスにDarcy McNulty、鍵盤にフォーク・ディヴァイナーのLeah Senior、ベースにJames Seymour、パーカッションにDavie Mudie、ヴァイオリンとヴィオラにCarrie Webster、そしてHuggins自身がベース、テープとドラム・ループ、シンセ、ギター、ピアノで参加。このアルバムが、彼女のコラボレーターたちによって、別々に、しかし同じ北極星に向かってまとめられたところに、この作品の美しさがあります。

「即興的で実験的で、ミュージシャンは制限のために一度に一人しか来られなかったし、半分のミュージシャンはスタジオにさえ来なかったわ」

ヘントのアンサンブル mós ensembleがニュー・アルバム『Pets & Therapy』を発表

ベルギー、ヘントのアンサンブル mós ensembleがニュー・アルバム『Pets & Therapy』を発表し、アルバムから「Red Turtle」「I Did」の2曲を公開しました。

2019年のデビュー以来、Kobe Boonのmós ensembleは、集合的なビジョンに導かれた8人編成のバンドとなり、ジャンルが重なり合ったり、重要でなくなったりする領域を好み、声や他の楽器の豊かなアレンジが完全に実現します。バンドメンバーは、ポップス、ジャズ、遠隔地など、印象的なバンドやプロジェクトのリストで活躍しており、冒険と刺激的な相互作用への自明な愛をもって、この広い視野を放棄しています。その結果、驚きと決意の間でバランスを保ちながら、絶えず変化し続ける集団が誕生したのです。

『Pets & Therapy』は、型にはまることを拒み、今なおサウンドを磨き続けているバンドのサウンド。時代の気まぐれに合わせようとしているのではなく、彼らの内なる衝動がそうさせるのです。この8人組が、予測不可能な発見の感覚を保ちながら、いかにして芸術を洗練させてきたかを目の当たりにすると、魔法にかけられたような気持ちになります。どちらかといえば、明らかに矛盾するものの間にある継続的な緊張感こそが、彼らのサード・アルバムをこれほどまでに勝者たらしめているのです。

タイペイのエキスペリメンタルロック・デュオ Mong Tongが、ニュー・アルバムを発表

タイペイのエキスペリメンタルロック・デュオ Mong Tongが、ニュー・アルバム『銘 Epigraphy』をニューヨークのレーベル No-Goldからリリースすることを発表。同時に、シングル「Terracotta」とビデオを公開しました。

Mong Tongの音楽は、神話や民間伝承を含む東南アジア文化や、60〜70年代のサイケデリック・ミュージックから多大な影響を受けています。彼らのサウンドの特徴は、催眠術のようなリズム、夢のようなメロディー、別世界のような雰囲気。

1 2 3 43