LAのアヴァンロック・バンド Muscle Beachがフルアルバムを発表、「Turnout」を公開

LAのアヴァンロック・バンド Muscle Beachが、セルフタイトルのフルアルバムをPost Present Mediumからリリースすることを発表し、ファースト・シングル「Turnout」を公開しました。

このバンドはインパクトがあります。即時性、刺々しさ。ぶっきらぼうな簡潔さ、部屋の形への歪み。ショーが終わり、自分の体に戻って、自分たちが何をさせたかを語るとき、震える手足はズタズタに。それはある瞬間への介入であり、ある夜の瞬間であり、今日のロサンゼルスの悪と栄光の瞬間でもあります。

Marcel Waveがデビュー・アルバム『Something Looming』を発表、 リードシングル「Barrow Boys」を公開

悲劇的な女優への賛辞、古代の河川敷、コンクリートの猥雑さを詰め込んだMarcel Waveの初アルバム『Something Looming』をリリースする。Marcel Wave(Cold PumasとSauna Youthのメンバーをフィーチャー)は、トレードクラブ・シンフォニー、かゆいところに手が届くセレナーデ、そして切ない嘆き。Meades meets Pat-E-Smith meets Kirklees Borough Councilというこの頭でっかちな組み合わせ。

彼らのファースト・シングル「Barrow Boys」は、ドックランズの死への讃歌であるで、適度に波打つVHSプロモで学ぶことができる。『Something Looming』は6月14日にUpset The RhythmとFeel It Records(アメリカ)からリリースされる。

Melkbellyのヴォーカルのソロ名義、Mandyがデビュー・アルバム『Lawn Girl』を発表、リード・シングル「High School Boyfriend」を公開

シカゴの人気ノイズメーカー、Melkbellyのヴォーカルを務めるMiranda Winters(ミランダ・ウが、ソロ名義、Mandyがデビュー・アルバム『Lawn Girl』を発表し、リード・シングル「High School Boyfriend」を公開しました。

古い曲と新しい作品を組み合わせたこのアルバムは、まるで溜め込んだエネルギーを解放し、自己を親密に再構築するかのように、ポジティブで愛らしく生き生きとした印象。ウィンタースは、多くの曲を自分でレコーディングしプロデュースする一方で、Electrical AudioのTaylor Halesと協力してこれらの曲をスタジオに戻し、ルームマイクで再レコーディングしてオリジナル・バージョンに戻しました。

「コピーみたいなものね。私はいつも、コピーやそれに関連する印刷技術を使ったビジュアル・アートが大好きなの。レコードでそれを表現できたのはよかったわ」

リード・シングルの「High School Boyfriend」は、スコールが鳴り響くギター、引っ込み思案なヴォーカル、そしてエンディングのコーラス・シャウトで2分間を疾走。

「このアルバムが、再生とか、転機とか、人生の新しい段階への移行のように感じられるから。この曲のいくつかは、しばらくの間、私の中で浮遊していたもので、すべてをパッケージングすることで、別れを告げ、前に進むことができると感じています」

Bad Breedingが、5枚目のアルバム『Contempt』を発表、新曲「SURVIVAL」を公開

スティーブネージを拠点とするハードコア・ユニット、Bad Breedingが6月14日に5枚目のアルバム『Contempt』をOne Little Independent RecordsとアメリカのIron Lung Recordsからリリースします。アルバムから新曲「SURVIVAL」を公開。

前作『Human Capital』では保守的な実力主義と後期資本主義の搾取的な力を無慈悲に攻撃していましたが、『Contempt』ではさらにその上を行き、緊縮財政が労働者大衆に及ぼした継続的な影響、特に資本による地球とその住民の破壊について探求しています。

推進力のあるリズムと激しく爆発的なギターのミックスを最大限に活用し、Bad Breedingは生存のための戦いで怒りを武器にしました。環境・人道ジャーナリストであるAidan Frere-Smithを追ったエッセイや、未使用の住宅が溢れる都市におけるホームレスの危機を伝えるエッセイなど、複数のエッセイが収録されたZINEも付属。

「資本とそのブルジョワの歩兵たちは、労働者を侮蔑することしかできません。どのようなストーリーが売られ、パッケージ化されようとも、侮蔑は資本家階級のあらゆる動きを導きます。戦争や政府主導の大量虐殺による言いようのない破壊、労働者の搾取、そして私たちの住む地球の破壊。私たちが私たちに対する完全な侮蔑に気づき、それを利用することによってのみ、私たちは資本に対する適切な挑戦となる階級意識のレベルに達することができるのです」

Lip Critic、デビュー・アルバム『Hex Dealer』を発表、ニュー・シングル「Milky Max」を公開

ニューヨークを拠点に活動するエレクトロニック・パンク・バンドLip Criticが、デビュー・アルバム『Hex Dealer』を5月17日にPartisan Recordsよりリリースすることを発表。この発表に伴い、ニューシングル「Milky Max」がリリースされます。

『Hex Dealer』は、ヴォーカリストのBret KaserとサンプラーのConnor Kleitzが共同で制作。彼らの折衷的なスタイルは、感染力のあるブレイクビーツと火花を散らすようなスネアによって増幅され、1人ではなく2人のドラマーが必要なほど: Danny EberleとIlan Natter。クラシックなパンク/ハードコアとエレクトロニック・スタイルの特異なミクスチャーは、ジャンルレスな未来のためのポストモダン・ポップを12曲収録。

サウンド的にもテーマ的にも幅広い好奇心を抱かせるこのプロジェクトは、なによりも精神的な市場のあり方と大量消費による孤立の影響に対する審問。このアルバムの歌詞は、しばしば身体に焦点を当て、魂の問題を解決するために私たちの体内機能が外部の物と組み合わされる方法。感情の極限を幅広いパレットで描いた各トラックは、独特のダンサブルなマニアックさが特徴。

最新シングルの「Milky Max」は、エレクトロニック・ハードコア。この曲の変幻自在のグルーヴは、演劇的で、魅惑的で、不遜で、現代の実験音楽の多くから完全に外れたサウンドを支えている。一方、Bret Kaserのヴォーカルは、まるでサッカースタジアムのアナウンスブースを占拠して出てこようとしないカルト教団の教祖のよう。

トラックと一緒に映し出されるのは、プレイヤーが牛にぶつからないように街中をジャンプするビデオゲームの眩しさを除けば、室内が真っ暗なビジュアル。このゲームにはIlanの弟Jesse(ビデオゲームの首謀者)が出演しており、ニューシングルと同時にリリースされる予定。

NYのThe Folliesが、デビュー・アルバム『Permanent Present Tense』を発表

NYのThe Folliesが、デビュー・アルバム『Permanent Present Tense』を、Feel It Recordsからリリースすることを発表し、ファースト・シングル「I Idled」を公開しました。

慣れ親しんだルーツでの新たな始まり。『Permanent Present Tense』は、ロックンロールの無限のキャンバスの最前線への試練の旅。The Folliesは、ダークでアンプリファイドなダブで生涯を過ごしてきたけど、ここでの彼らのアプローチは違っていて、しっかりと現在に根ざしています。確かに、この10曲は5つの行政区が生んだコンパクトでニューヨーク・ファッキン・シティのようなドライブ感がありますが、ここで披露されているソングライティングとアレンジの質の高さについて話しましょう。

『Permanent Present Tense』には、通常のデビュー・アルバムを超越したルーツと洗練の両方があります。ファッションやジャンルは非常階段の下に投げ捨てられ、記憶に残るフックとリプレイバリューの計り知れない言葉が優先されています。LoveやArthur Lee、あるいはKinksのArthurを思い浮かべてください。ブリット・ポップとパブ・ロックが、Haight-Ashburyのきらめくギターのジャングルに肩入れして、パンクスによってアレンジされたもの。おそらく、このアルバムを聴いた人は別の意味でこのアルバムを思い出すでしょうが、The Folliesを語る上で欠かせないのは、10曲を通して過去を現在に統合する彼らの総合力です。

Uranium Clubがニューアルバム『Infants Under the Bulb』を発表、新曲を公開

ミネアポリス・Uranium Club Bandとも呼ばれるパンクの奇才Uranium Clubが、ニューアルバムで戻ってくる。『Infants Under the Bulb』はStatic ShockとAnti Fadeから3月1日にリリースされ、アルバムの冒頭を飾る「Small Grey Man」が公開された。

Uranium Clubの最後のアルバムは、2019年の『The Cosmo Cleaners』だった。この時点では恒例となっているが、アルバムのアートワークはメンバー自身が制作しており、そのプロセスはかなり複雑なようだ。アルバムのアナウンスでは、このように伝えてる。

「この壮大なジャケット・ショットは、ポンチョを着た地元のボランティアたちが野原に立ち、巨大な渦巻きの形を作る様子を撮影するために、クラブが周到に調整したイベントを捉えたものだ。写真の螺旋は幅120フィート(36.5メートル)で、ドローンで撮影され、この日のためにバンドが特別に製作した分度器(中心が回転し、長さ60フィートの調節可能なアーム付き)を使って地面にプロットされた」

VIAL がニューアルバム『burnout』を、パンクアンセム・シングル「falling short」で発表

ミネアポリスのインディー・ポップ・パンク、VIALは、2021年の『LOUDMOUTH』の続編となる『burnout』を発表。この発表に伴い、アルバムから4曲目となる新曲「falling short」を公開しました。この曲は90秒のポップでパンクな曲で、ハウス・ショーのミュージック・ビデオとアリーナ規模のコーラスが収録されています。

Teens in Troubleのデビュー・アルバムがリリース。ニューシングルも公開

キャッチーなフック、ヘヴィなギター、魅力的で直接的なリリックを得意とするノースカロライナ州ローリー出身のLizzie Killianが率いるこのクリエイティブ・プロジェクトTeens in Troubleが、デビュー・アルバム『What’s Mine』をリリースします。Weezerのキレのある告白的なスタイルとPixiesの高揚したファズアウトなメロディーを融合させた、アンセミックで感情的なインディー・ロックを制作。このバンドの進化し続けるサウンドは、キリKillianがこれらの影響を記憶のプリズムを通して屈折させ、太陽に照らされたような透明感とカタルシスをもたらすヴォーカル・パワーで過去と現在を融合させる能力によってもたらされたもの。

ロンドンのデュオ、Graziaが新作EPから新曲「Cheap」を公開

ロンドンのデュオ、Graziaは、ヘヴィでポップなフックとミニマルな構造を持つ、クリーンでガラガラなガレージ・パンクを作る、パンクのためのバンド。彼らのサウンドはキャッチーで、80’sニューウェーブとKBDサウンドの両方の影響を受けており、デビュー作『In Poor Taste』に収録されている曲は、どれも魅力的。2月2日にFeel It RecordsからリリースされるこのEPは、Heather DunlopとLindsay Corstorphineの印象的なフックと、冗長なユーモアのコツを完全に具現化したもの。

このEPのリード・シングルでありビデオでもある「Cheap」は、スレーズとキッチュへのオマージュであり、チープに見えることの栄光への賛歌。ビデオでは、”塩ビにシャーペンを塗る”、”歯で食べ物をほじくる”など、礼儀に反するとされる上品な擬似性的表現について考察し、曲に命を吹き込んでいます。すべてが清々しく、むせ返るような透明感でパンチを効かせ、言葉や全体的な盛り上がったムードにフォーカスを当てています。

ビデオについてDunlopは

「赤い電話のスルーラインは昔の1800ホットラインの広告のパスティーシュで、かつらと最初のヴァースは『プリティ・ウーマン』を引用しています。その罪(「金の心を持った娼婦」/悔い改めるマグダラのマリアの物語)に対して、この映画は常に私の好きな映画のひとつです。ジュリア・ロバーツが演じる、不器用でチャーミングでちょっとガサツなビビアンというキャラクターからのインスピレーションに加え、ビデオのスタイリングとローファイでトラッシーなルックは、ジャン・ポール・ゴルチエの『ユーロ・トラッシュ』とラス・メイヤーの『ニュー・ウェーブ・フッカーズ』からインスパイアされたもの。この曲は、力関係の逆説的な性質、悪趣味とみなされるセクシュアリティやスタイルの表現、そして、なぜそれらがいまだにあなたを侮辱する観察者を興奮させるのかについて歌っています。この曲の目的は、キャンピーで下品で時代錯誤なセクシーさを表現することです」

この曲について、Corstorphineはこう付け加えました:

「”Cheap” は、ヘザーと私が一緒に書いた最初のGraziaの曲で、シンプルだけどキャッチーなパート、ハードに演奏されるクリーンなギター、ポップ・テイストのアレンジなど、他の曲の雛形とトーンを作りました。2分半以上の曲はありません。音楽的には、昨年のNYEのThe Anchored Innでのプレイリストにインスパイアされた部分もあります。僕は、失われたユーロが死によって殺されたようなクラシックなサウンドを目指していて、Xも少し入っているかもしれません」

1 2 3 87