Split System – “Hit me”

2021年にメルボルンで再びロックダウンが始まる前に、バンドは1回だけ一緒にジャムったことがある。5曲を書き上げ、リハーサルやギグがまたもや後手に回ったため、唯一の選択肢はEメールによる遠隔レコーディングとなった。全員が自分のパートを自宅で録音し、Split Systemsのセルフ・タイトルEPが録音された。

The Rills – “Do It Differently”

リンカンシャーのインディーロックバンド The Rillsが、近日予定のEPのタイトルトラック “Do It Differently” を公開しました。この曲は、「創造性の精神を体現する」ための陽気な曲です。

プレスリリースによると “Do It Differently” は、「自分の独自性を認め、それを使って自分を固定しようとする世界に対抗する」ことをテーマにしているとのことです。

このグループは、この曲に特に影響を与えたものとしてTikTokを挙げ、このプラットフォームの熱狂的なコンテンツクリエイターたちが「新しいフォーマットを使って、巨大なコミュニティを短期間で築き上げた」ことを指摘しています。彼らは、「自分の運命を自分でコントロールすることは、私たちにとって非常にパンクな精神性」であると示唆し、「今、TikTokは限りなくパンクです!」と宣言しています。

新曲の爽やかでジャングルの効いたコーラスで、フロントマンのミッチ・スペンサーはこう歌っています。”そうですね……こうも言えるかもしれません。私たちは人と違うことをしたいのです。あなたのつまらないやり方には興味はありません。そして、私はその日の時間さえ与えないと言っています。私たちは違うやり方をしたいんです。” と、フロントマンの Mitch Spencerが歌っている。

Cy Dune – “Against Face”

Akron/Familyの Seth Olinskyによるブルージーでガレージ・パンクなソロ・プロジェクト、Cy Duneが、Lightning Studiosから予定しているニュー・アルバム ‘Against Face’ から強烈なタイトル・トラックを公開しました。

セスは “Against Face” について、「現代の文化的なテクノのラットレースの問題に対する、わだかまりと自己認識のある真摯なジャブであり、The Stoogesの “No Fun” を少し意識している 」と述べている。「しかし、最終的には、Cy Duneの多くの曲と同様に、この新曲は、強硬な思想的観点よりも、音楽の社会的形態に対する楽しさを表しており、Cy Duneの音楽が、エネルギー音楽とその人類に対するポジティブな影響に対して何度も真にコミットする側面にほぼ合致しています。」

私たちは皆、列に並んでいる
時間を無駄にする
1-800-ほっとけよ
もう楽しくない
金輪際手を出すな
あなたの服も電話もコロンもいらない。
デニムやベーコン
世界は神とロックンロールを忘れた

Free Weed – “Nobody’s Perfect”

Free Weedの2021年秋のサード・シングル。20代の人生は思っていたようなものではありませんが、アラン・ワッツの曲を聴けば、もしかしたら気分が良くなるかもしれません、私にはわかりませんが。

ゆっくりとした甘い夏の後、私たちの少年 Renegade Rikkyは、地下室でダンジョンズ&ドラゴンズのミニゲームを作ったり、他の少年たちと新しい音楽をレコーディングしたりしています。まだまだこれからです。この冬の幸運と幸運を祈っています。

Guitar Fight from Fooly Cooly – “Pyramid”

クリーブランド出身の3人組トゥインクルコアです。リリースを控えるEP ‘drought’ からのシングルです。

感覚が麻痺している
軌道の確認
私は息をする空気がない
鈍感になってきた
ピラミッドの中で
神々が寝ている間に震えている

黄金の親指で
私を圧迫して歯を全部折ってしまうだろう
ただの合計
壊れたチャートの合計、赤いハートを残すのが好きなんだ

なぜ
なぜできないんだろう
自分に嘘をついて
音楽を聴いているだけで幸せになれる
なぜ
なぜ私はこんなにも愚かなのか
問題があるんだよ
解決はしない
肝臓が解決するまでもう一杯飲もう

created by Rinker
¥200 (2022/01/19 01:39:47時点 Amazon調べ-詳細)

Upchuck – “Upchuck / In Your Mind”

FAMOUS CLASS RECORDSからシングルがリリースされた、Upchuckはアトランタ出身の5人組バンドで、スケートボード、建設業、そして10代の非行少年のつながりから結成されました。バンドはリードギターの Mikey、リズムギターの Hoff、ベースの Armando、ドラマーの Chris、そしてボーカルの KTで構成されており、彼らの組み合わせは独創的で騒々しく、革命的です。

ヴォーカルの KTは、自分だけでなく多くの人を傷つけた過去、現在、未来のトラウマをリスナーに向かって叫んでいます。Upchuckは、解放を求める人々の心と体を揺さぶります。ソングライターの KTは、その意図を証明するリリシズムをもって、差別、無知、そして絶望的な世代での生活など、心を揺さぶる物語を叫びます。革命的で過激な世界で成功するのは、賢明で絶え間ない者だけであり、Upchuckは新しい世代のための燃料を厳しく供給している。

created by Rinker
¥300 (2022/01/18 21:08:12時点 Amazon調べ-詳細)

Hooveriii – ‘Lazy Suzan B​/​W Rules’

Hooveriiiが2つの新しいジャムのリリースで戻ってきました。

「”Water for the Frogs” がいかにヘビーだったか、そのバランスをとるものが欲しかったんだ。このシングルは軽快で楽しく、曲作りの良い練習になりました。”Lazy Susan” と “Rules”は、次の曲への期待を膨らませてくれる、ある種の宮廷人のような役割を果たしているんだ…」

Mengers – “i​/​O”

メキシコのバンドMengersは、ニューアルバムをリリースするにあたり、”i/O” という曲でプレビューを行い、彼らのサウンドの進化を示しました。”i/O” は、前作 ‘GOLLY’ で高い評価を得た破壊的な音楽的熱狂から脱却し、彼らの音楽的提案に新たなアプローチを導入して、まったく新しい芸術的レベルに到達しています。刺激的でエネルギッシュなサウンドはそのままに、ダイナミクス、クリーンさ、メロディの新しい感覚が、これまでの Mengersとは違った側面を見せてくれます。この曲について、バンドはこう述べています。

「1年半以上もパンデミックの中で生活していると、毎日が果てしない繰り返しになってしまいます。私たちの日常生活は信じられないほど単調になりました。私たちは常に孤独と孤立を求めてきましたが、家族や友人を失ったり、不確かな未来に直面して常に警戒している状態になることは望んでいませんでした。人生の中で最高の時であり、最悪の時でもあります。人生は、オンになっているのかオフになっているのかわからないスイッチのようなもので、おそらくスイッチはオンでもありオフでもあるのでしょう。人生は絶対的なものではありません。幸せには悲しみがつきもので、悲しみには幸せが隠れています。何もかもが唯一無二なのです。”i/O” はそのような先入観を否定します。私たちは人生の中で最高最悪の場所にいて、それはくだらなくもあり、壮大でもあるのです」


i/O
created by Rinker
¥200 (2022/01/18 22:37:38時点 Amazon調べ-詳細)

The Coathangers / L.A. WITCH – ‘One Way or the Highway’

Suicide Squeeze Recordsは、アトランタのT he Coathangersと南カリフォルニアの L.A. Witchをフィーチャーしたスプリット7インチ・シングル・シリーズの最新作 ‘One Way or the Highway’ をリリースしました。2つのバンドは、それぞれの海岸の古典的なパンクの先駆者たちの人気曲を再解釈することにしました。

The Coathangersは、Blondieの “One Way Or Another” をアレンジしました。彼女らのトレードマークである甘酸っぱいスクラッピー・パンクとツイー・ポップの組み合わせを用いて、この曲の魅力的なフックを維持しつつ、とがったリフと骨太なソウルを強調しています。L.A.Witchは The Gun Clubのスモーキーなパンク・ブルースに挑戦し、”Ghost on the Highway” を爽快に演奏しています。このトリオはオリジナル曲の推進力とロカビリー的な威勢の良さを生かしつつ、不吉な誘惑の物語に魅惑的な要素を加え、さらに埃っぽいトーレックス・リバーブでコーティングして、ビンテージな味わいを強調しています。

A Giant Dog – Suddenly Seymour

A Giant Dogのロックダウンのハイライトは、2020年4月の早い時期に起こりました。バンドメンバーの Andrew Cashenと私は、電話会議の反対側の回線で待っていました。私の心臓は高鳴っていましたが、聞き慣れた声が聞こえてきました。「Hey guys! “Hey guys! How are you doing today?” それは、Amy Poehlerでした。それは、ポーラーが監督したティーンのフェミニズム運動を描いた映画「Moxie」に登場する、「Little Shop of Horrors」の「Suddenly Seymour」のカバーを録音することでした」

“Moxie” では、『リトル・ショップ・オブ・ホラーズ』のオードリー役のオーディションを受けた若い女優が、自分たちのZINEを持って学校に潜入し、パワー・モンタージュになっています。”超重くて超速いものでなければなりません。彼女たちはワルなのですから。” AGDは映画やテレビで何曲か使われていますが、監督自身からクリエイティブな指示を受けたことはありません。

この曲のレコーディングは、私たちのようなバンドにとっては挑戦的なものでした。私たちはそれぞれ、スチュアート・サイクスとの個別のセッションに行き、マスクをして、孤独に、遠隔操作でトラックを敷き詰めました。しかし、私たちはその結果に感激していますし、あなたもそうであることを願っています。

おもしろい事実:Sabrinaは10代の頃、『リトル・ショップ・オブ・ホラーズ』に2回出演しました。最初はエキストラとして、そして16歳のときにはオードリーとして出演しました。もし、もう一度「リトル・ショップ・オブ・ホラーズ」のオーディションを受ける機会があれば、Sabrinaは歯医者さんの役に挑戦するでしょう。

created by Rinker
¥200 (2022/01/19 09:19:16時点 Amazon調べ-詳細)
1 2 3 119