Vero – BEG! / Concrete

ストックホルムのトリオ、VEROは、90年代風のオルタナロックでここ数年話題を集め、The Line of Best FitやCLASHから注目を集め、Pasteでは仮想SXSWのベストパフォーマンスのひとつと指摘された。いくつかのシングルとソニーからのデビューEPの後、バンドはその次の作品を完成させようとしていたが、突然の降板となった。契約書を破り、新しい何かが生まれ、バンドは1週間で新作EPを完成させ、2020年に PNKSLM Recordingsからリリースされた。

このトリオは、ジャンルやリファレンスを実験し、現代のバンドはどうあるべきかという考えに挑戦し、今度は芸術的な自由を手に入れたのである。これらの実験の結果、2022年春に世界同時発売予定のデビュー・アルバムに先立ち、ニュー・シングル ‘BEG!’ と、Shameの ‘Concrete’ の素晴らしいリイマジネーションを収録した新しいシングルがリリースされました。

Kim Gordon & J Mascis – ‘Abstract Blues’

Kim Gordonと J Mascisは数十年来の友人であり、ライブでも数回共演していますが、これまで一緒に音楽をリリースしたことはありませんでした。’Abstract Blues’ は、2020年にシアトル子供病院のためのチャリティーイベント「SMooCH」のために作曲・演奏された曲で、デュオとしての初のレコーディングとなります。この曲のビデオでは、フレッド・アーミセンがベースを演奏し、マスシスの息子のローリーがドラムを演奏しています(レコーディングではJがドラムを演奏しています)。

Bully – “Just For Love”

Alicia Bognanno(アリシア・ボグナンノ)が率いるファズロックバンド Billyが、3枚目のアルバム ‘SUGAREGG’ をリリースしてから1年余りが経ちました。

新曲 “Just For Love” は単独のシングルであり、必ずしもバンドの今後の展開を示すものではない。ボグナンノは、SUGAREGGのコラボレーターであるジョン・コングルトンと共同でこの曲をプロデュースしており、この曲は、あのアルバムからの曲と同じ一般的な雰囲気に合っています。”Just For Love” は、ノイジーで神経質な、ほろ苦い下地のあるフックなジャムとして機能していますが、それだけではありません。

Ovlov – “Land of Steve-O”

カルト・インディー・ロックの Ovlovが再び登場し、3rdアルバム ‘Buds‘ をリリースを発表し、リードシングル “Land of Steve-O” を公開しました。2009年の結成以来、アルバムよりも解散が多かった Steve Harlett(スティーブ・ハーレット)率いるコネチカットの4人組は、口コミや影響力の持続により、その作品よりもはるかに大きな存在感を示しています。

“Land of Steve-O” は、バンドが愛してやまないファズロックとノイズポップのサウンドを忠実に再現しつつ、プレスリリースにあるように、これまでで最もポップな作品へのシフトを予告しています。ハーレットは、コネチカット州を彷徨い、友人に手を差し伸べることを温かく歌いながら、素早く叩かれるドラム、スラムのようなギターとベースが、この曲に楽な動きを与えています。ハーレットは、”Land of Steve-O” のきっかけとなった友情を、こう振り返っています。

「この曲は、車の中で父とくだらない口論をした後に書きました。家に帰った後、散歩に行こうと思ったのですが、結局2時間くらい歩いてしまい、両親が私を育ててくれて今も住んでいるクリントン州ニュータウンの中心部にある警察署のベンチに座ってしまいました。当時、よく一緒に遊んでいた友人のスティーブ・オーにメールを送りました。基本的に、私が誰かと一緒にいたいと思ったときはいつでも、誰かに打ち明けたいときでも、ただ冷静になりたいときでも、スティーブ・オーはいつも落ち込んでいました。小学校6年生のときに、他の小学校の変人たちと仲良くなるために先生が書いてくれた性格診断書に、Papa Roachが好きなバンドだと書いたのがきっかけで知り合って以来、彼は私にとって非常に大切な親友です。この曲は基本的に、スティーブ・オーがどれだけいい男かということを歌っています」

created by Rinker
¥1,200 (2022/01/19 07:12:19時点 Amazon調べ-詳細)

Mister Goblin – “Left Before Your Set”

元Two Inch Astronautのメンバーである Sam Goblinのプロジェクト、Mister Goblinが、今年はじめにリリースした ‘Four People In An Elevator And One Of Them Is The Devil’ に続き、ニューシングル “Left Before Your Set” をリリースしました。彼が Two Inch Astronautで作っていた曲に近く、叫ぶようなヴォーカルに鋭く速いギターが特徴です。

created by Rinker
¥200 (2022/01/20 02:24:20時点 Amazon調べ-詳細)

Gully Boys – “Russian Doll”

ミネアポリスのインディー・パンク、Gully Boysは、最近 Get Better Recordsと契約し、本日、同レーベルからのファースト・シングル “Russian Doll” をリリースしました。この曲は、ラウドで轟音のグランジパンクで、スタジアムサイズのフックを持ちながらも、よりDIY/lo-fiなプロダクションの美学を持っており、情熱と目的に満ちた曲です。

MOD CON – ‘Ammo’

オージー・トリオの Mod Con は、10月に Poison City Records からリリースされるセカンド・アルバム ‘Modern Condition’ の第一弾として、陰鬱で辛辣なニューシングルを発表しました。この曲は、デビュー作の脆いポストパンクを発展させたもので、鋭いエッジのギターフックを鳴らします。筋肉質でうねるようなベースラインで緊張感を高め、今にも壊れそうですが、バンドはそれを封印し、爪で引っ掻くようなボーカルの切れ目で少しだけ悪癖を解消しています。

The Heavy Howl – “Shout”

1985年に発売された Tears for Fears のシングル “Shout” を、ニューヨークのポストパンク、グランジ・トリオ The Heavy Howl のベース Amanda Chessa がリードボーカルをとってカバーしたものです。原曲のエッセンスを残しつつ、ダークでヘビーな雰囲気にアレンジされています。このバージョンでは、象徴的なコーラスとは対照的に、バーズでの歌詞がより強調されています。この曲はいまだに深い意味を持っているだけでなく、これまで以上にロックな曲に仕上がっています。

Supermilk – “Pelican Pete”

ロンドンを拠点にするミュージシャン、シンガー Jake Popyura によるインディロック、グランジ、エモ・プロジェクト Supermilk が、新曲 “Pelican Pete” を Specialist Subject Records からリリース。

created by Rinker
¥250 (2022/01/19 07:12:21時点 Amazon調べ-詳細)
1 2 3 36