パリのHomecomingがニュー・アルバムを発表、「Gift of Eyes」を公開

グランジ、90年代ロック、プログレッシブ・メタルを融合させ、バンドの研ぎ澄まされた個性を明らかにしたHomecomingの次作『Those We Knew』がリリースされる。『Those We Knew』は、リスナーを様々な音楽の世界へと導く、卓越したヴォーカル・ワークを披露。ヴォーカルはムードに順応し、各トラックを一体化させ、影響を受けたものを結びつけています。『Those We Knew』を聴くと、Alice In ChainsがToolやCult Of Lunaをフィーチャーしているのが容易に想像できます。陰鬱でヘヴィー、時にハスキーな90年代トーンが、果てしないイマジネーションとぶつかり合い、幽玄な雰囲気に包まれ、内省を誘います。

The Obeliskによると、ニューシングル「Gift Of Eyes」は「それ自体が1つのアルバムのようなもの」。メロディックな歌声と歪んだリフを組み合わせることで、この曲は同胞の中でも特にプログレッシブな雰囲気を醸し出しており、シンメトリーについての歌詞の言及もある」と付け加えています。

Théo Alves Guiter(ヴォーカル/ギター)によると、新曲「Gift Of Eyes」は「人間が持つ傲慢さ、無限のものを把握しようとする愚かさ、そしてはるかに偉大なものに出くわす可能性。一瞥するごとに、犠牲と贈り物が要求される」。

ZOMBIがニューアルバム『Direct Inject』を発表、「The Post-Atomic Horror」を公開

Steve Moore とA.E. PaterraによるZOMBIがニュー・アルバム『Direct Inject』で待望の復活!『Escape Velocity』や『Surface To Air』といった前作のスピリットを受け継ぎつつ、80年代のシンセ・ロックからサックスを多用したスロー・ジャムまで、バンドのサウンド・パレットを拡大。『Direct Inject』はZOMBIの真骨頂であり、おそらくこれまでで最も多様で魅力的なアルバム。

『Direct Inject』の背後にあるエネルギーは、Steve Mooreがバンドの理念を完璧に要約しているように、手に取るようにわかります。

「テープを巻いて、ただひたすら突き進むと、何が起こるかわからないのが好きなんだ」

Mk.gee、デビュー・アルバム『Two Star and the Dream Police』を発表

Mk.geeは、デビュー・アルバム『Two Star and the Dream Police』と新曲「Dream police」を発表しました。

これまでにリリースされたシングル「Are You Looking Up」と 「How many miles」もデビュー・アルバムに収録されます。2018年から2020年にかけて3枚のEPで特徴的なサウンドを展開してきたMk.geeは、デビュー作で新たな領域を開拓する。

ノルウェーのCloud Peopleがニュー・アルバムを発表。新曲「Area 91」を公開

Cloud Peopleはノルウェーのベルゲン出身の6人組バンドである。結成以来、バンドの使命は、実験的で新しいサウンドと音楽表現を見つけることである。私たちが愛するジャズやロックバンドのエネルギーと即興性を、エレクトロニックミュージックのタイトで控えめなエレガンスと融合させることである。Cloud Peopleは、Bonobo、Kaytranada、Todd TerjeからMotorpsycho、Panteraまで、あらゆるものからインスピレーションを受けている。『Area 91』は、3月にリリースされるデビュー・アルバム『Simulacra』からの最初のテイストである。

Ring Van Möbius – “The Song That Wasn’t Actually a Song (Do They Think It​’​s Jazz​?​)”

ノルウェー、コルピクのトリオRing Van Möbiusが、ニュー・シングルをリリースしました。11月に開催されるHaugaland Prog og Rockフェスティバルへの出演に合わせて、RING VAN MÖBIUSが2曲入りシングル。

Godcaster – “Lady Said A Body”

“Lady Said a Body” は、変幻自在の Godcaster の新たな変遷。優しくきらめく鍵盤と揺らめくシンセサイザーから、ドラム、ベース、エレキ/アコースティック・ギターの魅惑的で幻覚的な壁へと展開するサイケデリックな寓話。このサイケデリックな寓話は、ハデスとペルセポネの神話にインスパイアされた物語で、ウォーターシェッドと呼ばれる中米の町に住む10代の陸上スター、レディが、ゼブラ・エルビス・ゼウスという意図がはっきりしない異世界の男に見初められるというもの。

Chien Méchant – “Aube”

ヘビーメタルとエレクトロモダンの色合いを持つこのトラックは、野獣の原初的な叫びと新しい存在への変異を語っています。

この夜行性の旅の終わりは、夕方から戻ってくる朝の甘さを呼び起こす。プログレッシブ・ロック、サイケデリック・ロック、クラシック音楽、ラテン・リズム。

Chien Méchant – “Crépuscule”

Chien Méchantは、フランスの新しいデュオです。高校時代からの友人であるこのデュオは、エレクトロ、ジャズ、サイケデリック・ロックのコードをミックスしたエレクトロニック・プロダクションで、そのパフォーマンスから独特のエネルギーを放ちます。パリとロンドンでのそれぞれの経験から影響を受けたGabrielとFacundoのパレットは、Justice、Todd Terje、Snarky Puppy、Pink Floydを彷彿させる幅広いものです。このすべてがフランス語と英語の歌詞で、話し言葉、歌、ヴォコーダー、ピッチングで表現されています。この超エネルギッシュなキーボードとドラムのデュオのために、作曲は豊かで、しばしばダンサブルで、時には高揚しています。

映画、サイケデリア、70/80年代のポップカルチャーに強い影響を受け、このインスピレーションの源は、彼らのビジュアル、シナリオ、スタイリングにさえ見出すことができます。

Robbing Millions – “Same Skin”

Robbing Millionsの “Same Skin” は、自分を改革しようとして直面する課題、脱ぎ捨てようとすること、そして真の変化を阻む多くの苦難を思い起こさせるものです。「堂々巡りで、同じ古い通りを何度も何度も歩き、そして-最悪の場合-ゆっくりと、しかし確実に自分の運命を受け入れていく感覚」 とFraipontは言います。「テーマ的にはフェリーニの映画「I Vitelloni」を思い出させる。そのニーノ・ロータによる音楽テーマは、私の子供時代の思い出の一つである」。

1 2 3 14