Tangents – “Old Organs”

シドニーを拠点にするポストロック、ジャズ、インストロック・グループ Tangents が、Temporary Residence からリリースする2年ぶりのアルバム ‘Timeslips‘ からファーストカット “Old Organs” をリリース。ミニマル・エレクトロニックから徐々にポストロックへ移行。

Standards – “Special Berry”

ロスアンジェルス出身のミュージシャン、ギタリスト Marcos Mena によるDIY、マスロック、インストロック・プロジェクト Standards が、デビュー・アルバム ‘Fruit Island’ を、Topshelf Records から8/28にリリースします。そしてそちらから先行シングル Special Berry” をリリースしました。

Laurence Pike – “Nero”

オーストラリアのパーカッショニスト、コンポーザーで、ポストロックバンド PVT、 Triosk そして Szun Waves のメンバーとして活動してきた Laurence Pike が、2019年の ‘Holy Spring’ に続き新作アルバム ‘Prophecy’ をThe Leaf Label から7/24にリリースします。そしてそちらの作品から先行シングル “Nero” を先行リリースしました。

Sam Prekop – “Summer Places”

Sea And Cake のフロントマン Sam Prekop が、新作アルバム ‘Comma’ を、Thrill Jockey から7/10にリリースすることを発表しました。初期のソロ作では、ジャズやインディロックなどを交えたソフトロック路線でしたが、その後エレクトロニック色を強め、前作にあたる2015年の ‘The Republic’ では、すべてモジュラー・シンセによるインスト作となってましたが、今作もその延長にあると思われます。そのアルバム ‘Comma’ から先行シングル “Summer Places” が公開されました。

A Grape Dope – “Puppet Clubbing”

Tortoise などのメンバー John Herndon によるソロ・プロジェクト A Grape Dope が、2003年に Galaxia からリリースした ‘Missing Dragons’ 以来となる新作アルバム ‘Puppet Clubbing’ を、Dangerbird Records から6/5にリリースします。そしてそちらから、ジャズ、ファンク、ヒップホップ、ポストロックなどをミックスした先行シングル “Puppet Clubbing” をリリースしました。

1 2 3 5