グアテマラ出身のMabe Frattiがリリースするニュー・アルバム『Sentir que no sabes』から、新曲「Kravitz」を公開

Mabe Frattiがニューアルバム『Sentir Que No Sabes』を2024年6月28日にUnheard Of Hopeよりリリースすることを発表しました。グアテマラ出身でメキシコ・シティを拠点に活動するFrattiは、最近Pitchforkに紹介されたばかり。ベースラインとして機能する見事なチェロを軸にした「Kravitz」は、このアルバムの定番である、巧みなブラス・スタブ、ホイッスル、パープなどの挿入音で、都市の交通をキャンバスに描き、そのすべてがポストモダンでワイドスクリーンなサウンドを生み出しています。「この曲は、意見がどこから来るのかわからないという感覚と、外から来るのか?内側から来るのか?また、誰がその意見に耳を傾けたいのか?誰が実際に耳を傾けるのか?

私は「重ね合わせる」という動詞について考え始めました。

この動詞が持つ意味合いは、他の人との対話の中で激しい作業をする瞬間や、アイデアがどのように重なり合うかということです。また、自分が何も知らず、ゼリーのように柔らかく、どんなフォークでも通り抜けられると感じる瞬間についても考えています。そして、クエスチョンマークがあるその柔らかい場所で、アイデアが変化し、成長していくのです。

わからないと感じることは、あなたを柔らかくします。
わからないと感じると、混乱します。
もしかしたら、わからないと感じることが、あなたをより良い人間に変えるのかもしれません。それとも違う?

今のところ、私は混乱に賛成です。そうでないかも。

Cassandra JenkinsがDead Oceansからニュー・アルバムのリリースを発表、「Only One」を公開

Cassandra Jenkinsが7月12日にリリースするサード・アルバム『My Light, My Destroyer』を、Dead Oceansとサインしてリリース発表。このアルバムは、Andrew Lappin(L’Rain, Yumi Zouma)がプロデュースし、PalehoundのEl Kempner、Hand HabitsのMeg Duffy、Isaac Eiger(ex Strange Ranger)、Katie Von Schleicher、 Zoë Brecher (Hushpuppy)、Daniel McDowell (Amen Dunes)、Josh Kaufman (Jenkinsの2021年のアルバム『An Overview On Phenomenal Nature』をプロデュース)、Stephanie Marziano (Hayley Williams, Bartees Strange)、Hailey Benton Gates。

このアルバムからのファースト・シングルは「Only One」で、80年代のソフィスティポップの領域に入り込んでおり、カサンドラ曰く、「グラウンドホッグ・デイ効果、何度も何度も同じ状況に置かれ、そのループから抜け出す方法がわからないこと、そしてある意味、状況に目を奪われてサイクルを断ち切ろうとしないこと」を歌っているとのこと。

Chinahの最新アルバムから4年、Fine Glindvadが自身の名義で初のソロ・アルバムをリリース

Chinahが最後にアルバムをリリースしてから3年。21年春にリリースされ話題となった『Feels Like Forever』。

バンドのフロントマンであるFine Glindvadがソロデビューを発表したのは、Glindvadと彼女の同僚であるErika de Casierが、10億ストリーミングを記録する韓国のポップ・グループ、NewJeansとの仕事でDMA(デンマーク・ソングライター・オブ・ザ・イヤー)を受賞してからわずか6ヵ月後のこと。

23年、Fineは自身の名前で2曲をリリースし、9月にはオスロで開催された業界フェスティバルBy:Larmに出演。本日、彼女はシングル「Days Incomplete」をリリースし、6月7日にアルバム『Rocky Top Ballads』をリリースすることを発表。

「私はカントリーやフォークを聴いて育ち、もう一方ではMTVのポップやR’N’Bを聴いて育ちました。この2つの両極は、私が音楽を作るときにも、このリリースでも存在しています。

私のエンソニックのキーボードには、”何かをすると何かが起こる” というテープが貼ってあります。「Days Incomplete』は、道に迷っているけれど、何か不思議なものに近づいているような気がする…不確かなものをナビゲートし、想像の瞬間に安らぎを見いだし、知る必要はない、ただやればいいんだと自分に言い聞かせるということについて歌っています」

Angelica Garciaが、ニュー・アルバム『Gemelo』を発表、新曲「Color De Dolor」を公開

Angelica Garciaが、ニュー・アルバム『Gemelo』をPartisan Recordsから6月7日にリリースすることを発表し、新曲「Color De Dolor」を公開しました。

『Gemelo』のタイトルは、第2の自分、より直感的な自分という双子の自分への言及である。生き生きとしたプリズムのようなハイブリッド・ポップ・アルバムで、悲しみのさまざまな段階と形態を旅するサウンドトラックだ。Angélicaは、その本質的な孤独、美しさ、緊張感を探求し、最終的には解放を見出す。『Gemelo』はまた、宗教、精神、遺産、女性性、祖先崇拝といった普遍的なテーマの一面を巧みに解体している。

メキシコとサルバドールの血筋を引いてイーストLAで生まれたアンジェリカは、ヒスパニックの豊かな影響との融合によって絶えず進化し続ける文化的景観である現代アメリカの本質を体現している。現代アメリカそのものを反映したこの『Gemelo』は、ガルシアがほぼ全編スペイン語で歌った初のアルバムでもあり、リスナーはアメリカのレコードとは何かを再考することになるだろう。

Michele Ducciがデビュー・ソロ・アルバム『SIVE』を発表、ファースト・シングル「River」を公開

Michele Ducciのソロデビューアルバム「SIVE」からのファーストシングル。

Michele Ducciはエレクトロ・ポップ・デュオM+Aの「M」であり、Monotreme Recordsから2枚のアルバムをリリース。その2枚目のアルバム「These Days」はガーディアン紙の「2014年のベスト・ニュー・バンド」リストに選ばれ、グラストンベリーのピラミッド・ステージやヴェネチア・ビエンナーレでライブを披露。

ソロ・デビュー・アルバム『SIVE』では、ミケーレはピアノと美しく表現力豊かな歌声を中心に、よりストリップバックで親密なアプローチをとっています。ファースト・シングルの『River』は、そのタイトルの通り、しっとりとしたヴォーカルとピアノの静かな親密さで幕を開け、彼が音楽界を去りたいと願った時のことを詳細に綴った痛烈なバラード: 「彼らは私の名前を呼ぶけれど、私は川にいる」。

この曲についてミケーレは、「私は音楽的な理由でニューヨークにいたのですが、その時は精神的な、そして大都会的な交通渋滞のような状況で、芸術的なキャリアやその世界のプレッシャーに関連して私の名前が言及されるたびに、音楽とは何の関係もなく、私はハドソン川の動く波の中にしか自分を感じることができないほど飽和状態でした。あなたと私は同じ起源を持つのです」

Diane Birchが、ニュー・アルバム『Flying On Abraham』のリリースを発表

Diane Birchが、ニュー・アルバム『Flying On Abraham』を、Légère Recordingsから4月12日にリリースすることを発表しました。先の公開されていたシングル「Wind Machine」「Used To Lovin’ You」も収録されます。

最新作『Flying On Abraham』で帰ってきたダイアンは、70年代のAMラジオ、ソウル、ジャズ、クラシック・ロック、80~90年代のポップス、R&Bの豊かなタペストリーを織り込んだ、彼女の広大で多様な音楽的ルーツへの心からのオマージュ。その歌声は、Carole KingやCarly Simon、Rickie Lee Jonesのような象徴的なアーティストの遺産を反映しながらも、まぎれもなくDiane Birchの真正性と個性が際立っています。Noel GallagherやBlack Crowesとの仕事で知られる著名なイギリス人ミュージシャン、Paul Staceyのプロデュースにより、『Flying On Abraham』はイギリスでレコーディングされました。このアルバムは単なる曲集ではなく、彼女の芸術的な旅の物語であり、大陸と音楽のジャンルを横断して真に特別なものを創り上げた女性の魂を覗く窓を提供するものです。

Kate Nashがニューアルバムを発表、「Millions of Heartbeats」を公開

Kate Nashは、5年ぶりとなる5枚目のアルバム『9 Sad Symphonies』を6月21日にKill Rock Starsよりリリースすることを発表。デンマークのプロデューサー、Frederick Thaaeとオフ・ブロードウェイのプロダクション『Only Gold』で仕事をしたことがきっかけで、このアルバムのプロデュースもFrederick Thaaeが担当。

最初のシングルは「Millions of Heartbeats」で、渦巻くようなバラード。「Millions of Heartbeats」は、自分の輝きを失うことについて歌った曲です。悪いニュースやカオス、資本主義が絶え間なく押し寄せてくる世界で希望を見出すのは難しい。輝きを失い、自分自身を落とし穴から救い出せなくなるのは恐ろしいことです。かつて持っていた光はもう戻ってこないかもしれないと感じることもあるでしょう。この曲のボタンは、この惑星には何百万もの鼓動があり、それが私たちが努力しなければならない理由だということです。今あるのは地球とお互いだけ。そして、それは実際には多くのことなのです。だから挑戦し続けること」

Bloomsday、ニューアルバム『Heart of the Artichoke』を発表、「Dollar Slice」を公開しました

本日、ニューヨークを拠点に活動するIris James GarrisonのプロジェクトBloomsdayが、6月7日にBayonetからリリースされるニュー・アルバム『Heart of the Artichoke』を発表し、リード・シングル/ビデオ “Dollar Slice “を公開しました。2023年6月、ニューヨーク州北部のデュオ、Babehovenのスタジオで10日間かけてレコーディングされたこのアルバムは、BabehovenのRyan Albertが共同プロデュース、Henry Stoehr(Slow Pulp)がミキシングを担当。Andrew Stevens(Lomelda、Hovvdy)、Alex Harwood、Richard Orofino、BabehovenのMaya Bon、Hannah Pruzinsky(h.pruz、Sister.裏のポーチで家族で夕食をとり、焚き火をし、喜び、友情、芸術的な自己の純粋さを感じながら。

「Dollar Slice」はこのアルバムの中心的な曲で、Garrisonのクレッシェンドするようなヴォーカル、混沌としたニューヨークのタペストリー、「One of Us」の2024年版といった感じ。「でも、神秘的で崇高な力(それが何を意味するかは別として)、そしてその力が私や私のたわごとを見抜き、それを呼び起こすという考え方には興味があります。それは私にとって神的なものです」。Richard OrofinoとPearl Dicksonが監督したビデオでは、Garrisonが配達をしながら街中を旅し、色とりどりの登場人物に出会います。

Anastasia Coopeがデビューアルバム『Darning Women』と新曲を公開

シンガー・ソングライターのAnastasia Coopeが、デビュー・アルバム『Darning Woman』をJagjaguwarと契約して5月24日にリリースする。(Pitchforkの創設者Ryan Schreiberの新しいアーティスト・マネージメント会社との最初の契約でもあります)。 アルバムは彼女自身がプロデュース。

「このアルバムは、私が音楽について空間的に考え始めたものなのです」

Grace Conradが監督したビデオは、この曲にぴったり。

Charlotte Day Wilsonが2枚目のアルバム『Cyan Blue』を発表、「I Don’t Love You」を公開

Patti SmithのファンでもあるというトロントのニューR&Bバンガード、Charlotte Day Wilsonが、ニューシングル「I Don’t Love You」を含む2ndアルバム『Cyan Blue』を発表。Dani Aphroditeが監督したビデオも公開。

『Cyan Blue』は5月3日にStone Woman Music / XL Recordingsよりリリース予定。シンガー・ソングライターである彼女の2021年のデビュー・アルバム『Alpha』に続く作品。スウェーデンのシンガー、Snoh Aalegraとのコラボレーションも収録された13曲入りのこのアルバムで、彼女はLeon Thomas(SZA、Ariana Grande、Post Malone)やJack Rochon(H.E.R、Daniel Caesar)といったプロデューサーと仕事をし、純粋さを追求。

「私はまた、若い自分の色あせない目を通して見たいのです」とWilsonはステートメントで説明。「多くの荷物がなかった頃、多くの人生を生きる前。でも、若い自分に今の自分を見てほしいとも思っています。私が今持っている知恵や明晰さの一部を彼女に伝授できたらいいなと思います」

「以前は、強い基盤、芸術的な誠実さのベッドで音楽を創ることに非常に熱心でした」と彼女は続けました。「でも、それはちょっと息苦しくて、”時の試練に耐えられるような素晴らしい作品を作ればいい、プレッシャーはいらない” みたいな感じだったの。今は、すべてが完璧でなければならないという凍りついた状態から抜け出せたと思います。それよりも、その瞬間の感情をその瞬間にとらえ、その瞬間に残すことに興味があるんです」

「この曲は、愛を失い別れることは、愛を見つけることと同じくらい感動的なことなんだということを思い出させてくれる曲なの」と彼女は付け加えました。

1 2 3 178