Stars Of The LidのAdam Wiltzieが、新作ソロ・アルバム『Eleven Fugues For Sodium Pentothal』を発表

作曲家(Stars Of The Lidの共同創設者でもある)Adam Wiltzieによる最新の組曲は、ブリュッセルから北へ移動し、フランダースの田舎町で制作されました。このアルバムは、美と廃墟の間で永遠に解決されない悲鳴を上げながら、忘却の魅力を独自に喚起し、回避しています。Wiltzieは、タイトルにもなっているバルビツールをミューズであり、神聖な逃避先として挙げています。

「人生という感情的な肉挽き機に毎日正面を向いて座っているとき、私はいつも、ただ自動的に眠りに落ちることができるように、そしてその感覚がもうそこにないように、バルビツールがあればいいのにと思っていました」

Eleven Fugues For Sodium Pentothal』は、Wilzieの自宅スタジオで録音され、ブダペストの旧ハンガリー国営ラジオ施設(Magyar Radio)でストリングスを加えたトラックは、親密さと同時に無限の広がりを感じさせ、内なる空間で垣間見える景色を展開。イギリスのドローン・ロック・アイコン、LoopのRobert Hampsonがミックスを担当し、映画のような広がりと斜に構えた催眠の感覚を音楽に与えています。これらは、文字通りのクラシック音楽的な意味でのフーガと同様に、不確かな記憶と空間的なズレにまみれたエピファニーであり、無意識から引き出され、高揚させられたフーガの状態なのです。


Sunburned Hand of the Manが、ニュー・アルバム『Nimbus』を発表

Sunburned Hand of the Manがニューアルバムを発表。4月12日、このサイケデリック集団はThree Lobed Recordingsより『Nimbus』をリリース。本日、彼らはタイトル曲を公開。

バンドはアルバムについてのステイトメントで、「Nimbusは、詩の名前にちなんで命名されたレコードです。私たちの集団的な意識の流れから、一方が他方に続いたのです。これはアルバム全体を理解する良い方法かもしれません。レコーディング・セッションの間中、決断はシナプスのように一度に、そして多方向に発火しました。人々が提案し、私たちはそれに基づいて行動しました。そして、それはすべてインキュベーターの中で偶然起こったことなのです」

シカゴのエキスペリメンタル・メタル・トリオ LOCRIANがニューアルバム『End Terrain』を発表

エクスペリメンタル・メタル・トリオ、LOCRIANは、衰退の予言者であり、メタル界のパイオニア的存在です。ブラックメタル、アンビエント、エクスペリメンタル・ミュージックの要素を織り交ぜたLOCRIANのサウンドは、従来のメタルの常識を覆すもの。Profound Lore Recordsから4月5日にリリースされるニュー・アルバム『End Terrain』は、2015年の『Infinite Dissolution』(Relapse Records)に続く作品であり、『Return To Annihilation』や『The Clearing/The Final Epoch』といったアルバムとともに、同作からもたらされたLOCRIANの特徴的なサウンドの青写真を引き継いでいます。

アルバムの発表に合わせて、John Bradburnが監督した「Chronoscapes」のミュージックビデオが公開されています。

グラスゴーのデュオ Guestsがデビュー・アルバム発表し、新曲「Arrangements, As In Making Them」を公開

GuestsはグラスゴーのJessica HigginsとMatthew Walkerdineで、2人とも元Vital IdlesとMordwaffeのバンド・メンバー。彼らは10年以上にわたってDIY音楽、アート、出版に深く関わってきました。エレクトロニクス、歌、会話、フィールド・レコーディングを駆使し、ポピュラー音楽のリズムと、コラージュ、サンプリング、即興、反復への現代的なアプローチを融合させた楽曲を制作。映画やアートにインスパイアされ、アンダーグラウンドや前衛的な実験主義の遺産を受け継ぐように、彼らのゆるやかでドメスティックな楽曲は、言葉にしにくい感情や雰囲気、瞬間、そして文字通り「ゲスト」であることを探求しています。

I wish I was special』は、彼らのデビュー・アルバムであり、他のグループによってカバーされていなかった領域を探求するために取られたチャンス。DIYのイデオロギーは、この11の作品に不可欠なものであり、直感と印象を優先して名人芸を回避し、未知のボタンを押すことを恐れず、間違いに真っ先に足を踏み入れ、慣習が許さないような場所でインスピレーションを見出すというもの。その結果、驚くほど新鮮で、鋭敏で、異常に親密。ここには明らかな知性があり、もちろんユーモアも少なからずありますが、重要なのは個人的な感覚であり、共有された理解と暗黙の信頼を称える初心/最良の(自動)教訓主義でもあります。結局のところ、私たちは、他の人の周囲で根本的に自分自身であることに恐れを感じないのかもしれません。Flaming TunesやIdea Fire Companyのドメスティック・エレクトロニクス、あるいはAnnea Lockwoodのアヴァンギャルドな構造における感情的なつながりの枠組みとも比較されるアプローチ。さらに言えば、『Guests』はDIY的なポスト・パンクの実験を説得力を持って継承しており、腕前よりも直感を重視し、リスナーを予期せぬ空間へと導きます。

タイペイのエキスペリメンタルロック・デュオ Mong Tongが、ニュー・アルバムを発表

タイペイのエキスペリメンタルロック・デュオ Mong Tongが、ニュー・アルバム『銘 Epigraphy』をニューヨークのレーベル No-Goldからリリースすることを発表。同時に、シングル「Terracotta」とビデオを公開しました。

Mong Tongの音楽は、神話や民間伝承を含む東南アジア文化や、60〜70年代のサイケデリック・ミュージックから多大な影響を受けています。彼らのサウンドの特徴は、催眠術のようなリズム、夢のようなメロディー、別世界のような雰囲気。

エクスペリメンタル・ブラックメタル、Genital Shameがデビュー・アルバム『Chronic Illness Wish』を発表

ペンシルベニア州ピッツバーグ出身のエクスペリメンタル・ブラックメタル、Genital Shameは、Erin Dawsonの一人プロジェクト。Genital ShameのメンバーはDawsonのみですが、バックバンドにStander(シカゴ)を起用。ベース、ドラム、ギターのStephen Waller、Derek Applebee、Mike Boydは、Dawsonが重く歪んだトレモロ・ピック・ギターと遠くの推進力のあるドラムから、穏やかでベッドルーム・ポップな雰囲気へと変化するのをサポート。

生命力に満ち溢れたデビュー・アルバム『Chronic Illness Wish』は、まるで勝利を祝うかのよう。片方の手はブラックメタルのルーツを深く掘り下げ、もう片方の手は空に向かって伸ばし、歓喜に満ちた主権を示すGenital Shame。

「ドーソンのボキャブラリーは彼女独自のもの。唯一の作曲家、プロデューサー、パフォーマーとして活動する彼女は、クリッピング・ギターとシンバルの質感を弄び、歪んだ半音が互いにぶつかり合う不協和音の曖昧な疼きからメロディーを作り出し……。エリン・ドーソンは、血なまぐさいと同時に鮮やかな色彩を放つ、入念に作り上げられた激情とカタルシスを前面に押し出しており、その名の背後にある重苦しい歴史の勝利の逆転劇」

Kim Gordonが新作ソロアルバムを発表、新曲「BYE BYE 」を公開

Kim Gordonが3月8日にMatadorからリリースするニュー・アルバム『The Collective』を発表。2019年の『No Home Record』に続く彼女のセカンド・ソロ・アルバムで、Justin Raisenがプロデュース、Anthony Paul Lopezが追加プロデュースを担当。

ファースト・シングルは「BYE BYE」で、Kimがグリッチアウトしたトラップ・ビートに乗せて歌っています。Coco Gordon Mooreが主演し、Clara Balzaryが監督したビデオが公開されています。

Erika Angell、ソロ・アルバム『The Obsession With Her Voice』を発表

Thus Owlsのメンバーであり、多くのアーティストの伴奏者でもあるErika Angellが初のソロアルバム『The Obsession With Her Voice』を発表。

スウェーデン生まれのモントリオール出身のErika Angellが、初のソロ・アルバム『The Obsession With Her Voice』を発表。初アルバムとはいえ、このシンガー・ソングライターは、Thus Owlsの片割れであり、Patrick WatsonやMarie-Pierre Arthurのステージに同伴するなど、長い実績を持っています!

今回の発表では、セカンド・シングル「One」を発表。彼女は昨年12月に「Dress of Stillness」を発表。このアルバムについて、Erika Angellは次のように語っています。「自分自身を解放し、ありのままを認める試みです。歌いたいものを歌うために。この音楽のほとんどは、私がそれに気づかなかったときに創られたもので、リラックスしようとして費やした時間の海の中で、真のリラックスの希少で美しい瞬間なのです」

BIG|BRAVEがアルバム『A Chaos Of Flowers』を発表し、シングル「i felt a funeral」を公開

約1年前、BIG|BRAVEはアルバム『nature morte』を発表。そして今日、彼らはその続編となる『A Chaos Of Flowers』を発表し、Emily Dickinsonにインスパイアされたシングル「i felt a funeral」を、曲の不気味なエネルギーにマッチしたビデオと共にリリースします。

ギタリストのMathieu Ballはステートメントの中で、「このビデオの制作は、私たちが曲を書くときと同じようなプロセスを採用しました。アイデアの流れに身を任せることを学んだように、完全に形成されたコンセプトであれ、未完成のアイデアであれ、作品を創作するという行為は、作品自体が最終的な結果を導くガイドのような役割を果たすのです。私たちは、最初に想像していたものよりも、もっと視覚的にミニマルなものが進むべき道だと気づきました」

パフォーマー(Robin)と観客が共にこの視覚的・聴覚的な会話に参加することで、より親密な視覚的空間が生まれます。「観客は、安全な距離を保ちながら、彼女の親密な空間に出入りすることになります。歌詞の内容と相まって、精神崩壊の要素を適切に表現していると考えることができます。

Shabazz Palacesが新作ミニアルバムを発表、シングル「Angela」を公開

Shabazz Palacesは、昨年の大作『Robed in Rareness』に続く新作ミニ・アルバム『Exotic Birds of Prey』をSub Popから3月29日にリリースします。セルフ・プロデュース、ミックスはErik Bloodが担当し、Stas THEE Boss、Irene Barber、Japreme Magnetic、OC Notes、Cobra Coil、Purple Tape Nate、Lavarr the Starrが参加。

『Exotic Birds of Prey』からのファースト・シングルは、Stas THEE Boss & Irene Barberをフィーチャーした、刺激的でサイケデリックなトラック「Angela」です。

1 2 3 42