Magic Island & Mazzo – “The Ending”

Mazzoと Magic IslandによるB2b、ロックダウン2020の間にオンラインで作られた。2人のアーティストによる初のコラボレーション。まだ始まったばかりだが、エンディングのように感じられる。

Arca – “Queer” (feat. Planningtorock)

「’kick 4′ は、サイクルの中での官能的なチャージのエントリーです」と Arcaは言います。「私自身の信仰を歌にしたもので、ポストヒューマンの天空の輝き、サイコセクシャルなパルス幅変調、空虚さを求めること、深淵を錬金術的に変換して美しいものを解体すること、それは癒しの呪文であり、内なる異質なものを認識することであり、古い皮膚がはじけて、新鮮な新しい筋が鼓動する核から外へと波打つことであり、最初の胎内キックであり、創造者のコントロールを超えた意志を持つ感覚が子宮の中から表現されていることを証明するものです。 Arcaは、12月3日に2枚のニューアルバム ‘KICK ii’ と ‘KicK iii’ をリリースしていますが、今回、3枚目のアルバムを同日にリリースすることを発表しました。’KICK iiii’ は、「KICK」シリーズを完結させるもので、Shirley Manson、Oliver Coates、No Bra、そして本日発売のニューシングル「Queer」に参加しているPlanningtorockとのコラボレーションを収録しています。カバーアートとトラックリストは以下の通りです。

「’kick 4′ は、サイクルの中での官能的なチャージのエントリーです」と Arcaは言います。「私自身の信仰を歌にしたもので、ポストヒューマンの天空の輝き、サイコセクシャルなパルス幅変調、空虚さを求めること、深淵を錬金術的に変換して美しいものを解体すること、それは癒しの呪文であり、内なる異質なものを認識することであり、古い皮膚がはじけて、新鮮な新しい筋が鼓動する核から外へと波打つことであり、最初の胎内キックであり、創造者のコントロールを超えた意志を持つ感覚が子宮の中から表現されていることを証明するものです」

Kai Kwasi – “Cracks”

サウス・イースト・ロンドンの人気急上昇中の Kai Kwasiが、待望のデビューEP ‘Jahlila’ を、PIASからリリースの発表をし、このニュースを受けて、Kaiは今日、”Cracks” を公開しました。RnB、ソウル、グライムの要素をベッドルーム・ポップのトーンで表現したこの曲は、Kwasiと、彼が現在ツアー中のJoy Crookesとの間で交わされた会話を詳細に描写しています。

「ジョイ・クルックとの会話の中で、”Cracks” を書きました。”スパイラル” という感覚や、慣れ親しんだものが心地よく感じられることがあるという話をしました。Moses Sumneyの “Cut Me” をかけて、『自分にとっては健康的ではないかもしれないが、一見すると私には必要なもの、つまり私を切るもの』という歌詞について話しました。それは、自分が感じていたことを誰かが完璧に表現してくれた瞬間でした。私たちは皆、同じような経験をしていて、自分が考えたり感じたりしている奇妙な感情は、ほとんど一人のものではないことに気づく瞬間です」

Jordan Rakei – ‘Live at Metropolis Studios’

Jordan Rakeiは、ロンドンの Metropolis Studiosで行われたライブ・トゥー・ビニール・セッションの録音を公開しています。2022年2月に北米で Bonoboとツアーを行います。

2021年7月22日、ロンドンを代表するレコーディングスタジオのスタジオAで行われた特別セッションでは、Jonathan Harvey (bass), Imraan Paleker (guitar), Jim Macrae (drums), Ernesto Marichales (percussion), Naomi Scarlett, Wilson Atie (backing vocals) の6人編成のアンサンブルをバックに、ファンに人気の “Family” と “Send My Love” を演奏しました。

Niecy Blues – “Bones Become the Trees”

オクラホマ、そして最近ではコロンビアを経て、サウスカロライナ州チャールストンにやってきたNiecy Bluesは、ボーカリストである。彼女の作品は、R&Bからの影響と、中央から外れたところにある個性的な声とのユニークなバランスを保っており、しばしば複数のジャンルの間で揺れ動いている。彼女の声という楽器への献身は、彼女の共鳴する歌とパフォーマンスの土台となっており、彼女の痛烈な歌詞はその経験をさらに高める役割を果たしています。

Mexixan Summer傘下の Looking Glassからリリースされた “Bones Become the Trees” は、私が組織的な宗教を拒否することを宣言するものです。私は幼少期の大部分をオクラホマ州南部のカルト教団の中で過ごしました。私は恥を感じるように仕向けられ、それが自己の否定につながり、コントロールを失っていきました。この曲は、私の自律性と新しい自由を証明するものです。私の回復力を表現するのに、なんという偶然の媒体でしょうか。

Ay Wing – “Ego”

Ay Wingの最新作 “Ego” は、ビートの効いたフィーリンググッドなアンセムで、自分の中にある再生能力、困難を乗り越え、手放すことができる部分について語っています。ヒップホップ・ハウスにインスパイアされたビートとドリーミーなフック、そして Ay Wingの刺激的な歌詞が、リスナーを自分の心の中を旅するように導いてくれます。

この曲はまた、リスナーに宇宙の広い範囲に目を向けるよう呼びかけています。自分自身を大きな絵の一部として見て、私たちが物事のスキームの中の小さな断片に過ぎないことを理解するためです。”Ego” は、自分自身を生まれ変わらせるときに起こる上向きの変化と受容についてのすべてであり、悲しみの7つのステージの一部でもあります。

Ego
created by Rinker
¥750 (2022/01/20 08:45:51時点 Amazon調べ-詳細)

Mr Twin Sister – “Ballarino”

Mr.Twin Sisterは、ニューアルバム ‘Al Mundo Azul’ をリリースします。バンドの Gabel D’Amicoは、「私たちは、スタイルのスイッチを正反対の位置に切り替えたかった」と語ります。「複雑さよりも即効性、自然な音よりも異質な音、完璧なテイクよりも緩い演奏。私たちが作ってきた夜の音楽の後に来る、明るいレコードです」。Udbhav Guptaは、「それぞれの要素が強く、特徴的で、スペースがあり、あまりきれいではないが個性のあるものを強調する」ことを目指したと付け加えています。

このアルバムには、シングル “Diary”、”Expressions”、”Polvo” が収録されており、本日は魅力的でスチームの効いたR&Bポップの “Ballarino” がリリースされました。シンガーのEstellaは、「スマートフォンを手に入れて、それが私のライフスタイルをどう変えたかということを歌っています」

私がどう思うかは関係ありません
私の代わりにやってもらおう
君が連れて行ってくれるならどこへでも行くよ
頭を休めないといけないから

バラリーノが連れて行ってくれるところに行きたいんだ
バラリーノが連れて行ってくれるところに行きたいんだ
バラリーノがメールしてきたら行きたいの

君は僕が渇望するものを手に入れる手助けをしてくれる
君に運転してもらおう
君の言うことなら何でも聞くよ
あなたが私の気持ちを高めてくれることを知っているから

バラリーノが連れて行ってくれるところに行きたいんだ
バラリーノが連れて行ってくれるところに行きたいんだ
バラリーノがメールしてきたら行きたいの

これからは
あなたは私のために
私を見守ってくれている
あなたは小さな星
私の日常に落ちてきた
永遠に同期し続ける
バラリーノ・バランタイン
いつも僕と一緒にいよう

バラリーノ・バランタイン
私の目の前に掲げられた

Eartheater – “Scripture”

昨年アルバム ‘Phoenix: Flames Are Dew Upon My Skin’ をリリースした分類不可能なミュージシャン Alexandra Drewchin による Eartheaterは、それ以来、様々な出来事がありました。Grimesは、近日リリース予定のミステリアスなアルバムで Eartheaterとのコラボレーションを予告しています。また、Eartheaterは最近、リアーナの Savage X Fentyファッションショーに登場し、比較的実験的なミュージシャンとしてはかなり大きな注目を集めました。そして本日、Eartheaterが新曲を発表しました。

もしあなたが非常にファッショナブルな人であれば、Eartheaterの新曲 “Scripture” をすでに聞いているかもしれません。この曲は、先月の Proenza Schoulerのニューヨーク・ファッション・ウィーク・ショーのサウンドトラックにもなっていましたが、本日、Eartheaterは “Scripture” のタイトなバージョンを公開しました。この曲は、トラップとインダストリアルとドリームポップを同時に連想させるような、キラキラとしたスパッタリング・ジャムです。


created by Rinker
¥250 (2022/01/20 08:45:52時点 Amazon調べ-詳細)

Philip Wiese – “Topophilia”

Philip Wiese(フィリップ・ウィーゼ)は、一夜にして音楽を辞めてしまいました。ノルウェーのトロンハイムにあるジャズ・アカデミーで数年間学んだ後、彼はすべてを投げ出して走り始めました。遠くまで、そして速く走りましたが、ギターから完全に離れることはありませんでした。そして、しばらくして再びギターを手にすると、Frank Ocean, The Beatles, James Blake, Kendrick Lamarなどのアーティストにちなんだ、空気感のあるプロダクションによって増幅された、壊れやすくて心をつかむポップ・チューンを作り始めました。

これまでWieseは、ノルウェーのシーンではほとんど知られていませんでしたが、決して経験が浅いわけではありません。ギタリストとして、また Emilie Nicolasのバンドのメンバーとして、オスロのオペラハウスやノルウェー全土の会場やフェスティバルで演奏しています。オスロで生まれ育った Wieseは、今まさに自分だけの旅を始めようとしています。

自分の声を探し求め、試行錯誤しながら曲を作り、着実に自信をつけてきた彼は、ついに自分の名前を冠したアーティストとして、バックグラウンドからスポットライトを浴びる準備ができたのです。Ciao Papaは非常に親密なプロジェクトであり、親密な関係、見てもらいたいという欲求、そして何よりも父親のような存在を求めているという明確な共通点があります。

Wieseは、ソロ作品の制作を通じて、Eivind Helgerød(Astrid S、Jarle Bernhoft)、Hanne Hukkelberg、Emilie Nicolas、Ariadne Loinsworth Jenssen(Ary)、Marianna S. A. Røe(Broen)などの指導者や協力者の助けを受けています。

Girlhood – “4AM”

ロンドンのポップデュオ、Girlhoodのセルフタイトルのデビュー作は、2020年の控えめなポップの楽しみのひとつでした。アルバムのリリースから約1年後の本日、Tessa CavannaとChristian Pinchbeckが “4AM” という新しいシングルで戻ってきました。このトラックでは、彼らが再び90年代のソウルやR&Bと、その時に同時進行していたビートの効いたエレクトロニカ・サウンドを芸術的に融合させています。