SRSQ – “Someday I Will Bask in the Sun”

SRSQ(Kennedy Ashlyn(ケネディ・アシュリン))の最新シングル “Someday I will Bask In The Sun” は、内省の波の中をサーフしているような気分にさせてくれる作品です。Chris Coady(Beach House, Yeah Yeah Yeahs)がプロデュースしたこの曲は、霧雨のようなコードと爽やかなコーラスで彩られ、誰もが経験する感情の浮き沈みをナビゲートしてくれる。しかし、SRSQは、すべてのものが一時的なものであるという自己認識と快適さをもって、これを行う。アシュリンはこの曲について以下のように語っています。

「”Someday I Will Bask in the Sun” は、内省と受容、そして希望の可能性を歌った曲です。この曲は、過酷な感情のサイクルが避けられないことを、破滅の予兆にとらわれることなく受け入れることを歌っています。この曲は、混乱の永続性を反映しているが、打ち寄せる波に打ちのめされるのではなく、サーフィンするという概念を体現している」

時間を無駄にする
重要か?重要だ
私はとても良心的です
それが重要か?重要だ
自由になりたい
それは重要ですか?それは重要です
線路の上を歩く
それは重要ですか?

氷の中で凍る
精神的な静止状態が消去される
この悪癖から抜け出せない
私は裸で、私は空虚だ
そして、絶望的に捕まる
この人生の激流に
いいなあ
明日がどうなるかを知るだけで

内面も
衝撃に耐えている
答えを待っている
だから、彼らを来させる

時間をかけて
この刑務所に命名することはない
自分の意思で
私は蘇り、赦された
私は思考を楽しむ
私が生きることができる世界について
神々しいではないか
いつの日か、太陽を浴びることができるように。

内面も
衝撃に耐えている
私の人生を破壊するために待っている
太陽の光になるために

yeule – “Too Dead Inside”

yeuleが、Danny L Harleプロデュースの新曲 “Too Dead Inside” を公開しました。新曲について

「ユールの音域の中で、ジャングルビートを使った曲は面白いと思ったんだ。リリックが、ピカピカで新しい、アップビートな美的感覚をダークな領域に引きずり込む可能性があるかどうかを確かめたかったんだと思うんだ。ある日、私は良いことでも悪いことでも、起こる物事に対してほとんど反応しない自分に気づきました。まるで何もかもから遮断されてしまったかのように。まるで幽霊になったような気分です。現実から切り離され、上からすべてを見ている。以前、ある人が死ぬのを見たことがあるんですが、その人は本当に生きたがっていたんです。私たちは、心の中で死んでいると言いたいのです。そうやって対処しているのだと思う。不在であることが、あまりにも身近で、あまりにも便利だからだ。私は、死をロマンチックに考えることが多いのですが、常に生への欲望を持っていたと思います。自分の身に何かが起きて、その痕跡、深い傷が残ると、感情の反応閾値が奪われるんだ。しかし、ある日突然、それが戻ってくることがある。そして、美しいことが起こると、それはとても美しいものになります。醜くなることがあるのと同じようにね」

愛と憎しみに満ちている
何を取るか決められない
きれいなところに連れてって
この空っぽを埋めるには十分な可愛さ
私は、ここまでしか近づけない
自分がどうあるべきかを考える
私は依存することをやめることができない
自分の悪魔の穢れた闇
記憶、歯の呪い
私の肉に食い込む
そして自分から血を流す
私が作った血まみれの混乱
いつも色あせる愛
残るは花
どこに行けばいいんだ
私がしたいとき
朝日を見る
しかし、私はあまりにも内側が死んでいる?
中身が死んでる?
中身が死んでる?
T中身が死んでる?
死にすぎた…
どこへ行こうか
私がしたいとき
朝日を見る
しかし、私はあまりにも死んでいる?
中身が死んでる?
中身が死んでる?
死にすぎた…
灼熱の霞のような毒性,
この迷路の中で迷子になってしまった。
一度は言ってみるが、必ず二度確認すること
私はこのデバイスからオフラインになった

自分を愛する方法を教えて
まだ死んでないよ、忘れないよ
玉座に向かって静かに這うように進む
死への道……約束の地
あなたは決して理解することはできません
私は頼ることを止められない
自分の悪魔の穢れた闇
記憶、歯の呪い
私の肉に食い込む
そして、私の中から血を流す
私が作った血まみれの混乱
いつも色あせる愛
残るは花
その時、私は気づいたのです
そんなに浅くはない
そんなに虚しくないよ
追いかけても追いかけても
自分の影
私はどこに行くのか
私がしたいとき
朝日を見る
しかし、私はあまりにも内側が死んでいる?
中身が死んでる?
中身が死んでる?
T中身が死んでる?
死にすぎた…
誰が俺の心をワイアリングしたんだ?
何か神聖なものを見つけようとしてるんだ
異星人の少年に全能力を奪われた
暗闇に取り残され、彼は私の光を奪った。
青く澄んだ嘘のような空に恋して
やってみるしかないんだ…
Too dead inside
死にすぎ…
(そんな…)

Baltra – ‘Ambition: Remixes 002’

5月にリリースされた Baltraの ‘Ambition EP’ は、ニューヨークを拠点とするアーティストとして、これまでで最も幅の広いリリースとなった。自身のボーカルを中心とした5曲入りEPで、ドライビングクラブワークアウトからローテンポのビートサイエンスまで、あらゆるものを探求している。Local Actionからの初リリースとなった ‘Ambition’ は、「今までで最高の作品」と評価され、DJ Seinfield、Alan Fitzpatrick、OemanといったDJからも支持されるなど、すぐに高い評価を得ることができた。

10月にリリースされた Martyn Bootyspoonと Yazzusのリミックスに続き、今回はこの数年間を支えてくれた3人のアーティスト、Lot Radioの常連 Wawa、シカゴのクラブディーヴァ Ariel Zetina、そして2021年の異例のアルバム ‘Memoryland’ と同じノスタルジックなエネルギーを持つ CFCFによる3つのテイクをお届けします。

Tyondai Braxton – “Dia” & “Phonolydian”

Tyondai Braxton(タイオンダイ・ブラクストン)の声を聞くのは、ちょっと久しぶりです。この実験的なプロデューサーは、5年間新曲を発表していませんが、最新のアルバム(2015年の ‘HIVE1’ )も長い沈黙の後に発表されました。ブラクストンは今回、その沈黙を破って、2016年の ‘Oranged Out EP’ 以来となる新曲2曲を発表しました。”Dia” と “Phonolydian” は、どちらも遊び心のある、質感のあるエレクトロニクスで、ニューヨーク州ベアーズヴィルにあるブラクストンのホームスタジオで録音されました。レーベル Nonesuch Recordsによると、これらは来年発売されるブラクストンの新作シリーズの第一弾とのことです。

Tycho, Benjamin Gibbard, Brijean – “Only Love” (with Brijean)

Tychoと Death Cab for Cutie, The Postal Serviceの Benjamin Gibbardは、シングル “Only Love” で画期的な新しいコラボレーションを行い、オースティンを拠点とするプロデューサー、DJ、ピアニスト、活動家である LP Giobbiがビートベースのハイエナジーなリミックスを提供しました。そして本日、Brijeanとのコラボレーションによる最終バージョンが提供されました。

Brijeanは、オークランド在住のデュオ、Brijean Murphyと Doug Stuartで、心、体、魂のためのダンスミュージックを作っています。彼らは2021年2月に Ghostly Internationalからデビューアルバム ‘Feelings’ をリリースしました。このアルバムは、まばゆいばかりのビートと蜂蜜のようなヴォーカルが織りなす、黄金色のドリームポップ・トロピリアです。マーフィーは熟練したパーカッショニスト(Poolside、Toro Y Moi、U.S. Girls)であると同時にビジュアル・アーティストでもあり、マルチ・インストゥルメンタリストのスチュアートはベイエリアのミュージック・シーンで長い歴史を持っています(Dougie Stu、Bells Atlas、Meernaa、Luke Temple)。70年代のディスコ、90年代のハウス、そして洗練されたポップセンスを感じさせる、独自のサウンドを生み出しています。

この新曲について、マーフィーは次のようにコメントしています。「私たち(ダグと私)は Tychoと Ben Gibbardの両方のファンで、”Only Love” を深く掘り下げるのは素晴らしいことでした。 Tychoの豊かなシンセサイザーを使ったメロディーと Brijeanと Gibbardのボーカルを組み合わせて、ハウス寄りのみずみずしい世界を作りました」 とコメントしています。

Tychoの Scott Hansen(スコット・ハンセン)はこう付け加えます。「Brijeanのアルバム ‘Feelings’ は、今年のお気に入りのひとつでした。いずれコラボレーションできると思っていたので、”Only Love” の彼らの美しいテイクを共有できてとても嬉しいです」とコメントしています。

“Only Love” は、タイコの超絶的なプロダクションと特徴的なアレンジに、ギバードのカタルシスと深いヒューマニスティックなリリシズムが緻密に融合した、両アーティストによるパワフルなアンセムとなっています。ギバードは、10年以上前にRIAAプラチナ認定を受けた The Postal Serviceでの活動以来、新たなエレクトロニック・コラボレーションを行っています。この曲は、Death Cab for Cutieがハンセンに2015年のシングル “The Ghosts of Beverly Hills” のリミックスを依頼したことがきっかけで生まれました。ハンセンはリミックスの依頼を厳選することで有名ですが、この曲の叙情的なメロディとギバードの特徴的なボーカルに完全に共感しました。

「2016年に、Death Cab for Cutieの楽曲 “The Ghosts of Beverly Drive” のリミックスを担当する機会があったとき、私はずっとベンの作品のファンでした」とハンセンは言います。「ベンの声は、制作の観点から非常に刺激的な要素で、私が惹かれる種類の音や楽器とうまく調和していると感じました。”Only Love” は、最初はインストゥルメンタルでしたが、何かが足りませんでした。そこで、ベンにラフなデモを送ったところ、彼がボーカルを録音してくれたんです。最初にラフなボーカルを聴いたときに、曲全体の意味が急にわかってきて、そこからアレンジが生まれたんです。”Weather” でボーカルを試した後だったので、今回はその時に学んだことを実践する絶好の機会だと思いました。このような象徴的な声と一緒に仕事ができたことは、とても名誉なことでした」

「2014年にナオミ・クラインの『This Changes Everything: Capitalism vs. The Climate』を読んでいるときに、モンタナのヤギ牧場主で環境保護活動家のアレクシス・ボノゴフスキーの言葉に出会い、とても感動しました」とギバードは言います。「モンタナ州南東部の公有地を鉱山会社アーチ・コールから守るための戦いについて、彼女は次のように述べています。「彼らはそれを過小評価しています。彼らはそれを過小評価し、理解せず、無視します。そしてそれこそが、最終的にこの場所を救うことになるのです。石炭会社への憎しみや怒りではなく、愛がこの場所を救うのです』

「”Only Love” の音楽をスコットが送ってくれたとき、この言葉にぴったりだと思いました。アレクシスの言葉を読んでから、私はそれを普遍的な真実として受け止めています。私たちが大切にしている人、場所、物を守る唯一の方法は、憎しみではなく愛なのです。もちろん、「言うは易し、行うは難し」ではあります。しかし、私はまるでマントラのように彼女の言葉に戻ってくるのです。」

Arca – “Queer” (feat. Planningtorock)

「’kick 4′ は、サイクルの中での官能的なチャージのエントリーです」と Arcaは言います。「私自身の信仰を歌にしたもので、ポストヒューマンの天空の輝き、サイコセクシャルなパルス幅変調、空虚さを求めること、深淵を錬金術的に変換して美しいものを解体すること、それは癒しの呪文であり、内なる異質なものを認識することであり、古い皮膚がはじけて、新鮮な新しい筋が鼓動する核から外へと波打つことであり、最初の胎内キックであり、創造者のコントロールを超えた意志を持つ感覚が子宮の中から表現されていることを証明するものです。 Arcaは、12月3日に2枚のニューアルバム ‘KICK ii’ と ‘KicK iii’ をリリースしていますが、今回、3枚目のアルバムを同日にリリースすることを発表しました。’KICK iiii’ は、「KICK」シリーズを完結させるもので、Shirley Manson、Oliver Coates、No Bra、そして本日発売のニューシングル「Queer」に参加しているPlanningtorockとのコラボレーションを収録しています。カバーアートとトラックリストは以下の通りです。

「’kick 4′ は、サイクルの中での官能的なチャージのエントリーです」と Arcaは言います。「私自身の信仰を歌にしたもので、ポストヒューマンの天空の輝き、サイコセクシャルなパルス幅変調、空虚さを求めること、深淵を錬金術的に変換して美しいものを解体すること、それは癒しの呪文であり、内なる異質なものを認識することであり、古い皮膚がはじけて、新鮮な新しい筋が鼓動する核から外へと波打つことであり、最初の胎内キックであり、創造者のコントロールを超えた意志を持つ感覚が子宮の中から表現されていることを証明するものです」

Kelly Lee Owens – “Unity”

Kelly Lee Owensは、オーストラリアとニュージーランドで開催される「FIFA Women’s World Cup 2023」の公式テーマとなる新曲 “Unity” を発表しました。

この曲について、ケリー・リー・オーウェンズは「私たちの価値観は完全に一致していました」と語ります。「彼ら(FIFA)は “epic” という言葉を使い続けていましたが、私はそれをそのまま受け継ぎ、できる限り壮大で大胆なものにしました。上昇するアルペジオ、上昇するベースラインなど、自分の持てる力をすべて注ぎ込みました。私の声でリードされていますが、合唱でコミュニティの感覚を取り入れたかったのです」

Hiro Amazon music – “Autumn Colours”

ゆっくりとした時間を過ごし、自分を見つめ直す機会は、歓迎すべきものです。しかし、Telemanのドラマーである雨宮ヒロは、8年間、3枚のアルバム、数々の世界ツアーを経て、2枚目のソロEP ‘Animal Emotions’ をリリースします。リードトラック “Autumn Colours” についてヒロが説明します。

「曲のタイトルにあるように、これは私の好きな季節である秋のための曲です。秋は、どこか懐かしくてメランコリックな気分にさせてくれて、僕はそんな気分が好きなんです。春はきれいすぎて、夏は幸せすぎて、秋は自分自身を完璧に表していると思います。少しの悲しみや暗さがあると、音楽はより美しくなると思います。それは多分、不完全だったり、壊れやすかったりするからでしょう」

1 2 3 6