ベルリンのノイズ・ウェーブ Cuntroachesが、デビュー・アルバムを発表

Cuntroachesの『Self-Titled』アルバムリリースへの道のりは、”Ill”、”Boborygmus”、”Gordian Knot” のレコーディングから始まった。

「”Erbium:YAG”、”Gravity System”、”Red Velvet Rose”、そして”I Can (Still) Tell You’re (Scum)”とInside Meの新バージョンを後からレコーディングした」。- とCuntroachesのメンバーは説明する。ベルリンを拠点とするこのバンドは、デビューLPを制作するために何時間も費やした。”I Can Tell You’re Scum” と “Inside Me” のオリジナル・バージョンは、2020年の鎖国真っ只中にGuttersnipe(イギリス、リーズ出身)とのスプリット・レコードでリリースされた。「レーベルは即座に解体し、全ては失敗に終わった」

新作LPの素材の大半は書き下ろされたものだが、バンドは原曲を手直しし、幅広い影響を取り入れつつも、壊滅的なフォーカスを維持した。メタル、パンク、ハードコア、ノイズが、濃密で圧倒的な音の壁となった。ライブでは、このサウンドに、(彼らの気分次第で)パフォーマンス的な悪ふざけが組み合わされることが多い。

「マルティナ(ヴォーカル/ギター)は、ある金持ちの家の風呂場から引き抜いた浄化槽のパイプで機能的なワーホーンを作ったんだ。それをピッチダウンして歪ませ、”Gravity System” のイントロに入れた」。

これは、バンドが窓のないリハーサル室でベーシック・トラックをレコーディングする際にとった型破りなアプローチの一例である。その後、バンドによって入念にミックスされ、2023年にDaniel Husayn(North London Bomb Factory)によってマスタリングされた。

BIG|BRAVEがアルバム『A Chaos Of Flowers』を発表し、シングル「i felt a funeral」を公開

約1年前、BIG|BRAVEはアルバム『nature morte』を発表。そして今日、彼らはその続編となる『A Chaos Of Flowers』を発表し、Emily Dickinsonにインスパイアされたシングル「i felt a funeral」を、曲の不気味なエネルギーにマッチしたビデオと共にリリースします。

ギタリストのMathieu Ballはステートメントの中で、「このビデオの制作は、私たちが曲を書くときと同じようなプロセスを採用しました。アイデアの流れに身を任せることを学んだように、完全に形成されたコンセプトであれ、未完成のアイデアであれ、作品を創作するという行為は、作品自体が最終的な結果を導くガイドのような役割を果たすのです。私たちは、最初に想像していたものよりも、もっと視覚的にミニマルなものが進むべき道だと気づきました」

パフォーマー(Robin)と観客が共にこの視覚的・聴覚的な会話に参加することで、より親密な視覚的空間が生まれます。「観客は、安全な距離を保ちながら、彼女の親密な空間に出入りすることになります。歌詞の内容と相まって、精神崩壊の要素を適切に表現していると考えることができます。

Ellie Bleach、ニューEP『Now Leaving West Feldwood』を発表

Ellie BleachがセカンドEP『Now Leaving West Feldwood』を発表しました。ウェスト・フェルドウッドという架空の町を舞台にしたコンセプト作品で、6曲入り。新曲「Whole Lotta Nothing」も発表。

「この曲は、私も付き合っていた時期に書いたの。皮肉と深い憧れ、相反する2つの感情が共存することに心地よさを感じていたわ」

『ホール・ロッタ・ナッシング』は午前3時のダイブ・バーのようなサウンドにしたかったの。この曲の舞台となった “ライムライト・モーテル” は、ウェスト・フェルドウッドに住む町民の別のスナップショットを明らかにすることで、郊外のメロドラマの背景であることがわかりました」

Ben Frostが、6年ぶり6枚目のスタジオ・アルバム『Scope Neglect』の詳細を発表

Ben Frostが6枚目のスタジオ・アルバム『Scope Neglect』の詳細を発表。プログレッシブ・メタルのCar BombのギタリストGreg Kubackiと、同じオーストラリア出身のMy DiscoのベーシストLiam Andrewsが参加。

Frostの影響は映画、テレビ、オペラと多岐にわたり、パルムドールにノミネートされたJulia Leigh監督の『Sleeping Beauty』のスコアや、Eliot Sumner(Vaal)とのコラボレーションを含む『1899』、『Raised By Wolves』、『Fortitude』、カルトシリーズ『Dark』などのテレビシリーズのスコアで高い評価を獲得。さらに、『The Wasp Factory』や『The Murder of Halit Yozgat』などのオペラ作品は、ロンドンのロイヤル・オペラ・ハウスやハノーファーの国立歌劇場で上演され、現代音楽とライブ・アートの世界における彼の地位を確固たるものにしています。

Ivy Falls、新曲「Blue」とデビュー・アルバムを発表

「Blue」は、Ivy Fallsのデビュー・アルバムの3曲目。The Bony King of Nowhereによる美しいギターとピアノのアレンジが特徴。切ないインディー・フォークでありながら、2コーラス目以降に希望の兆しが見える曲。これは青春の歌で、次の行動を決める時が来たと実感する曲。夢をつかむこと、自分を苦しめるものを取り除くこと。Fienの声と歌詞がリードをとり、ドラム、クラリネット、ピアノ、ギターがとても健全でメランコリックなサウンドトラックに仕上げています。

デビュー・アルバム『Sense & Nonsense』の芸術的アプローチと意味は、彼女の人生と未来へのアプローチと多くの点で一致しています。このアルバムは、ゴールデン・イヤーの概念など、私たちの社会における堅苦しい概念を再定義することに重点を置いています。何が、いつ、人生で最も重要で、最も幸せで、最も生きている瞬間なのか?外向的な人の優越性、物質主義、有害なポジティブさといった概念は、いくつか触れられているトピックです。苛立ちに満ちた嘆きではなく、大切なもの、人生そのものの美しさの核心への美しい頌歌。インナーチャイルドを見つけ、時代を超えた深い感情を経験できること。

音楽的には、FienはBram Vanparys(The Bony King of Nowhere)とプロデューサーとして仕事をすることで、ようやく彼女の真のマッチングを見つけました。小さな音楽的アイデアのひとつひとつが成長するスペースがあるような、比喩的な部屋を作ること。

イリノイ州シカゴのエクスペリメンタリスト、meth.が、セカンドアルバム『SHAME』とタイトル曲のビデオを公開

イリノイ州シカゴのエクスペリメンタリスト、meth.は本日、2024年2月2日にProsthetic Recordsからリリースされる2ndアルバムのタイトル「SHAME」を明らかにしました。

『SHAME』について、Seb Alvarezは、 「SHAMEは、私にとって特定するのが難しいレコードです。このアルバムに関わったすべての人に、集団的な犠牲を強いました。このアルバムから前作までの5年間は、精神的に疲れ果てました。でも、そこから生まれたものは、私たち全員が認める、これまでで最も強力な作品であり、サウンド的にもグループとしての私たちを最もよく表しているものです。すべてが、これまでに発表したどの作品よりもはるかに濃密で、自己破壊的で、内臓に響くもので、この作品を世に送り出すのが待ちきれません」

Rosaliが、Merge Recordsデビュー作「Bite Down」と、シングル「Rewind」を公開

ノースカロライナ出身のシンガー・ソングライター、Rosali MiddlemanことRosaliが、Merge Recordsのデビュー・アルバム『Bite Down』を3月22日にリリースすることを発表しました。このアルバムは、David Nance (ベース、ギター)、James Schroeder (ギター、シンセ)、Kevin Donahue (ドラム、パーカッション)と共に制作されました。RosaliとJamesは共同プロデュースとミックスを担当。

「2021年の秋にノースカロライナに引っ越してから、『Bite Down』の大半を書き始めました。このアルバムは、私の長年の故郷であるフィラデルフィアに別れを告げるなど、国をまたいだ2度の引っ越しをたどったものです。弾丸を噛み締めるということわざのような決意をしました。世の中に存在する肉と骨に歯を食い込ませ、行く手を阻むものを貪り尽くし、良いことも悪いことも含めて、提供されるものすべてを見事に味わうのです。もう1回、もう1回、もう1つの瞬間、もう1つの挑戦を」

最初のシングルは「Rewind」で、Rosaliが70年代のローレル・キャニオンのフォーク・ミュージックを瞬時に時代を超越した形で取り入れている素晴らしい例。「自分の時間を使ってすることを大切にしたいし、後悔を拒絶したい。困難な瞬間でさえ、知恵を明らかにし、成長を促すという点で価値があるのだから。人生の困難は、喜びや楽しみが目的でないのと同じように、軽蔑されるべきものではないと知っているから。現在に存在することで、私たちは人間としてより丸みを帯び、丸くなることができます。ロマンティックなものだけでなく、あらゆる形の愛、欲望、興奮が、私たちを次の日へと押し進めてくれるのです」

SFベイエリアのポップ・グループ、Torreyが、セルフ・タイトルの2ndアルバムを発表

SFベイエリアのテクスチャー・ポップ・グループ、Torreyは、セルフ・タイトルの2ndアルバムで、透明な夢の世界に深く分け入っています。クラシックなシューゲイザー、雨の日のインディー・ロック・サウンド、90年代のオルタナティヴ・ロックのテイストをより複雑な形に曲げ、バンドはギターを前面に押し出した楽曲で、穏やかな漂流とノイジーな躍進の間を行き来します。

Moon Kingが新作EP『Roses』のリリースを発表

プロデューサー、Daniel Benjaminによる別名、Moon Kingはカーテンを閉め、二度と部屋から出ません。冷たい青い光に包まれた心地よさ。ガラスの塔(花)の鑑賞、夜明け前の確信。これらの曲は、90年代半ばの「フューチャー・ミュージック」CDのループから生まれました。FMシンセと808が、彼の重ねたピッチド・ヴォーカルとともにパレットを構成。

Roses』は、2017年にブレイクしたシングル「In & Out」に続く、Moon KingとArbutus Recordsのパートナーシップの継続を示すもの。2010年代初頭、ダニエルはモントリオールの盛んなエレクトロニック・ミュージック・シーンに参加し、Grimes、Sean Nicholas Savage、Doldrumsのツアー・ミュージシャンとして活動する傍ら、自身の作曲とプロデュースを開始。2016年にデトロイトに移り住み、同市の活気あるダンス・ミュージックとDJカルチャーにどっぷり浸かると、すぐに自身のレコーディングに影響を与え始め、アンダーグラウンド・ディスコと爽快なシンセポップの特徴的なブレンドを採用。ファースト・シングル「Too Good To Be True」が本日公開されました。

Erika de Casier、ニューアルバム『Still』を発表

昨年、K-POPグループNewJeansのプロデュースに抜擢されたことで、デンマークのミュージシャン、Erika de Casierに多くの人が注目し、de Casierプロデュースの「Super Shy」は2023年のベストソングのひとつになりました。しかし、de Casierはここ数年、彼女の氷のように冷たいR&Bソングに磨きをかけており、最近では2021年にリリースされたフルアルバム『Sensational』に参加しています。

本日、彼女はニュー・アルバム『Still』を発表。このアルバムには、de Casierにとって初となる、尊敬すべきクルー(Blood Orange、Shygirl、They Hate Change)とのコラボレーションが収録されています。 リード・シングル「Lucky」は、ブレイクビーツを取り入れたドリーミーなピアノ・バラード。ビーチを一人で歩く初期のYouTubeクリップをオマージュしたビデオ付き。