Kairon; IRSE! – “an Bat None”

フィンランドはセイナヨキを拠点にするシューゲイズ、サイケロック・バンド Kairon; IRSE! が、新曲 “an Bat None” をリリースしました。こちらの曲は、2017年の ‘Ruination’ 以来となる3年ぶり3作目のアルバムとして9/11に Svart Records からリリースされる ‘Polysomn’ からの先行シングルになります。

Joensuu 1685 – “Light In The Heart Of Our Town”

ヘルシンキで2007年に結成され2008年にデビュー・アルバムをリリースしていたインディロック、スペースロック・トリオ Joensuu 1685 が、今年初頭にリリースしたシングル “Hey My Friend (We’re Here Again)” に続き、新曲 “Light In The Heart Of Our Town” をリリースし、12年ぶりの新作になるセカンド・アルバム ‘ÖB’ を、Gems Records から10/9にリリースすることも発表しました。

Zombi – “Breakthrough & Conquer”

コンポーザー/プロデューサーでシンセ、ギター、ベース担当 Steve Moore とドラマー A.E. Paterraによるピッツバーグのプログレッシヴ、クラウトロック、ハードロック、スペースロック・デュオ Zombi が、2015年の ‘Shape Shift’ 以来となる新作アルバム ‘2020’ が、Relapse Recordsから7/17にリリースされます。そしてそちらの作品から先行シングル “Breakthrough & Conquer” がリリースされました。

Sonic Boom – “Just Imagine”

最近では、Beach House の作品 ‘7’ をはじめとするプロデュースや、Panda Bear とのコラボレート、No Joy との共同作などなど、プロデュース、レコーディング、共演作が中心だった Spacemen 3 のメンバー Peter Kember によるソロ・プロジェクト Sonic Boom が、新作アルバム ‘All Things Being Equal’ を、6/5に Carpark Records からリリースします。ソロ・アルバムとしては、1990年に Spectrum 名義でリリースした作品以来、30年ぶりになります。その作品から先行シングル “Just Imagine” がリリースされました。

Death Valley Girls – “Dream Cleaver”

ロスアンジェルスを拠点にするガレージ、サイケ、プロトパンク・バンド Death Valley Girlsが、昨年リリースしたアルバム ‘Darkness Rains’ に続く新曲 “Dream Cleaver” を Suicide Squeeze Records からリリースしました。サックスやオルガンを交えたグラムポップ風な要素を交えた曲になってます。