Thought Gang – Woodcutters From Fiery Ships

David Lynch と Angelo Badalamenti が、Thought Gang が、90年代初期にセッションし幻の作品が発見され、Sacred Bones から11/2にリリースされます。作品には、12曲が収録されていて、フリー・ジャズ、インプロ、ノイズロック・テイストなサウンドにスポークンワーズが重なるものです。

Greg Jamie – “Inherit the Wind”, “This Life”

ブルックリンを拠点にするオルタナ・カントリー/フォーク・バンド O’Death のメンバーであるソングライター、ギタリスト Greg Jamie によるソロ・アルバム ‘Crazy Time’ を Orindal Records から1/19にリリースします。そしてそちらのアルバムから先行曲 “Inherit the Wind” と “This Life” が公開されています。トラッド・フォークに、アシッドサイケ、フリーフォークなテイストを交えたサウンドです。アルバムは彼の自宅のあるメイン州のポートランドで録音され、Caleb Mulkerin (Big Blood, Cerberus Shoal) によってマスタリングされました。

Rivener – “Noiren”

ドラマー Michael Kiefer と、ギタリスト Paul Belbusti によるニュー・ヘヴンのフリー、インプロ・デュオ Rivener が、セルフタイトルの新作アルバムを9/1に These Are Not RecordsTwin Lakes Records から共同リリースされます。そしてそちらのアルバムに6曲収録されたうちのひとつ “Noiren” を先行公開しました。ノーウェーヴ、ノイズ、フリー・ジャズ、サイケなどをインプロで展開するスタイルです。

Parlor Walls – “Play Opposites”

ブルックリンを拠点にするアヴァン・ロック/ジャズ、サイケロック・トリオ Parlor Walls が、フルアルバム ‘Opposites’ を Northern Spy Records から3/10にリリースします。そちらのアルバムから収録曲 “Play Opposites” が公開されています。ノーウェーヴ的なダークなサウンドと Alyse Lamb の妖艶かつモノトーンなヴォーカルが重なる曲です。

Storm Ross – “We Need To Be Fugazi Now, More Than Ever”

Skeleton Birds というバンドにも在籍するアナーバーを拠点にするギタリスト Storm Ross による新作アルバム ‘Welcome, Sunshine’ が、Satellite Records と Already Dead Tapes から10/14にリリースされます。アルバムでは、ドラムやサックス、そしてベースを担当するミュージシャンも参加した、フリージャズ・テイストなアヴァン・ロックをやっていて、アルバムより収録曲 “We Need To Be Fugazi Now, More Than Ever” が公開されています。

Supersilent – “13.9”

20年以上の活動歴になるノルウェーのドローン、フリージャズ・バンド Supersilent がなんと、Smalltown Supersound とサインをして新作アルバムをリリースするようです。初のレーベル移籍作となる通算13作目の新作 ’13’ から、収録曲 “13.9” のストリームが先行シェアされています。ギターやフルート?などの生楽器とエレクトロニクスも用いた、彼等らしく超絶なドローン・エキスペリメンタル・ジャズな曲です。アルバム ’13’ は、9/30にリリースされます。

The Writhing Squares – “Balloon To The Moon”

フィラデルフィアを拠点にする The Writhing Squares は、Kevin Nickles (Ecstatic Vision) と Daniel Provenzano (Purling Hiss) によるスペーシー・サイケ、ジャズ、フリージャズ、アヴァンポップ・デュオ。これまで、7インチやカセット作などを多数リリースしていますが、Siltbreeze からフル・アルバムをリリースします。アルバムよりループするリズムにジャズ・サックス、ヴォーカル、ガレージなどが混ざった “Balloon To The Moon” を先行リリースしています。アルバム ‘In The Void Above’ は、7/29にリリースされます。

Saqqara Mastabas – “Uto On The Upswing”

こちらの Saqqara Mastabas は、Fiery Furnaces の Matthew Friedberger が Sebadoh の Bob D’Amico と始めたプロジェクトで、彼らがリリースするデビュー作 ‘Libras’ から、収録曲 “Uto On The Upswing” のストリームがシェアされました。フリージャズ、チャンバーポップなどにエレクトロニックなブロークン・ビーツをミックスさせたインスト・サウンドです。アルバム ‘Libras’ は、6/3に Joyful Noise からリリースされます。

Pill – “Hot Glue”

ニューヨークを拠点にし、前作EPを Paraquet Courts 主宰の Dull Tools からリリースしていたポスト・パンク・カルテット Pill が、Mexican Summer とサインをして新作シングルをリリース致します。Aサイドに収録の “Hot Glue” のストリームがシェアされており、バンドの特徴であるサックスと女性ヴォーカルが主張する曲です。新作シングル ‘“Hot Glue” b/w “A.I.Y.M?”’ は、Mexican Summer から10/30にリリースされます。

Natural Information Society & Bitchin Bajas – “Anemometer”

Town And Countryのメンバーなどで知られる Joshua Abrams率いるサイケ/ジャズ/ドローン・バンドNatural Information Societyと、サイケ/アンビエンス・グループ Bitchin Bajasとのコラボレート・アルバムがリリースされるようです。”Anemometer” は、アルバムからの先行曲で、オーガニックでスペーシーな両者の要素が融合したスピリチュアルな世界を作り出しています。アルバム ‘Automaginary’ は、Drag Cityから8/28にリリースされます。

assocbutt_gr_buy._V371070192_