Maurice Louca – “The Leper”

エジプトのコンポーザーで、The Dwarfs of East Agouza のメンバーとしても作品を残している Maurice Louca が、新作アルバム ‘Elephantine’ を、Northern Spy Records から2/1にリリースします。アルバムは、フリー・インプロヴァイゼーション、ジャズ、中東/北アフリカの民族音楽などを取り込んだ作品で、イタリア、イラク、スウェーデン、トルコそしてデンマークのミュージシャン達と録音されました。そちらの作品から収録される “The Leper” が先行公開されています。

The Green Child – “Traveler”

プロデューサーとしても多忙な Mikey Young (Eddy Current Suppression Ring, Total Control, Lace Curtain) と Raven Mahon (Grass Widow, Bridge Collapse) によるプロジェクト The Green Child が、Upset The Rhythm から1/12にフル・アルバム ‘The Green Child’ をリリースします。そしてそちらのアルバムから収録曲 “Traveler” を公開しました。遅めの4/4ビートに、浮遊感あるシンセ、アジアン・テイストを交えたミッドファイ、サイケポップ。アルバムには、Al Montfort (Terry, Total Control) も参加しているようです。

Art Feynman – “Monday Give Me Monday”

カルフォルニアのミュージシャン Art Feynman が、今年リリースしたデビュー・アルバム ‘Blast Off Through The Wicker’ に続き、新作EP ‘Near Negative’ を Western Vinyl から12/15にリリースされます。そしてそちらのEPから先行曲として “Monday Give Me Monday”” が公開されました。今回もサイケポップにクラウト、サーフ、フォーク、ダブ、オリエンタルなどをミックスしたミニマルポップです。

Khruangbin – “Maria También”

2015年にデビュー・アルバム ‘The Universe Smiles Upon You’ をリリースしていた、60年代、70年代のタイのソウルやサイケ・サウンドに影響を受けたヒューストンのバンド Khruangbin が、新作アルバム ‘Con Todo El Mondo’ を Dead Oceans から1/26にリリースします。そしてそちらのアルバムからファースト・シングル “Maria También” が公開されました。

ZoZo – “A Bitter Gourd”

リーズを拠点にするエキゾ・アートパンク・バンド ZoZo が、新曲 “A Bitter Gourd” をリリースしました。カリプソやジャス、アフロ的な要素を交えたポストパック・ポップ。こちらの曲も収録した新作EP ‘A Bitter Gourd’ が、Hatch Records から11/10にリリースされます。EPのプロデュースは Hookworms の MJ が担当しています。

Xylouris White – “Only Love”

リュート奏者 George Xylouris と Dirty Three のドラマー Jim White によるコラボレート・ユニット Xylouris White の昨年リリースしたアルバム ‘Black Peak’ に続き、通算3作目のアルバム ‘Mother’ を1/19に Bella Union からリリースします。そしてそちらのアルバムから先行シングル “Only Love” をリリースしました。

Flamingods – ‘Kewali’

バーレン出身、ロンドンを拠点にするサイケデリック、アフロ・バンド Flamingods が新作EP ‘Kewali’ を Moshi Moshi からリリースしました。今回もサイケデリックなサウンドに、パーカッシヴでエキゾチックなサウンドを交えたサウンドで、ディスコパンクな要素もあり。

Kewali

ARTIST : Flamingods
TITLE : Kewali EP
LABEL : Moshi Moshi
RELEASE : 5/26/2017
GENRE : psych,afro,exotic
LOCATION : London

TRACKLISTING :
1 Mixed Blessings
2 Bhima
3 Kewali
4 Mixed Blessings (Club Mix)

Bamboo – “Wake Up Your Heart”

Nick Carlisle (Peepholes) と Rachel Horwood (Trash Kit) によるロンドンのデュオ Bamboo の最新曲 “Wake Up Your Heart” のストリームがシェアいたしました。こちらの曲は、2015年にリリースした ‘Prince Pansori Priestess’ に続き、 Upset The Rhythm からリリースされる新作アルバム ‘The Dragon Flies Away’ からの先行シングルになります。今回もオリエンタルな雰囲気のアンビエント・サイケ路線ですが、前作より生音が増えパワフルにトライバルなサウンドが強化されています。

Adele H – ‘Civilization’

イタリアン・シンガー、ミュージシャン Adele H が、Obsolete RecordingsPsychic Sounds から新作アルバム ‘Civilization‘ をリリースしました。アコースティック・ビーツ、生音ループなどに、民族的なサイケ・サウンドと彼女のゴシック調ヴォイス、ヴォーカルで構成した内容です。

Lost Animal – “Too Late To Die Young”

メルボルンを拠点に活動するアーティスト/シンガー Jarrod Quarrell によるエレクトロ・ファンク・ポップ・プロジェクト Lost Animal が、2013年に Hardly Art からリリースされたデビュー・アルバム ‘Ex Tropical’ 以来となる新作アルバム ‘You Yang’ を、Captured Tracks/Dot Dash から10/21にリリースします。そちらのアルバムから、収録曲 “Too Late To Die Young” のストリームがシェアされました。ダブハウスやラテン的な要素を交えたサイケサウンドと、Nick Cave 的なヴォーカルを加えた曲です。

1 2 3 6