The Third Sound、ニューアルバム『Most Perfect Solitude』を発表、シングル「Another Time, Another Place」を公開

ベルリンのサイケ/ポスト・パンク・バンド、The Third Soundが本日、6枚目のスタジオ・アルバム『Most Perfect Solitude』を発表、リード・シングル「Another Time, Another Place」を公開しました。このアルバムは4月26日にデジタルリリースされ、5月17日にレコード/CDでリリースされます。

このアルバムについて、ギタリスト/ヴォーカリストのHákon Adalsteinssonは次のように語っています:「『First Light』の大々的なツアーと、昨年リリースした『Fuzz Club Session』LP(ある意味、キャリアを網羅した回顧的なドキュメント)の後では、このアルバムはまっさらな状態からスタートしたような気分です。いくつかの曲には、以前にはなかった温かみがありますが、それでも光と影の間を揺らめいていて、まるでBrion Gysinの『Dreamachine』のスローモーション・オーディオ版のようです」

「Another Time, Another Place」はその典型。寂しげな憧れが歌詞の中に浸透しているようですが、この曲はおそらくThe Third Soundが最も輝きを放っている曲で、きらめくジャングル・ポップ・ギターと爽やかなメロディーが特徴です。ドライブする12弦のリズムとギターのメロディーは、60年代の影響を受け、メランコリックなヴォーカルとは対照的に、ほろ苦くノスタルジックな雰囲気を醸し出しています。

youbetがニュー・アルバム『Way To Be』発表、「Seeds of Evil」を公開

5月10日、ソングライター、Nick Llobet率いるブルックリンのバンドyoubetが、新作アルバム『Way To Be』をリリースします。このアルバムには、先にリリースされたシングル曲「Carsick」、「Vacancy「、「Peel」、そして自己批判をテーマにした「Seeds of Evil」が収録されています。『Way To Be』の全曲は、Nick Llobetが作曲・プロデュース、Adam Brisbinがミックス、Macro SoundのAmar Lalがマスタリングを担当。

Callan Thomas監督による「Seeds of Evil」の催眠術のようなオフィシャル・ビデオをご覧ください。youbetのバンド・メンバーであるMicah PrussackとJoanna Quinn、そして大勢の友人たちと共にLlobetが出演するこのビデオは、ニューヨークのブルックリンで撮影されました。

この曲は、ひび割れた歪んだギターのコードで始まり、よりゆったりとした、フォーキーで、非常に曲の良いインディー・ジャムに落ち着きます。甘く歌い上げるヴォーカルとそれに伴うハーモニーに導かれ、ギターのリリック、エレクトリック・ピアノの装飾、そしてソロのブレイクが、この曲を一つの場所に長く留まらせないようにし、その結果、予測不可能であると同時にキャッチーなカットに仕上がっています。

Zero Point Energy、アルバム『Tilted Planet』を発表、「Over My Head」を公開

2016年、Warehouseが解散しましたが、Ben JacksonとGenesis Edenfieldの2人がニューヨークで音楽的友情を取り戻し、Zero Point Energyを結成。本日、彼らはデビュー・アルバム『Tilted Planet』を発表。「Over My Head」は、Ian Fariaが監督したビデオ付きでリリース中。

「この曲は、7年ほど前に私が初めてギターで書いた曲のひとつです。私は本当に素晴らしいラブソングを書こうとしていました。ローキー・エリクソンの “For You” を考えていました。何年もかけて、この曲は私の中で意味が変わりました。愛、特に理想化というものをどう見ているのか、ほとんど恥ずかしく暴露しているような曲なのですが、ただ良い曲なので残すことにしました」

Fariaは、「この曲のイメージは以前から頭の中にあったんです。ホラー映画に出てくるようなシナリオですが、この場合はミステリアスで広がりのある愛を描いています。このバンドと私は、幽体離脱やX-ファイル関連の美学に興味があるという点で、すでに重なっていたので、あとは自然にうまくいきました」

Vulture Featherが新作EP『Merge Now In Friendship』を発表、新曲「Friendship」を公開

Vulture Featherがデビュー・アルバム『Liminal Fields』に続いた新作EP『Merge Now In Friendship』を発表し、新曲「Friendship」を公開しました。

Vulture Featherは、Wildernessとポスト・ハードコアのDon Martin Threeのメンバーからなる、北カリフォルニアの山奥出身の型破りなトリオ。彼らの『Merge Now in Friendship』は、死と無常についての作品。それは嘆きでも宣言でもありません。このEPを構成する3曲に共通するのは、起こる出来事や現象、人、夢、歌、そして世界さえも、すべて一過性のものであるということ。私たちはみな死ぬのです。 いつか跡形もなくなるのです。この真実こそが、美を可能にするのです。すべてのものの無常は、存在の本質の見かけの側面です。この本質こそが、私たちの経験に無限の開放性を与えているのです。究極的には、それが私たちのすべてなのです。音楽は、この不可解で崇高な本質の言語です。

Inter Armaがニューアルバム『New Heaven』を発表、タイトル曲を公開

Inter Armaのニュー・アルバムがついに完成。いくつかの遅れとラインナップの変更を経て、この筆舌に尽くしがたいメタル・バンドは、5年ぶりとなる正式なアルバムを発表しました。アルバム名は『New Heaven』で、4月26日にRelapseからリリースされます。ドラマー/ソングライターのTJ Childersはこう語っています:

「New Heavenは、臨死体験、複数のメンバーチェンジ、そしてもちろん世界的なパンデミックなど、4年分の逆境の集大成です。このアルバムは、私たちの音楽的な新しい章を示すもので、私たちは自分たちのソングライティングを、これまで探検したことのないような場所に持っていったと感じています。狂気から比較的無傷で抜け出せたことに興奮しているし、時に同質的なエクストリーム・ミュージックのコミュニティで際立つような、完全にユニークなものを作り上げたと感じています」

ギタリストのTrey Daltonはこう続けています。「このアルバムは、もしかしたら以前の作品よりも、私たちが成し遂げようとしていることをより完全に表しているかもしれません。バラバラの音楽的背景や視点から来た男たちが作った音楽であることに変わりはないけれど、より集団的で明確な目的意識を持っています。方向性がはっきりしているというか。あなたの好みは分かれるかもしれませんが、私たちはとても気に入っています」

ファースト・シングルは7分半のタイトル曲で、エクストリーム・メタル界の様々な隅々を、Inter Armaらしい方法で駆け巡っています。

Orbury Commonがデビュー・アルバム『Sylvan Chute』を発表、新曲「The Resident」を公開

ブリストル/ストラウドを拠点にするEmlyn BainbridgeとJosh Day-JonesbによるOrbury Commonは、『The Traditional Dance of Orbury Common EP』(PRAH Recordings、2022年)に続き、デビュー・アルバムの詳細を発表。『Sylvan Chute』は6月7日にPRAH Recordingsからリリースされる予定で、彼らが思い描く世界のパノラマ的な概観、個別的でありながら織り成された一連のヴィネット、抽象的なメロドラマの音楽地図。

『Traditional Dance…』の歪んだクラブ・パルスから一転、土臭い(そして得体の知れない)シンセ、デフォルメされたサンプル、ぐちゃぐちゃになったドラム・ビートが、琴、フルート、オルガン、ギターのアンサンブルと合体した、倒錯したポップ・ソングやシュールなバラードが登場。

Orbury Commonのサウンドの変化は、アレンジの中心に置かれた2人のヴォーカルの導入によって最も強調されており、彼らの夢の世界に新たな、生気に満ちた、親密な生命をもたらしています。曲の主題は、クロムメッキでコーティングされた中世の寓話から、堕落した風景、さらには技術的に不運なロマンスまで。光と闇、壮大さと優しさの瞬間があり、何か、誰か、どこかへの憧れという玉虫色の糸で結ばれています。

Mo Troperがニューアルバム『Svengali』を発表、新曲「Billy Joel Fanclub」を公開

Mo Troperが5月3日にLame-O Recordsからリリースするニューアルバム『Svengali』を発表しました。このアルバムは、昨年のJon Brionのカヴァーアルバムに続く6枚目のオリジナル・アルバム。

Svengali』からのファースト・シングルは、「Billy Joel Fanclub」。

「この曲は、ジョエルの『The Nylon Curtain』の叙事詩 “Goodnight Saigon” を引用した唯一のラブソングかも。子供の頃、食卓でビートルズの話をするのは文字通り禁止されていました。地下室かヘッドフォンでしか音楽を聴けませんでした。その結果、何かに熱中しているのがわかると、とても恥ずかしくなります。物事に興奮していることを常に謝っています。Billy Joel Fan Clubは、自分と同じ趣味を持ち、熱意を育んでくれる人と恋に落ちるという話です。これは実話で、ビリー・ジョエル・ファンクラブというものを設立し、私に参加を求めた人の話です。それを丸く収めるために、1967年のポール・マッカートニーの曲そっくりにしてみました」

Anastasia Coopeがデビューアルバム『Darning Women』と新曲を公開

シンガー・ソングライターのAnastasia Coopeが、デビュー・アルバム『Darning Woman』をJagjaguwarと契約して5月24日にリリースする。(Pitchforkの創設者Ryan Schreiberの新しいアーティスト・マネージメント会社との最初の契約でもあります)。 アルバムは彼女自身がプロデュース。

「このアルバムは、私が音楽について空間的に考え始めたものなのです」

Grace Conradが監督したビデオは、この曲にぴったり。

Les Savy Favが14年ぶりのアルバムを発表、「Guzzle Blood」を公開

1月にサプライズでカムバック・シングルを発表したLes Savy Favが、14年ぶりとなるアルバム『OUI, LSF』を発表しました。このアルバムは5月10日にFrenchkissからリリースされる予定。バンドは、フロントマンのTim Harringtonが所有するブルックリンの屋根裏部屋、彼が言うところの「フリーキーな納屋」でアルバムを制作。彼は、「このアルバムは、文字通り、そして比喩的に、有機的に成長した」と付け加えています。

このアルバムには最近のシングル「Legendary Tippers」が収録されており、2曲目のダークで煮えたぎるような「Guzzle Blood」は、旧友のChristy Karacas(Cheeseburgerのギタリスト)とLuca Depardonによるアニメーション・ビデオ付き。「OUIの最初の曲であるLSFの “Guzzle Blood” は、暗い井戸の底にあなたを落とします」とTim Harringtonは言います。

Stars Of The LidのAdam Wiltzieが、新作ソロ・アルバム『Eleven Fugues For Sodium Pentothal』を発表

作曲家(Stars Of The Lidの共同創設者でもある)Adam Wiltzieによる最新の組曲は、ブリュッセルから北へ移動し、フランダースの田舎町で制作されました。このアルバムは、美と廃墟の間で永遠に解決されない悲鳴を上げながら、忘却の魅力を独自に喚起し、回避しています。Wiltzieは、タイトルにもなっているバルビツールをミューズであり、神聖な逃避先として挙げています。

「人生という感情的な肉挽き機に毎日正面を向いて座っているとき、私はいつも、ただ自動的に眠りに落ちることができるように、そしてその感覚がもうそこにないように、バルビツールがあればいいのにと思っていました」

Eleven Fugues For Sodium Pentothal』は、Wilzieの自宅スタジオで録音され、ブダペストの旧ハンガリー国営ラジオ施設(Magyar Radio)でストリングスを加えたトラックは、親密さと同時に無限の広がりを感じさせ、内なる空間で垣間見える景色を展開。イギリスのドローン・ロック・アイコン、LoopのRobert Hampsonがミックスを担当し、映画のような広がりと斜に構えた催眠の感覚を音楽に与えています。これらは、文字通りのクラシック音楽的な意味でのフーガと同様に、不確かな記憶と空間的なズレにまみれたエピファニーであり、無意識から引き出され、高揚させられたフーガの状態なのです。