villagerrrがニュー・アルバムを発表、新曲「Neverrr Everrr」を公開

villagerrrがニュー・アルバム 『Tear Your Heart Out』を発表し、レーベルメイト、Merce Lemonをフィーチャーした新曲「Neverrr Everrr」を公開しました。

2022年はScottにとって例外的に多作な時期となった。彼は3枚のアルバム「Brain Pain」、「Ohioan」、「Like Leaves」とEP「Something or Somewhere Else」をリリースした。これらのリリースはすべて、Bandcampやストリーミング・サービスに静かにアップロードされたものだったが、彼がこれらの曲をライブで演奏するようになると、彼のサークルを超えて共鳴し始めた。「Like Leavesがリリースされた後、Merce Lemon、Feeble Little Horse、Greg Freemanなど、僕にインスピレーションを与えてくれたたくさんのバンドと一緒にライヴをやるようになったんだ。「ライヴの後、すぐに曲を書き始めたんだ。レモンに制作中の新曲 “Neverrr Everrr”を送ったところ、彼女の熱烈な反応に触発され、彼は自分自身をプッシュし、アーティストとして成長することを決意した」

「このライヴの直後から、僕はもっと曲を書いていた」とScottは言う。「彼女に “Neverrr Everrr” を送ったら、彼女が歌ってくれた。それで、残りの曲を書き上げる気になったんだ」。自分より数歩先にいて、自分のアートを励ましてくれるアーティストに出会うことは、とても有効なことなんだ」。『Tear Your Heart Out』は “Neverrr Everrr “で幕を開け、優しくシャッフルするビートに支えられた温かい曲だ。ScottとLemonは “Come and look at what you’ve done / Let me know when it’s all done” というコーラスでハーモニーを奏でる。この曲は、繊細にアレンジされている点でも、微妙な対人関係を主に扱っている点でも、他の10曲の北極星の役割を果たしている。このアルバムは、人がいかに傷つけ合うことができるか、そしていかに許し、前に進むことができるかを歌っている。

Planning For Burial – “Murderer”

Lowの作品を讃えるFlenserのコンピレーション『Your Voice Is Not Enough』の一部。

『Your Voice Is Not Enough』は、ローへの心からのトリビュート。これは、Planning For BurialのThom WasluckとThe Flenserとの会話から生まれました。ローのディスコグラフィーのニュアンスの美しさに触発され、好きなアルバムのランキングについて語り合うことから始まったこのコンピレーションは、私たちFlenserのアーティストや友人たちとの共同作業へと発展しました。惜しむらくは、このコンピレーションがミミ・パーカーの悲劇的な逝去の前に形になったことです。音楽界に多大な影響を与えた彼女を讃え、私たちはこのアルバムを彼女の思い出に捧げます。

このトリビュート・アルバムには、Cremation Lily、Holy Water、Midwife and Amulets、Drowse featuring Lula Asplund、Kathryn Mohr、Planning for Burial、Have A Nice Life、Allison Lorenzenなど、Flenserのアーティストや友人たちによる8曲のカバーが収録されています。

Allison Lorenzen – “Words”

Lowの作品を讃えるFlenserのコンピレーション『Your Voice Is Not Enough』の一部。

『Your Voice Is Not Enough』は、Lowへの心からのトリビュート。これは、Planning For BurialのThom WasluckとThe Flenserとの会話から生まれました。Lowのディスコグラフィーのニュアンスの美しさに触発され、好きなアルバムのランキングを話し合うことから始まったこのコンピレーションは、Flenserのアーティストや友人たちとの共同作業へと発展しました。惜しむらくは、このコンピレーションがMimi Parkerの悲しい逝去の前に形になったことです。音楽界に多大な影響を与えた彼女を讃え、私たちはこのアルバムを彼女の思い出に捧げます。

このトリビュート・アルバムには、Cremation Lily、Holy Water、Midwife and Amulets、Drowse featuring Lula Asplund、Kathryn Mohr、Planning for Burial、Have A Nice Life、Allison Lorenzenなど、Flenserのアーティストや友人による8曲のカバーが収録されています。

Allison Lorenzenはコロラド州南部出身のミュージシャン。ダークウェイヴ・ドリームポップ・サウンドを持ち味とし、ミニマルなアプローチで鋭敏なノイズポップと痛々しいスローコアを探求。2021年にWhited Sepulchre Recordsからリリースされたソロ・デビュー・アルバム『Tender』は批評家から高い評価を獲得。特筆すべきは、Allison LorenzenとMidwifeによる、ブッシュの1994年のヒット曲 “Glycerine” の2023年のカヴァー。

Cigarettes After Sex – “Motion Picture Soundtrack”

Cigarettes After Sexは本日、Kid AからRadioheadの「Motion Picture Soundtrack」のカヴァーをリリースしました。このトラックは、死と死後の世界に関するRadioheadのディストピア的な瞑想を、Cigarettes After Sexの特徴となっている、幻想的でロマンチックなドリーム・ポップで彩ったものです。また、この曲はバンドにとって、全プラットフォームでの総ストリーミング数が30億回を突破し、ニューヨークのフォレスト・ヒルズ・スタジアム(13,000人収容)を含む、これまでで最大のヘッドラインツアーを完売させた1年の締めくくりでもあります。

Greg Gonzalezは、このカバーがどのようにして生まれたかについて少し話してくれました:

「1997年のライヴで録音された、ソロヴォイスとギターだけのヴァージョンを初めて聴いたときのこと。私たちのバージョンは、歌詞にある美しい悲しみとロマンスに焦点を当て、何とかその感覚をとらえたいと思いました。実はこの曲は2015年に”Affection”や”Keep On Loving You”、”Neon Moon”のカヴァーと同じ日にレコーディングしたのですが、どういうわけか今に至るまでリリースすることが完全に正しいとは思えませんでした。

幸運なことに、この曲は何年もの間、私にとってより個人的なものになり、ようやくリリースできて本当に嬉しい…」

Bedlocked & Teethe – “All Over Again” b/w “Moon”

Saddle CreekのDocumentシリーズ第19弾は、BedlockedとTeetheの2つのバンド。

TeetheとBedlockedは、テキサス州が常に大量に持っているスプロールにおける不屈の強さを音で表現したもの。BedlockedはJ.Zach Gomezが作曲し、Teetheはテキサス全土から集まったスローコア・バンド。

sinai vessel – “Birthday”

今年初め、ノースカロライナ州アッシュヴィルを拠点に活動するミュージシャン、Caleb Cordesのプロジェクト、Sinai Vesselが “パラノイアと歯がゆい不安”を歌った “Tangled” を発表。そして今日、彼らは “Birthday” を発表。フィラデルフィアのアンビエント・アーティスト、Jason Calhounによるドローンと鍵盤、そしてJodiのNick Levineによる仕上げ。

「”Birthday” は、新しいLPの中で本当の成功を収めたと感じられる最初のトラックでした」とコーデスは述べている。彼は、「以前リリースされたどのデモも、単にアルバム・バージョンとして再パッケージされるのに最も近いものでした。数ヶ月の作業の後、コラボレーションの冒険の結果としてようやく開花し、私はその中にこのアルバムの残りの部分の舞台となる次元を見つけたのです」

Cindy – “Likely Story​/​Saw It All”

これまでは『Why Not Now』の限定盤に付属していた7インチのみ。

Likely Story:
この曲は、友情について考えているうちに生まれた曲です。

Saw It All:
気候の大災害があちこちで起こり、人工衛星が夜空を変えてしまう中、歌手の愛は川が枯れるまで続き、星座よりも永遠であるという古いラブソングには皮肉が込められています。そして、歌は一瞬の儚さであると同時に、古くからあるものの繰り返しでもあるのです。

Quién es Geronimo – “Gospel”

“Gospel” は、”Songs To Heal”という2曲からなるコンセプトの一部で、私が住んでいたベルリンで個人的に辛い時期を過ごしていた時に思いついた。私が住んでいた物理的・感情的な場所に安らぎを感じられず、激しい失恋を経験した。この曲は、私がレコーディング中に感じた場所を包み込もうとしている。時系列的に言うと、”Levedad”(A-Side)は “Gospel”(B-Side)の後に起こる経験で、パートナーに少し距離を置いている。- Tomás Novoa Mendizabal

URGES & parallel – “PAGES”

URGESはスロヴァキア、トルナヴァのベッドルームから生まれたソロ・プロジェクト。Patrikの陰鬱でギザギザした音楽は、ポストパンクスナップショットとして消化され、再構成された、巧みにブレンドされた日常のつぶやきや感情の融合です。

URGESは、絶望、無気力、そしてその間にある多くのものを捉えることに成功しています。彼は周囲の環境とチャンネルを合わせ、アイデンティティと破れについてのカタルシス溢れる物語を語っています。

1 2 3 15