TWÏNS – ‘Peace : Anatman’

TWÏNSは、ベルリン在住のアーティスト、Miro Denck(ミロ・デンク)のプロジェクトです。本日、彼が Earth Librariesから発売するアルバム ‘The Human Jazz’ からのリードトラック “Peace” を公開しました。このニューシングルと同時に、TWÏNSはB面の “Anatman” も公開しています。’The Human Jazz’ のマスタリングは Carl Saff、プロデュース+エンジニア+ミックスは Miro Denckが担当している。TWÏNSは、”Peace” について次のように述べています。

「正直言って、この曲は、別れと無常に取り組もうとすることを中心に展開するレコードの中で最も親密な曲の一つで、そのため、私が最も弱さを感じて録音した曲であることは確かです。これは自己療法以外の何物でもなく、また、現実にはできないことを歌という手段で誰かとコミュニケーションを取ろうとしたのです。そして、実際にそのコミュニケーションを先延ばしにしている。ある意味、誰かに手紙を書いて、できるだけ美しく、正直なものにしようと全力を注いだのに、結局送れなかったというようなことかもしれません。それはすでに肩の荷が下りるようなもので、聴くたびにそうして、私の嘆きや言い訳や希望をマントラのように繰り返していたのです。

この曲も他の曲と同様、録音とプロデュースをすべて自分で行いました。その意味で、この作品は私にとって、これまで一人で音楽を録音してきたのと同じように、安全な空間に引きこもり、完全に心を開くというものでした。言いたいことを言うために探していた言葉を見つけるまで、実験と試行錯誤を繰り返したが、ほとんどの場合、それは浄化のようなもので、自分の周りの世界と自分の中の世界をより近くに感じ、愛と人生をより近くに感じるような、精神的な体験だ。」

彼は、リスナーがこの曲から次のようなことを感じ取ってくれることを願っています。

「それが何であろうと、それが何であろうと。私は、人々がアートをどのように受け止めるべきかを語ることはないと信じています。それはとても主観的な経験です。どんな形であれ、彼らがつながり、生きていると感じられる何かを与えてくれることを願うよ。」

愛という概念は私たちが誤解している
しかし、もし私が本当に努力すれば、たぶん私は最後の方にそれを得るだろう
美しいポリリズムでジャミングする鼓動
もし私たちが耳を傾けることを拒否するなら、私たちは自分自身を否定する
私が平和を作ろうとするとき、私の魂はどこにありますか?
私は本当なのか、間違っているのか、それともその中間なのか
お願いだから…?
生命は川であり、私たちは上流に向かって泳ごうとする
お、私は姉を失った、私は自尊心を失った
今、私は精神的に成長しようとしているし、末端より上に手段を置く
愛とは最も美しい意味で諦めることだから
私の魂をなだめられない、ああ、私は平和を作ろうとする
何も正しくないし、何も間違っていない。その間には何かがあるだけだ。
お願いだから…?

Pillars and Tongues – “Great / Most Secret”, “The Miracle”

2008年から2010年にかけて、Pillars and Tonguesのライブをご覧になった方は、おそらく2つの長い曲で構成されたセットを聞かれたことでしょう。それは、”Great / Most Secret” と “The Miracle” という曲です。

この2曲は、2009年に Bonnie “Prince” Billyとの長期にわたるツアーからシカゴに戻った際に録音されたもので、2010年に発売されたアルバム ‘Lay of Pilgrim Park’(Empty Cellar)に続く曲になるはずでした。しかし、運命的なことに、様々な理由でこの曲は棚上げされてしまった。

ある意味では、Pillars and Tonguesが一緒に作ったものの中で、この曲以外のものはほとんど重要ではありません。彼らはこの曲を「バーム・ソング」「ブラッド・ソング」などと呼んでいた。

彼らはこの曲がどのようにしてできたのか、今となっては確かな記憶がない。ニューメキシコのリビングルームやコミュニティセンター、シカゴの古い電線工場、カナダ西部の古くて大きな劇場、平野部や両海岸の画廊や喫茶店、バーなどで、週に何時間も歌い、演奏して、曲ができるまで演奏し続けた。フランスの劇場、スペインのバー、ポルトガルのお城でも上映された。そして、シカゴの大きな窓のある部屋で、雷雨の中で演奏し、プロデューサーの Mike Usrey がそれを撮影した。

この2つの曲は、長い間ドライブしていました。そして、長い間、静かに眠っていました。そして今、彼らはここにいる。なぜ今なのか?私たちにはわかりません。これは特定の何かと一致しているわけではなく、特定の何かから進行しているわけでもありません。これらの曲は今来ている。それはただの時間です。

Microwolf – “Mara”

アムステルダムを拠点にするミュージシャン、シンガー Benjamin van Vliet によるエキスペリメンタル、フリーフォーク・プロジェクト Microwolf が、新作アルバム ‘My Cauliflower Ears’ を Lost Tribe Sound から8/21にリリースします。そちらから先行シングル “Mara” と “Emaho / Colour” が、先行公開されています。


Dire Wolves – “I Control the Weather”

サンフランシスコを拠点にするサイケロック、スペースロック、フリーロック・バンド Dire Wolves が、通算4作目になる新作アルバム ‘Grow Towards the Light’ を、6/28に Beyond Beyond is Beyond Records からリリースします。バンドは、Jackie O’ Motherfucker や Black Forest Black Sea などのメンバーから構成され、アルバムはオークランドで2日間で録音されたようです。そしてそちらの作品から収録される “I Control the Weather” が先行公開されています。

C.J. Boyd – “People / Halfsleeper”

Kurva Choir, Desert Center, Rhonya, そして Move といったプロジェクトで活動してきているテキサスのベーシスト、コンポーザー C.J. Boyd が、新曲 “People / Halfsleeper” をリリースしました。こちらの曲は、Dilute と Chelsea Wolfe のカバー曲になり、作品には、Marty Anderson, Kyle Fields (Little Wings), Chelsea Wilde, Kenseth Thibideau, Jordan Morton, Jewel Greenberg, Scott Siler, John Horner, T.J. Borden, Christine O’Keefe, Isaac Takeuchi, Shanna Sordahl, Dominique Aneeka といった面々が参加したフリーフォーク、サイケデリック、チャンバー、アンビエントなどを交えた曲となっています。そしてこちらの曲も収録したカバー曲を51曲収録した4枚組CDアルバム ‘Kin Ships’ が、Joyful Noise Recordings から2/8にリリースされます。

Katrina Stonehart – “You Already Know”

ブルックリンを拠点にするミュージシャン Drew Gibson (Baby Birds Don’t Drink Milk, Solid Melts) によるソロ・プロジェクト Katrina Stonehart が、新作アルバム ‘Here Is Everywhere’ を、11/9に Fire Talk からリリースします。そしてそちらの作品から収録される “You Already Know” を先行公開しました。フリーフォーク、ベッドルームサイケ、シューゲイズなどをミックスした感じの曲です。

Charalambides – “True Love”

90年代初頭から活動する、Tom and Christina Carter によるヒューストンのサイケデリック・フォーク・デュオ Charalambides は、これまでに Siltbreeze, Kranky そして Wholly Other といったレーベルからや、ソロ作品などを多数リリースしてきましたが、Charalambides として久々のアルバム ‘Tom And Christina Carter’ を、10/12に Drawing Room Records からリリースします。そしてそちらから先行曲 “True Love” を公開しました。

Birds of Passage – “The Love Song”

ニュージーランドの Alicia Merz によるアンビエンス、ドローン・フォーク・プロジェクト Birds of Passage が、2014年にリリースしたサード・アルバム ‘This Kindly Slumber’ 以来となる新作アルバム ‘The Death of Our Invention’ を4/6に Denovali Records からリリースします。そしてそちらのアルバムから先行曲 “The Love Song” が公開されています。

Ashley Paul – “Night Howl”

アメリカン・コンポーザーで、最近はロンドンを拠点にする Ashley Paul が、新曲 “Night Howl” をリリースしました。こちらの曲は長女を出産した2016年、その年の暮れにスペインのサラゴサにある多目的スペースにてレコーディングをしたそうで、クラリネット、ギター、サックス、チューバ、チェロ、そしてパーカッションなどで構築した音響フォーク・サウンドに彼女のヴォーカルが加えられたものです。そしてこちらの曲を収録した新作アルバム ‘Lost In Shadows’ が、4/5に Slip レーベルからリリースされます。

1 2 3 7