Danny Elfman – Big Mess

ARTIST : Danny Elfman
TITLE : Big Mess
LABEL : Anti- Records
RELEASE : 6/11/2021
GENRE : artrock, altpop
LOCATION : Los Angeles, California

TRACKLISTING :
1.Sorry
2.True
3.In Time
4.Everybody Loves You
5.Dance With The Lemurs
6.Serious Ground
7.Choose Your Side
8.We Belong
9.Happy
10.Just A Human
11.Devil Take Away
12.Love In The Time Of Covid
13.Native Intelligence
14.Better Times
15.Cruel Compensation
16.Kick Me
17.Get Over It
18.Insects

商品カテゴリー: 商品タグ: , , , ,

ロスアンジェルスを拠点にするミュージシャン Danny Elfman が、37年ぶりのソロ・アルバム ‘Big Mess’ をリリース。

‘Big Mess’ は、Elfman が30年以上ぶりに発表したソロアルバムですが、元に戻ったわけではありません。グラミー賞やエミー賞を受賞した作曲家が、作曲家としても演奏者としても大胆な新境地を開拓しています。歪んだエレクトリックギター、産業用シンセサイザー、オーケストラなどのディストピア的なパレットを用いて、4年間の忍び寄るファシズムと市民の腐敗によってもたらされた悪魔を祓う努力をしています。

ここに収録されている曲は、Nine Inch Nails, から David Bowie、 XTC などを思い起こさせ、現代世界の混沌と混乱を解決するために、高密度で調和のとれた複雑なアレンジと、痛烈で辛辣なウィットのバランスをとっています。Elfman は、隔離されている間にレコードのほとんどすべてを書き上げました。その怒り、フラストレーション、孤立感は、彼の表現からも伝わってきますが、’Big Mess’ は単に蒸気を吹き飛ばすだけのものではありません。自分の感情に真摯に向き合い、制限なく作曲するためのスペースを作ることで、Elfman はこのアルバムで、何十年も逃してきた芸術的な解放を達成し、その過程で自分の声を再発見し、自分自身を再構築したのです。

南カリフォルニアで生まれ育った Elfman は、シュールでアバンギャルドな音楽劇団 The Mystic Knights of Oingo Boingo の一員としてキャリアをスタートさせました。このグループはやがて、高い評価を得ているロックバンド Oingo Boingo に姿を変え、そのエネルギッシュなパフォーマンスとジャンルを超えたサウンドで、1980年代から90年代にかけて熱狂的なカルトファンを獲得しました。グループの初期のファンの中には、駆け出しの映画監督ティム・バートンとポール・ルーベンス(通称ピーウィー・ハーマン)もいました。彼らは、初の長編映画「Pee-wee’s Big Adventure」の音楽を Elfman に依頼しました。このコラボレーションは、エルフマンとバートンの長く実りあるパートナーシップの始まりとなり、エルフマンは、「バットマン」、「ビートルジュース」、「ビッグ・フィッシュ」、「エドワード・シザーハンズ」、「ナイトメアー・ビフォア・クリスマス」など、バートンの代表的な作品の音楽を次々と担当しました。エルフマンはこれまでに100本以上の映画の音楽を担当しています。