Vitesse X – “Us Ephemeral”

64 views

Vitesse Xのソロデビューアルバム ‘Us Ephemeral‘ が100% Electronicaからリリースされます。

「この数年間、私はしばしば「存在とは無駄なものだ」という考えに翻弄されてきました。そう思わないわけがない。しかし、人生を大切にするための果実が熟した状態で見つからないと考えるのは、甘い考えです。人生は無益なものではなく、不幸なことに、はかないものなのだ。」

Vitesse Xは、パンデミックの最初の波の中で、今度のデビューLPのタイトルトラックである “Us Ephemeral” を書いたときに、このことを認識しました。この曲で彼女は、「私たちの無常を受け入れることで、私たちを完全なものにしてくれる瞬間を心から味わうことができることを表現したかった」と語っている。

アンビエントとテクノのテクスチャーにレイヴのパルスとコールドウェイヴのゴーストを融合させた “Us Ephemeral” は、神秘的な雰囲気と同様にヒプノティックなグルーブを持っている。Vitesse Xのボーカルは、Suzanne Vegaや Mazzy Starの Hope Sandovalを思わせ、水面のようなシンセと泡立つようなベースの上に無理なく織り込まれています。そのトラックは、このドリーミーな風景の中に留まっていても良いのですが、シャウトするサンプルを加えることによって、このトラックを90年代のクラブや工場のダンスフロアに持っていくことができるのです。

Jennifer Medinaが監督したミュージックビデオは、曲と理想的な美的マッチングを実現しています。一コマ一コマが、この曲のドリーミーでエーテル的な性質、アーティストがうまく表現している儚い感覚を際立たせるように撮影されているのです。