Sleigh Bells – Texis

ARTIST : Sleigh Bells
TITLE : Texis
LABEL : Mom+Pop
RELEASE : 9/10/2021
GENRE : altpop
LOCATION : New York, New York

TRACKLISTING :
1.SWEET75
2.An Acre Lost
3.I’m Not Down
4.Locust Laced
5.Knowing
6.Justine Go Genesis
7.Tennessee Tips
8.Rosary
9.Red Flag Flies
10.True Seekers
11.Hummingbird Bomb

商品カテゴリー: 商品タグ: , , ,

Sleigh Bellsの6枚目のアルバム ‘Texis’ は、デュオがすべてのしがらみや抑制を解き放ち、自分たちにしかできない、派手でカラフルでジャンルを超えた音楽を作ることを受け入れたサウンドです。ギタリスト兼作曲家の Derek Miller(デレク・ミラーは、「自分たちの居心地の良い場所にいるのかいないのか、反復しているのか定型化しているのかを気にするのはやめました」と語ります。「以前は、新しいことや他とは違うことをするために、レコードごとにルールブックを破り、ゼロから始めることにこだわっていました。’Texis’ では、そういったことは一切気にせず、ただ最初のドミノを押して、何かエキサイティングで刺激的なことが起こることを期待しました。」

その最初のドミノが “Justine Go Genesis” です。この曲は、Metallica, Spice Girls、そして90年代のドラム&ベースが思いがけず交差する場所にあります。この曲のワイルドなマキシマリズムは、”Locust Laced” や “Tennessee Tips” の元気いっぱいのチアリーダー・メタルのように、スラッシュ・リフとスペイシーなシューゲイザー・セクションの間をドラマチックに行き来する曲への水門を開いてくれました。ミラーと Sleigh Bellsのシンガー兼共同作曲者であるAlexis Krauss(アレクシス・クラウス)は、画期的なデビュー作 ‘Treats’ のサウンドを模倣することで「基本に立ち返る」ことはしませんでしたが、あのレコードの、スピーカーを揺らすような大胆なエネルギーを再認識しました。その結果、2016年に発表したアルバム ‘Jessica Rabbit’ のより洗練されたポップ・クラフトとより深いエモーショナル・パレットが、初期のドーパミン放出型バンガーと融合し、バンドの最も完全な現実化となったアルバムとなりました。