Makthaverskan – För Allting

ARTIST : Makthaverskan
TITLE : För Allting
LABEL : Run for Cover Records
RELEASE : 11/12/2021
GENRE : indierock, indiepop, dreampop
LOCATION : Gothenburg, Sweden

TRACKLISTING :
1.(-)
2.This Time
3.Tomorrow
4.Lova
5.All I’ve Ever Wanted To Say
6.Ten Days
7.(–)
8.Closer
9.Caress
10.These Walls
11.För Allting
12.Maktologen

商品カテゴリー: 商品タグ: , , , , ,

Makthaverskanは伝統的なジャンルの定義に反しています。彼らの最新アルバム ‘För Allting’ は、至福のポップと怒りに満ちたパンクの間を行き来しますが、一つのアイデンティティに長く留まることはありません。ピッチフォークがバンドについて書いているように、スウェーデンを拠点とするこのバンドは、かつての学友5人で構成され、「余白のための音楽」を作っています。

‘För Allting’』¥ は、バンドのレコーディングで初めてプロデューサー(HOLYのHannes Ferm)を迎えた、新しい始まりの作品です。人が完全に把握することのできないアイデンティティーをさらに推し進めるために、’För Allting’ の1秒1秒には、かつてこのグループから聞いたことのないものが付いてきます。ドラムマシン、シンセサイザー、そして彼らが最終的に作っているのは現実主義者のためのドリームポップであるという至福の、揺らめくような自意識があります。Makthaverskan は、美と怒りの矛盾に直面することを恐れず、それを全く新しいものに変えています。

この未知なる Makthaverskan の領域を探り、自分たちよりも大きな存在に感じられるバンドを自分なりに理解しようとするのは自由ですが、その謎、すべてのトリックを完全には明らかにしようとしない姿勢が、このバンドを本質的に特別なものにしています。

煮えたぎるようなシンセ・ドローンを含む無題のトラックでレコードを始めると、Makthaverskanは、”This Time” でフィーチャーされたスウィープでドリーミーな雰囲気とジョニー・マーのようなギター・ワークで、すぐにその魔法に包まれてしまいます。ボーカルの Maja Milner(マーヤ・ミルナー)は、柔らかさと粘り強さが同居する語り口で、”Tomorrow” では彼女の穏やかな自己主張が顕著に表れています。この曲では、爽やかなインストゥルメンタルが、シャープでありながらも煌びやかな背景となり、ミルナーの高貴なヴォーカルが最大限の高みに到達します。その後、ミルナーは、後悔に満ちた “you used to be mine” という言葉を、暗いドラムとベースの厚みに飲み込まれそうになりながら、呪われたヴォーカルの亡霊のように振る舞います。