Lindsay Reamer – Natural Science

ARTIST :
TITLE : Natural Science
LABEL :
RELEASE : 8/16/2024
GENRE : , ,
LOCATION : Philadelphia, Pennsylvania

TRACKLISTING :
1.Today
2.Spring Song
3.Red Flowers
4.Sugar
5.Lucky
6.Mushroom House
7.Necessary
8.John’s Song
9.Figs and Peaches
10.Heavenly Houseboat Blues

商品カテゴリー: 商品タグ: , , , ,

2019年から2023年まで、はフィールドサイエンティストとして働いていました。ギターと本の入ったバッグを携え、フィラデルフィアの自宅からアメリカの絵葉書のような風景の中を出発し、国立公園の訪問者数に関するデータを収集。彼女は車やRV車の数を数え、訪問者を調査し、降り立った先々で一度に数週間の仮住まいをしました。その間、彼女は標本のように自身の観察結果を収集し、デビュー・アルバム『Natural Science』を形成することになる楽曲をゆっくりと紡いでいった。

Lucas Knappによって2023年を通して録音された『Natural Science』は、あらゆるスペクトルで描かれています。ユーモアと傷心。アコースティック・ギターがシンセサイザーに寄り添い、アメリカ栗の木の絶滅、デイズ・インでの従業員の噂話、発電所のそばでの釣り、芝生の農場、日持ちのしないテイクアウトの隣での目覚めについて歌うリーマー。自然の淡々とした美しさと日常が隣り合わせにあり、リーマーはその両方に思いを馳せることで、後者をナビゲートする手がかりを見つけ出そうと全力を尽くしているのです。

2021年に自主制作EP「Lucky」()をリリースした後、Reamerはフィラデルフィアの活気ある音楽コミュニティからミュージシャンを集めてバンドを結成。2022年のバイラル・シングル「Touch Tank」につながったダンス・ミュージックへの一時的な浮気の後、ReamerはSheryl CrowやMelanieのようなソングライターのユーモアと軽快さで探求されたフォーク・ロック・ポップ・マトリックスのどこかにあるサウンドに落ち着きました。Reamerはこう振り返っています: 「バンドと一緒に曲を聴いた時、レコードを作る時が来たと思いました。それは、私が生涯をかけて目指してきたもののように感じました。私はミュージシャンに囲まれて育ったけど、自分がバンドを組んだり、自分の音楽を作れるほど上手いと思ったことはなかったわ。祖母のジョーンは放課後にボイスレッスンをしてくれたし、母はオペラ歌手、父はギタリスト。でも、数年前まで、自分にはそれができるって気がつかなかったの。ギターが弾けたとか、そんなことはどうでもよかったんです。何か幻想が打ち砕かれたような感じでした”

彼女は誠実な語り手。”Spring Song”、”Sugar”、”Red Flowers “のような曲で表現される自信喪失や傷心から、”Lucky”、”Necessary”、”Figs and Peaches “のような自己受容と愛の勝利の瞬間へ。『Natural Science』は、自信への道筋を描いており、深い感情の井戸を持つ能力を持ちながら、それを深刻に受け止めすぎないようにする人の正直な姿を映し出しています。「陸の上の庭園/浜辺の城/私は自分の手を信じて/イチジクと桃を摘み取る」とリーマーは歌い、私たちの周りには明らかな美しさがあるにもかかわらず、私たちが幸福を見出すことの奇妙な難しさを調和させようと努めています。