Phantom Limb – Pastoral

ARTIST : Phantom Limb
TITLE : Pastoral
LABEL : Earth Libraries
RELEASE : 11/16/2021
GENRE : indiepop, indierock
LOCATION : Birmingham, Alabama

TRACKLISTING :
1.Pastoral
2.In Death
3.Maddog
4.Larry’s Theme
5.Guppy
6.Dumbo Returns
7.Still Ruling the Room
8.Shave Your Head
9.Trebek
10.Hobby Lobby
11.Twins
12.Pastoral II

商品カテゴリー: 商品タグ: , , , ,

Phantom Limbの最初のレコードは、とてもラウドでスピード感のあるものでしたが、ほとんどが直球のパンクレコードでした。最初のツアーを終えた後、私はガレージ・ロックのリバイバル・レコードを作ることにはあまり興味がないと思っていました。新しい曲がいくつか転がっていたからね。そこで、2回目の東海岸ツアーでは、もっとエレクトロニックで実験的な要素を加えたいと思いました。ラインナップにサンプラーやシンセサイザーを追加し、ストレートな曲の間にノイズやドローンを挟むようにしました。それが、’Pastoral’ の方向性の始まりでした。2回目のツアーから帰国した後、私は結局、ツアースケジュールを維持するつもりで大学院に戻りました。そして、COVID-19が起こりました。

次のアルバムをどんなサウンドにしたいかはわかっていましたが、レコーディングの経験はあまりなく、プロ用の機材も使えませんでした。しかし、私が持っていたのは、いくつかのマイク、ギターアンプ、シンセサイザー、そしてアラバマ州の田舎のリサイクルショップで見つけた大量のテープのコレクションでした。

これらのテープが、Pastoralのサウンドを決定づけました。ギター、ベース、ドラム以外の楽器が欲しいとは思っていましたが、補助的なミュージシャン(あるいは高価なプラグイン)を雇うお金はありませんでした。ギター/ベース/ドラム/シンセ以外の楽器は、すべて古いテープのサンプルを使っています。私が聴いていたテープの多くは、自宅で録音した説教やAMラジオの放送、ホームコンサート、ボイスメールなどのものだった。また、第2次世界大戦のプロパガンダ音楽やビッグバンドのクルーナーなど、20世紀半ばの音楽を収録したテープもたくさんあった。このような思いがけない発見は、単なる補助的な楽器としてではなく、サンプリングとしての面白さを増し、結果的にレコードのアイデンティティを決定づけることになりました。こういったタイプのサンプルは、レコードが非常に特定の場所に根ざしているという点で、より興味深いと思いました。アラバマという非常に具体的な場所に根ざしているからです。また、これらのサンプルの一過性の性質も気に入っています。これらのサンプルの多くは、インターネット上では見つけることができません(例えば、Vince Fosterについて誰が話しているのかさえ知らないのです)。テープサンプルの儚い性質は、私が求めていた「時間に囚われない」性質をレコードに加えていると思います。

‘Pastoral’ の曲は、死についてのかなり直線的なコンセプトを持って書きました。しかし、そのコンセプトは結局、道半ばになってしまいました。その代わりに、このアルバムは、家、記憶、南部、パラノイアの概念についての瞑想になりました。’Pastoral’ の曲は、不完全で不吉な家の概念に折り合いをつけること、インターネットが無感覚になるほど刺激的であること、自分自身の認識と現実世界での存在の違いを読み解くことなど、ゆるやかな物語で構成されています。私は、Lynyrd Skynyrdのようなサウンドではなく、南部と私の関係、南部と私の関係についてのレコードを書きたかったのです。このレコードに収録されているサンプルは、その意味を明確にし、具体性を持たせていると思います。