Cindy – “To Be True”

Cindyは、Karina Gill(カリーナ・ギル)の歌とギターを中心としたバンドです。3枚目のLPは、静かに破壊的な ‘1:2’ として、立て続けに登場します。ベースの Jesse Jackson、ドラムの Simon Phillips、キーボードの Aaron Dikoは、ギルのゆっくりとしたVelvets風なストラムとつぶやくようなメロディーの背後で、完璧に細い網を織り上げています。リズムセクションは粗野な流れをもたらし、キーはギルが歌詞の中で描く枯れた世界に微妙で超現実的な対位法を加えています。「歌は、ムードの論理によって、一見バラバラに見えるものを結びつける」とギルは説明しようとしている。語り手が遠くを見つめる窓には、半分閉じられた黒いドレープがかかっています。語り手が遠くを見つめる窓には、半分閉じた黒いドレープがかかっています。「時々、自分は小さいと感じると言いますが、一日中、自分の葬式の計画を立てています」と彼女は語ります。