Shannon Lay – “Awaken and Allow”, “Geist”

45 views

Shannon Lay(シャノン・レイ)がニューアルバム ‘Geist‘ をSub Popよりリリースすることを発表しました。彼女は、基本トラックをWoodsの Jarvis Taveniereのスタジオで録音し、そのトラックをロサンゼルスの Ben Boye(Bonnie Prince Billy, Ty Segall)とニューヨークの Devin Hoff(Sharon Van Etten, Cibo Matto)に送り、さらに制作を進めたとのことで、アルバムには Ty Segall、Sofia Arreguin(Wand)、Aaron Otheim(Heatwarmer, Mega Bog)も参加しています。

このアルバムには、最近のシングル “Rare to Wake” が収録されていますが、さらに新曲2曲が公開されました。アカペラに近い “Awaken, Alow” と、青々としたかわいらしいタイトル曲 “Geist” で、ロサンゼルスのZebulonで撮影された両曲のビデオも公開されています。 シャノンは、次のように語っています。

「”Awaken, Alow” は祈りであり、約束でもあります。変革と、それが私にとって何を意味するのかを考える静かな時間です。カリフォルニアは私のコンフォートゾーンを象徴しています。この曲では、私自身や聴いている皆さんに、成長と進化のために自分を奮い立たせるために、コンフォートゾーンから抜け出すことを促しています。私たちは皆、常に変化している状態にあり、その変化に合わせて動き、流れていくことを学べば、その経験を完全に高めることができるのです。私たちが自分自身のためにできる最も素晴らしいことは、どこで、どのように自分の邪魔をしているかを認識し、それを取り除くことです。自分の素晴らしさを引き出すために、「目覚めさせ、許す」のです。

“Geist”は、私たち全員が内に秘めている力を証明するものです。私たちは、自分で思っている以上に素晴らしい存在なのです。このビデオでは、ショーを可能にしてくれる素晴らしい人々に感謝したいと思いました。ロサンゼルスのZebulonで撮影を行いました。この会場は、ロサンゼルスのコミュニティに多くのものをもたらしてきました。私たちが持っているライブミュージックの素晴らしい思い出を作るために、舞台裏では多くのことが行われていますが、そのすべての部分がパンデミックで打撃を受けました。私たちが経験してきたことの中で、人間の精神の強さを目の当たりにし、畏敬の念を抱いています。自分にも他人にも優しさと愛をもって前進していきましょう。私たちが生きていることの美しさと素晴らしさを知り、その一瞬一瞬に感謝しましょう。」