Lip Talk – Laughing & Eating Cake

ARTIST : Lip Talk
TITLE : Laughing & Eating Cake
LABEL : Northern Spy Records
RELEASE : 8/4/2021
GENRE : artpop, altpop
LOCATION : New York

TRACKLISTING :
1.Running in Place
2.Precious
3.Marie
4.HD
5.Bargain Day
6.Number 9
7.King
8.More
9.Solar Return
10.This is a Song

商品カテゴリー: 商品タグ: , , , ,

ブルックリン出身のシンガーソングライター兼プロデューサー、Sarah Pedinotti(サラ・ペディノッティ)による Lip Talk の最新作は、私たちの世界に似せて作られた、異常と奇形に満ちた世界のポップアーティストのベストヒット集のような作品です。’Laughing & Eating Cake’ では、ペディノッティは屈折したレンズを通して現代のポップスやR&Bを想像しており、この惑星のトップ40ヒットと互角に渡り合えるようなフックの間に、電子的な誤作動の潮溜まりが形成されています。

この音楽は、そのタイトルが示すように退廃的な音環境を作り出しており、コラボレーションやセッション・ミュージシャンとしての彼女の経歴のように、様々なスタイルを持っています。10曲のトラックには、音楽的な魅力があふれています。シンセの対位法、サイケデリックなギターのスラッジ、ドラムマシンのもろさ、そしてスペクタクルなオートチューンから骨太なオーバードライブまで、さまざまなボーカル処理が施されています。時には、Charli XCXや SOPHIEのような冷たいハイパーポップのグルーヴやデジタルで歪んだボーカルを彷彿とさせるが、ペディノッティのパフォーマンスには決して魂がないわけではない。彼女はしばしば、R&Bの影響を受けた彼女のグループ Kalbellsの実験的な側面を取り入れており、プリンスのようなファンキーなギターチョップと、メロディーと同じくらい心に残るボーカルリズムを持っています。

名人芸的な音楽の軸は、人間の過剰性を祝福したり非難したりする歌詞の変化を反映しています。前者では、アルバムタイトルにもなっているネオソウル的な “Marie” で、ペディノッティがカップケーキを食べながら家族の祝福と再会の瞬間を回想している。一方、”Bargain Day” では、猛烈で方向性のない消費への飢えを感じさせ、”More” では、このテーマをさらに進めて、ペディノッティが言うように、「資本主義を超えた世界を示唆する、宇宙論的なキャンプの夢の世界」を概念化しようとしています。

これらの曲の多くは、ペディノッティが、1日1曲のチャレンジや、1つのイメージからインスピレーションを得て曲を作るという継続的な練習から得た素材を使っています。これらの儀式は、L&ECの中でも最も魅力的で親密な瞬間を生み出しています。ペディノッティが突然、私たちの耳元でささやき、小さなシーンや瞬間に私たちを引き込んでいるように感じられます。例えば、ノスタルジックで忍耐強い “Solar Return” は、ケイト・ブッシュのアルバム「Aerial」に収録されている太陽と宇宙への賛辞に、ドリー・パートンの言葉を加えたものだ。

これは朝の私の声の音です」と彼女は歌いますが、その背景には、余裕のある円形のコード進行と、どこか遠くで催眠術のようなマリンバのドラムループがあります。その後、彼女はこの曲を擬人化して、一時的な恋人や友人のように表現しています。「この曲は私が気にしたことのない曲で、この曲は私が刈り取る雑草の一つかもしれませんが、今日は彼女に任せて、彼女が私を覆ってくれるようにします。」

このトラックには、このシングル・リリースの全体的な傾向が集約されています。これらの曲は、自分自身のプロセスを祝うように感じられます。ペディノッティの歌は、あからさまな感情の揺れや自叙伝に引き込まれるというよりも、自分のために音楽を創造するという熱意にあふれています。’Laughing & Eating Cake’ の音楽は、このような音による自己実現を、従来の多くの告白的なソングライターの作品よりも共鳴させ、人生を肯定するのに十分なダイナミックさを持っている。この作品はリスナーを音楽の世界に引き込みます。その世界は、たとえ未知のデジタル機器を使っていても、親しみやすく、歓迎されているように感じます。

created by Rinker
¥1,600 (2021/10/26 02:03:30時点 Amazon調べ-詳細)