Pampers – ‘Pampers’

Pampers – ‘Pampers’

約1年半振りに帰ってきた下北ライフ。まぁ、近所なんでその間も毎日のように通り過ぎたりはしていたんですが、働き場所として生活するのは久々。前回はわりと夜寄りのシフトだったけど、今回は昼中心なんでちょっと勝手が違う。最も、最近の一番の変化は馴染みの中華屋のこと。下北にちょっと詳しい人なら誰もが知ってる名物店員が、今までは2階だったのに1階でホールを担当しているのだ。座敷に上がらないと出会う事の出来ない気分屋のビリーの兄ちゃんが、いつもよりテキパキと働いている。なんか気味が悪い。ただ、ビリー兄さんとはお店以外でもちょいちょい出くわしていて、たぶん住んでいると思われる家の前でよく会うんです。しかし、いつあってもキメキメなヘアーが素敵ですな。それなりな年齢だと思われますが、なんて無邪気なんでしょう。無邪気といえばこのバンド。髪型がどんなんかは知りませんが、音の方はバッチリキマッテマす。ブリっと薮から棒な音色を奏でて、うるせえなあと思わせるが締まってる。この感覚はどっかで聴いたことあるぞと思えば、そんな音を得意とするバンドのお方がプロデュ〜スしてたわけ。納得せざるを得ないこの充実感、最高です。そんなこんなで、この辺の音楽をいまのとこ、このへんのコーナーで展開させて頂いておりますんで、宜しければ観察してください。