Dear Laika – “Phlebotomy”

NNA Tapesと Memorials of Distinctionからリリースされた Dear Laikaのニューシングル “Phlebotomy” は、医療の変遷という文脈で「クィアな時間」という概念を探求しています。このテーマは、曲の土台となっている時間的に引き伸ばされた聖歌隊のサンプルに反映されています。そのサウンドは異質で、水飴のようでもあり、蒸気のようでもあり、メランコリーな静けさに酔いしれるような感覚を生み出しています。Dear Laikaのクリアでキーンとしたボーカルは、遠くの大聖堂のオルガンのように響くシンセサイザーのベースを伴って、コーラスの質感の上にそびえ立っています。

「半年に一度、私はホルモン値を調べるために血液検査を受けます。最近では、生まれて初めて失神しました。トランジションは継続的なプロセスであり、長い時間がかかります。英国では危険なほど長い待機者リストがあるため、さらに時間がかかります。それは辛く、孤独な経験です。私は過去5年間のほとんどを待ち続けました。今も待っています。そうすると、時間を別の方法で処理することができるようになります。何年も空しく待っていると、時間が止まっているように感じたり、時間が奪われているように感じたりするものです。」

私の血は瀝青(れきせい)に流れていく
エストラジオールと血清アルブミン

私は肉が修正されるまでの月数を数える
凍った空に浮かぶ雲の時間経過で

created by Rinker
¥250 (2021/09/23 18:27:37時点 Amazon調べ-詳細)