Tommy Lefroy – “Knievel”

Tessa Mouzourakisと Wynter Bethelによる Tommy Lefroyの大西洋をまたぐソングライティング・パートナーは、この12ヶ月間でインディー・シーンに大きな足跡を残しました。前作の “Northern Towns” や “The Cause” でも彼らの作品を気に入っていましたが、今回の “Knievel” では、彼女ららの最高傑作を発表してくれました。コーラスでは、「私は今、自分自身ではない」 と唱える、背筋が凍るようなハーモニーが曲を支えています

新進気鋭のインディーズ・デュオは、ジェーン・オースティンの登場人物にちなんで名付けられ、自分たちの物語や人生の登場人物から音楽的インスピレーションを得ています。

「この曲は、失敗を恐れることが自己妨害になってしまうことをテーマにしています」と彼女らは語ります。「私たちは、失敗を恐れることが自己妨害になることをテーマにこの曲を作りました。この曲は、インポスター症候群と、物事が自分の手に負えないと感じたときに無謀になりがちな私たち自身の傾向を表しています。私たちは70年代のフォークロアを聞いて育ち、アメリカのスタントマン Evel Knievelの神話を愛していました。彼は着地に成功するかどうかに関わらず、勇敢にジャンプすることで尊敬されていました」

created by Rinker
¥250 (2021/10/19 14:54:05時点 Amazon調べ-詳細)