Pip Blom – Welcome Break

ARTIST : Pip Blom
TITLE : Welcome Break
LABEL : Heavenly Recordings
RELEASE : 10/8/2021
GENRE : indiepop, indierock
LOCATION : Amsterdam, The Netherlands

TRACKLISTING :
1.You Don’t Want This
2.12
3.It Should Have Been Fun
4.Keep It Together
5.Different Tune
6.I Know I’m Not Easy To Like
7.Faces
8.I Love The City
9.Easy
10.Holiday
11.Trouble In Paradise

商品カテゴリー: 商品タグ: , , , ,

Pip Blom が、2019年のデビュー作 ‘Boat’ のリリースに続き、新作 ‘Welcome Break’ を携えて戻ってきました。Big Jelly Studios で Al Harle がセルフ・プロデュースとエンジニアを担当し、グラミー賞受賞エンジニアの Caesar Edmunds がミックスを担当しています。

少し調子の狂ったギターや得意なファズの入ったボーカルなど、創造的な瞬間を積極的に追求している Pip Blom によるこの11曲入りのリリースは、前作の ‘Boat’ と同じくらい魅力を持っていますが、今回はもう少し現代的なカオスが加わっています。’Boat’ では、フレッシュな顔立ちでありながら、大胆不敵な変化を遂げたと評価されましたが、’Welcome Break’ では、自信に満ちた先輩として、さらに1~2年後には、声を上げ、率先して行動し、自由な革命を起こすことを恐れていません。

リードシングルの “Keep It Together” と “You Don’t Want This” は、気持ちの良いコーラスのマスタークラスであり、魂が髪を下ろし、親友の車の窓から腕を突き出し、サウンドトラックに乗った幸福感と冒険の歓喜の中で、その動きに合わせて動きたくなるような、まさに青春にふさわしい曲です。

アンセム的な”Different Tune”と”It Should Have Been Fun”は、ゆっくりとした展開で、広げられたハイライトである。Pip Blom は、Kim Deal のロック学校を卒業したかのように、確信に満ちた不屈の精神を肩に乗せ、オルタナティブ・サウンドに対する既成概念を覆し、クロージング・ナンバーの”Trouble In Paradise”では、ギグが再開したら究極のセットリストになるだろうというトーンを示している。Pip Blom の場合、どんなムードも壊されることなく、再生の感覚も残されています。その秘訣は? Pip Blom はこう語る。「キャッチーな曲が好きだから、それを目指しているんだ。センチメンタルな曲に分類されます。シュガーハッピーなポップ…. ではなく、『タイタニック』のようなポップソングです…」

created by Rinker
¥1,600 (2021/10/19 04:57:44時点 Amazon調べ-詳細)