Mini Trees – Always In Motion

ARTIST : Mini Trees
TITLE : Always In Motion
LABEL : Run For Cover Records
RELEASE : 9/17/2021
GENRE : indiefolk, indierock, ssw
LOCATION : Los Angeles, California

TRACKLISTING :
1.Moments in Between
2.Doomsday
3.Underwater
4.Cracks in the Pavement
5.Youth
6.Spring
7.Carrying On
8.Differently
9.Numb
10.Otherwise

商品カテゴリー: 商品タグ: , , , , ,

良くも悪くも、人生は前に進み続けます。Mini Treesのクリエイティブ・ディレクターであるLexi Vega(レクシー・ベガ)は、デビュー・アルバム ‘Always In Motion’ の中で、この基本的な真実と向き合っています。しかし、この必然性と折り合いをつけることは、人生をかけた闘いでした。

キューバ出身の父と日系アメリカ人の母を持つレクシーにとって、自分のアイデンティティの独自性は常に緊張を伴うものでした。南カリフォルニア郊外の白人社会で育った彼女は、家族以外には亡命や抑留によって生じた世代間の傷跡を理解する人がほとんどおらず、決して馴染むことができませんでした。ベガがわずか5歳のとき、プロのドラマーだった父親が自ら命を絶った。これらのトラウマは、ベガの自己アイデンティティに対する継続的な疑問を引き起こしました。Mini Treesは、ベガが処理し、忍耐し、成長するためのパレットとなりました。

何年もの間、さまざまなプロジェクトでドラムを演奏してきたベガは、2018年に Mini Treesという名前で自分の音楽を書き、レコーディングし始めました。彼女は2018年の夏にプロデューサーの Jon Josephと初のソロトラックをレコーディングし、自分のビジョンを完全にコントロールしながら、アーティストとしての自分に直接語りかけるものを作る感覚にすぐに夢中になりました。Mini TreesのデビューEP ‘Steady Me’ は2019年にドロップし、ベガはそれに続いて2020年のEP ‘Slip Away’ をリリースしました。

この2つのEPをリリースした後、2020年には音楽活動に十分な時間を割くことができたので、ベガは自分がクリエイティブに進歩する準備ができていることに気付き、自分のアイデンティティについての長年の信念や概念の多くに挑戦しました。当初、もうひとつのEPを制作すると考えていたベガは、代わりにデビューフルレングスとなる ‘Always In Motion’ の制作を開始しました。この作品は、人生のあり得なさに対する私たちの不安を表現した、親しみやすいインディーポップソングのコレクションです。

‘Always In Motion’ のオープニングを飾る優美なナンバー “Moments In Between” は、制作初期に書かれたもので、ベガが作曲モードに入るきっかけとなり、彼女の周りで世界が閉ざされていく中で抱いていた不安や恐怖を反映しています。このような不確かな感覚は、アルバム全体を覆っていますが、それは状況的なものというよりも普遍的なもので、ベガは歌詞の中で、私たちが常に未知の感覚を持って人生を歩んでいることを考えています。”Moments In Between” では、スピリチュアルな信念があらゆる種類のチャレンジを受け入れる助けになるかどうかを考えていますが、この内省的なトラックは必ずしも結論を導き出すものではありません。

「何か辛いことがあったときには、その反対側に行きたいと思うものです」とベガは説明します。「そこから解放されたいのです。信仰とは、人生が長く苦しいものであっても、最後には希望があるという意味でもあります。向こう側にはもっと良いものがあるという考え方が好きです。その可能性は、人々が激しい不安や恐怖の時期を経験しながらも、それを乗り越えることができることを認めているのです。」

「”Carrying On”は、砂漠を旅したときに書いた曲です。ベガは、世界に対する自分の感覚と実際の現実を調和させるのに苦労していましたが、特にすべてが信じられないほど超現実的に感じられた時期でした。青々とした “Cracks in the Pavement” では、アイデンティティについて考えています。ベガは、自分が何者であるかを認めて受け入れ、変化は自分の中から生まれなければならないことを認識しています。

これらのテーマは “Spring” にも及び、ベガは長期的な関係を探り、パートナーの内面的な進化に耐えられるかどうかを考えています。「この曲では、何かをとても大切に思っていて、それを失いたくないと思うときの恐怖を表現しています」と彼女は言います。

エンディングの “Otherwise” は、これらの問いに対する簡単な答えがないことを確認させてくれますが、それでもいいのかもしれません。人生は、いつものように前に進んでいく。

「未解決のまま終わるというアイデアが気に入りました」 とレキシーは言います。「最後まで確実なものはないということを強調しています。それが唯一信頼できる真実だと思います。何が起こるのかは、そこにたどり着くまでわからない。しかし、それは恐怖を感じさせるものではありません。このアルバムの中で、私は疑問を持つことと答えを求めることの間で揺れ動いていましたが、解決策は「わからなくてもいい」ということです。私は途中でいくつかの受け入れを見つけたと思いますが、このアルバムは意図的に本当の解決をせずに締めくくっています」