James Barrett – A Series Of​.​.​. Mostly Nothing

ARTIST : James Barrett
TITLE : A Series Of​.​.​. Mostly Nothing
LABEL : Refresh Records
RELEASE : 9/24/2021
GENRE : indiepop, indiefolk, ssw
LOCATION : Scranton, Pennsylvania

TRACKLISTING :
1.A Series Of…
2.Oh My God
3.U-Haul
4.The Art of Letting Go
5.Since I Left the Salon
6.I Thought You Had Died
7.Love Song in 2020
8.Yellow Paint
9.Master Plan
10.Reprise
11.Mostly Nothing
12.Thinking of A Place

商品カテゴリー: 商品タグ: , , , , ,

James Barrettの「以前」は、あなたとよく似ています。デビューLP ‘The Price of Comfort’ をリリースした後、スクラントンのシンガーソングライターは次の計画段階に進み、哀愁漂うアコースティック・トラックと、フルバンドで奏でる鳴り響くような透明感が特徴の時代の間で立ち往生していた。2019年10月、バレットは ‘A Series Of…Mostly Nothing’ となる作品の執筆を開始した。これは、これまでで最も実現性の高い作品に対する控えめな名前です。この作品は、The Nationalの静かな素晴らしさと、Angels & Airwavesの間延びした大げさささへのラブレターであり、生のストリングスやホーン、そして親友の Amanda Rogan(アマンダ・ローガン)が多くの場面でボーカルを担当することで、演劇的なアイデンティティが強調されています。

2020年が日に日に予測不可能なものになっていく中、’A Series Of… Mostly Nothing’ は崩壊する可能性があった。バレットは、Jake Checkoway(ジェイク・チェコウェイ)(Sleeping Patterns, Origami Angel)を長年のプロデューサーに迎え、主にソロ・アーティストとして活動していましたが、この経験を具体化するためにアンサンブル・キャストを起用しました。スタジオでの作業は不可能になったため、アルバムはロサンゼルスで録音されたドラムトラックと、創造の中心地となった小さな家で行われたセッションから構成されました。このようにバラバラになったアルバムですが、最終的には不完全なものではなく、シームレスで層になっています。バレットのスタジアム・ロックの手法は、”Love Song in 2020″ の鉄壁のフックや “The Art of Letting Go” の切迫したカタルシスなど、アルバムのほとんどの部分に反映されています。ジェイムスは、アルバムのロックな姿勢のバランスをとるために、ピアノを中心とした “Yellow Paint” や “U-Haul” を挙げ、ソフトな表現にも配慮しています。

バレットは、このアルバムの催眠的なドラマについて、「僕の頭の中では、ブロードウェイの役者が毎晩同じ作品を何年も演じるのと同じように、何ヶ月も何年も同じ考えを繰り返している、劇の中に入り込んでいるような感じなんだ」と説明しています。舞台から影響を受けたように、’A Series Of… Mostly Nothing’ では、失恋、孤独、記憶といったテーマを巡って、リプライズの時間を設けています。しかし、バレットが言うように、「感情的にはあちこちにある」ので注意が必要です。

created by Rinker
¥1,600 (2021/10/19 06:20:08時点 Amazon調べ-詳細)