Chassm – Falling Forever

ARTIST : Chassm
TITLE : Falling Forever
LABEL : Art As Catharsis
RELEASE : 6/24/2021
GENRE : blackmetal, doom, postcore
LOCATION : Brisbane, Australia

TRACKLISTING :
1.Dawn Gaia
2.Absentia Terra
3.Dolores 2.0
4.Pariah
5.OT VIII
6.Drowning
7.Relmless

商品カテゴリー: 商品タグ: , , , , ,

ブリスベンを拠点にするドゥーム、スラッジ、ポストバンド・バンド Chassm が、新作アルバム ‘Falling Forever’ を Art As Catharsis からリリース。

CHASSM は先進的なポストメタル・デュオで、ポストロック、スラッジ、ドゥーム、ブラックメタルなどを取り入れた荒涼とした創造的なリフ・ワークとプログレッシブな構成のバランスをとっています。時には、クラストがかったトーンは、Fall of Efrafaや His Hero Is Goneに似ています。しかし、同時にリスナーは、Deafheavenや Russian Circlesの陰惨でスラッジなバージョンのようなスタイルで、爆発的なセグメントに投げ込まれます。また、初期の Mastodonのプログレッシブな濁流のような響きを感じる人もいるかもしれません。

「バカバカしいと思うかもしれないけど、CHASSMは、クソダサくない新しいエモ・ミュージックを発明しようとしているんだ」と、ギタリスト兼ボーカリストの Elijah Leeは語り始めます。「自分の人生や世界にある重すぎるものからインスピレーションを受けています。把握したり理解したりするのに苦労すること、憂鬱にさせること、人々の人生に否定的なことを引き起こしてしまうために起こらないでほしいこと。音的には、私たちはポスト・エブリシング・バンドです。ネット上のレビューによると、「ドゥームとブラック&ポストメタルと2000年代のメタルコアの融合」とありますが、まさにそれを表していると思います。

‘Falling Forever’ からのファースト・シングルである “Absentia Terror” は、あらゆる不吉なものの沼のような作品です。ファズアウトされたトーン、クラストでミリタントなドラミング、押しつぶされそうなローエンドが厚いタールのように耳に残り、曲は黒々としたフィールドで粉砕されたシュレッダーに突入します。暗い色から黒い色への移行はシームレスで、バンドの才能とLeeの構成と流れに対する耳を物語っています。

「この曲は、LPのために最初に書かれた曲の一つです」と Leeは言います。「8分30秒ほどの長くていい曲で、私たちのルーツを反映しています。私たちは常に、複雑な構造を持つ長い曲を書いて演奏することに努めてきました。この曲はその意味で、芯までシャズムになっています。」 ”Absentia Terror” は、私たちの地球の過去と現在についての曲です。生命の花咲く時期と、荒廃した生命のない混沌とした時期を表しています。より具体的に言えば、この曲はごく普通の、幼い、虚無的な、人類と我々がいかにブーツに対して大きくなりすぎてしまったかについての掘り下げです。」

多くの意味で、Falling Foreverは過去10年間の偉大なメタルへのラブレターであり、何ヶ月も前に初めてクラストパンクやブラックメタルのレコードを手にして以来、感じていなかったかもしれない痒みを掻き立てるものだ。

CHASSM は、過去30年間のメタルの炎とフィーリングを見事に捉え、現代のアーティストがしばしば点火できないような創意工夫の閃きを加えている。そして、他のバンドも注目している。CHASSMはまだ若いバンドですが、すでに Sasquatch、Bongzilla、Yawning Man、Crowbarなどの世界的な大物アーティストのサポートを行っています。