Cameron Knowler – Places of Consequence

ARTIST : Cameron Knowler
TITLE : Places of Consequence
LABEL : American Dreams
RELEASE : 7/16/2021
GENRE : acoustic, bluegrass, guitar
LOCATION : Houston, Texas

TRACKLISTING :
1.I’m An Old Cowhand
2.Sonora Road
3.Supertone Biome
4.Done Gone
5.Don Bishop
6.Atelier De Stein
7.Cindy Cindy
8.Cat Spring
9.Motoring Addiction
10.Puerto Suelo
11.Second Train To Almogordo
12.Lone Prairie
13.Lena’s Spanish Fandango
14.Kuyina

商品カテゴリー: 商品タグ: , , , , ,

写真家であり作家でもあるヴィム・ヴェンダースは、彼の西部劇写真の前景が舞台装置のように感じられるというコメントに対して、「その印象はアメリカ西部の基本だ。人々がそこに建てたものはすべて、非常に芝居がかった雰囲気を持っている」。これが、Cameron Knowler(キャメロン・ノゥラー)のセカンド・アルバムであり、初のソロ・アルバムである ‘Places of Consequence’ を活気づけています。このアルバムでは、ギターとバンジョーを映画的なツールとして使用し、この地域のサウンドトラックと調査を行っています。ノウラーは、「若者の軽快さや西部の問題点が時間とともに明らかになるにもかかわらず、この空間を豊かで創造的な目的のために利用する方法はまだある」と語っています。

生粋の西部人であり、最近ロサンゼルスに移住したノウラーは、幼少期をアリゾナ州のユマとテキサス州のヒューストンで過ごしました。砂漠でダートバイクに乗ったり、詩を書いたり、ビンテージのガラスビーズを売る母親と一緒にアンティークショップを訪れたりと、自分で学ぶことが多かったようです。17歳のとき、ブルーグラスのコンサートが彼の人生を変え、1日に12〜16時間ギターを練習するようになり、彼の音楽に浸透している静かな集中力を身につけました。フィンガースタイルのテクニックをほとんど使わないインストゥルメンタリストとして、ノウラーの音楽は控えめな印象を与えますが、彼の同世代の音楽との共通点も多くあります。頻繁にコラボレーションを行っている Eli Winterのように、ノウラーの演奏は影響力があり、彼のメロディーは直感的で学習的です。Yasmin Williamsのように、彼のアレンジはヒューストン大学でジャズギターを学んだことを反映して、豊かでありながらもシンプルです。

アルバムのオープニングを飾る “I’m an Old Cowhand” は、フォードV8に乗る無能なカウボーイを歌った古い曲で、ソニー・ロリンズの代表的な演奏や、フランツ・カッススのハイチのダンスを思い起こさせるような、緻密で印象的な曲です。”Supertone Biome” や “Atelier de Stein” のような、結び目のある気まぐれなエレクトリック・ミニチュアは、テリー・アレンとライ・クーダーの “Paris, Texas” のサウンドトラックを思い起こさせる。アコースティックギターとエレクトリックギターがユニゾンで演奏され、キッチン用品の小さなオーケストラが登場する “Puerto Suelo” は、ブレイク・ミルズやサム・ゲンデルのようなLAのセッションの魔術師を彷彿とさせる、ゴージャスで控えめなメロディーとスタジオでの実験的な試みに対するノウラーのコツを示しています。他にも “Don Bishop A” や “Sonora Road” など、チェット・アトキンスやあまり知られていないロバート・ボウリンを思い浮かべるかもしれない。

ノウラーは砂漠で育ったことから、作曲のツールとして静寂を用いることを厭わない。豊かで感動的な “Second Train to Alamogordo” では、音符が静寂と交信していることが明らかになっている。コンゴのアコーディオン奏者 Camille Feruzi(カミーユ・フェルジ)と、裏庭でこの曲を演奏した直後に亡くなった伝説のバイオリン奏者Jon Bekoff(ジョン・ベコフ)に由来する “Kuyina” では、それが最も顕著に表れています。亡き母へのオマージュであるノウラーのアレンジには、曲がった音が曲に穴を開けてしまうような、彼の思いやりの深さが感じられます。

Katy Riddellのアルバムアートは、このアルバムの目標の本質的な挑戦を示唆しています。「彼女のイラストレーションのスタイルは、ある種の学術的な遠慮を思い起こさせます。私自身、学術的に訓練された技術を通して自分の生い立ちを悲しんだ経験があります。かつては外に出たいと思っていましたが、今はある意味では再び外に出たいと思っています。どちらも無駄な追求ですが。」’Places of Consequence’ は、努力することの証であり、ノウラーの明確な才能を示す資料でもあります。