Annabel – Worldviews

ARTIST :
TITLE : Worldviews
LABEL :
RELEASE : 6/14/2024
GENRE : ,
LOCATION : Akron, Ohio

TRACKLISTING :
1.Another World
2.All Time
3.Worldviews
4.We Are Where We Are
5.Medicine
6.Every Home Needs A Ghost
7.Before Too Long
8.Dog
9.Small Victories
10.Defense Mechanism
11.Hopium
12.The Afterworld

のニュー・アルバムから、ミドル・テンポのハイライト曲「We Are Where We Are」で、Ben Hendricksは “空っぽのスペースを埋める現代的な方法”を歌っています。バンドにとって9年ぶりとなる4枚目のLP『Worldviews』は、バンドが離れていた10年の間に世界がどのように変化したかを和解させる内容。主人公たちは、現実と想像の境界を見極めようとし、自分たちの世界観と周囲の支配的な世界観をナビゲートし、逃避か、少なくとも気晴らしを求めて戦い、時間はどこに行くのだろうかと考え、”動き回り、堂々巡り”。それはアナベルの運命でもあったかもしれません。しかし、オハイオのバンドの中心はベンとアンディのヘンドリックス兄弟。不確かで断絶されたように感じられる世界で、アナベル以外のどこに立ち返ればいいのか?『Worldviews』は、カムバックというよりも、何年もかけて成長させた産物であり、約束されたWrens LP4というよりは『The Meadowlands』だと考えてください。

Hendricksは「All Time」のコーラスで「失われた時間を取り戻す」と約束し、Annabelは次の30分間、その約束を果たします。『Worldviews』は、インディー・エモ・サウンドを完成させ、さらに発展させた、これまでで最もバンドらしいサウンド。タイトル・トラックと「Dog」は典型的なアナベルで、陽気でジャングリーな中西部ロック: 一方、「Every Home Needs a Ghost」はそのタイトルにふさわしくスパルタンかつスペクタルで、また美しい「Small Victories」はダウンテンポのエレクトロニクス。彼らは10年近くぶりに戻ってきたバンドのようには聴こえず、ハングリーで生き生きとした、まるでクズのような新進気鋭のバンドであると同時に、老練でベテランのバンドでもあるのです。彼らが復帰を正当化しようとしているようには聞こえず、それが自然な次のステップであるかのように聞こえるのです。

「Youth in Youth」のクローズでは、ベンが「永遠に君と一緒にいたい」と歌い、Worldviewsのクローズでは、ピアノ・バラード「The Afterworld」で、13年後の彼が「どんな人生に生まれ変わっても、君と恋がしたい」と歌っているのを発見。変わらないものもあるようです。その直前のセリフでは、”愛以外は信じない”とつぶやいています。『Worldviews』を通してアナベルを支えているものがあるとすれば、その決意と希望。そしてそれは、あなたをも納得させるに十分なものなのです。