Widowspeak – “Everything Is Simple”

50 views

ニューヨークのデュオ、Widowspeakは Captured Tracksからリリースされる6枚目のスタジオアルバム ‘The Jacket‘ を発表し、リードシングル “Everything Is Simple” を公開しました。シンガーソングライターの Molly Hamiltonとギタリストの Robert Earl Thomasによるこの新曲は、OTIUMが監督したミュージックビデオで、Hamiltonがロデオでこの曲を演奏しています。

Widowspeakの高い評価を受けた2020年のアルバム ‘Plum』’ リリース前後の数ヶ月間に書かれた ‘The Jacket’ は、Le Texという架空のバンドについてのコンセプト・レコードとして始まり、形になるにつれてより抽象的になったが、意図的に自己言及的であることに変わりはない。ハHamiltonと Thomasは、共同プロデューサーである Homer Steinweiss(Daptone Records)と共にロングアイランドのザ・ダイアモンド・マインでこのアルバムを録音し、創設者のドラマー、Michael Stasiak、ベーシストの J.D. Sumner、ピアノ/キーボード奏者の Michael Hessも参加した。

Widowspeakは “Everything Is Simple” について次のように語っている。
「何か(人間関係、プロジェクト、仕事、新しい場所)を始めるとき、それに対してとても純粋な気持ちを持つものだ。その可能性に全面的に向かい合っているから、すべてが複雑でなく感じられる。それは未定義であり、まだ問題が見えないからこそ、理解しやすくなるのです。時間が経つにつれて、もっと学び、もっと経験するようになると、どこに限界があるのかが見えてきます。それは、必ずしも自分に課せられたものではなく、自分自身で線を引いたものなのです。何が足かせになっていたのか、過去になるまでわからないかもしれませんし、その時には他の人の視点が自分の視点と矛盾しているかもしれません。誰もが自分自身の現実のバージョンを構築しているのです。この曲はもともと架空のバンドのドラマに食い込むつもりだったんだけど、自分たちのバンドのことでもあるんだ。自分自身の人生について、自分は本質的に信頼できない語り手であり、同時に「真実」の物語など存在しないのかもしれないと考えていたんだ。」

OTIUMは、”Everything Is Simple” のビデオについて、「コンセプトは、物事が自分の意図とは異なる結果になったとしても、その行為そのものが自分が達成しようと努力していることだと知っている、努力するという考えを中心に据えている。」と付け加えている。

何もかもが単純なのは、そうでなくなってからだ
捕まった時、ロープを愛することを学んだ
もっといい方法で編めるはずだ
そして、何もないところに沈んでいく – あなたは留まることを学ぶ。
歌い手は真実を隠す傾向がある
あるいは、それが語りかけてくるなら、それを聞くか
しかし、何を期待しているのだろう、それは彼らにとって良いことだ。
を編集するために、私は良くもなく悪くもない。
私はまだ存在しているが、それは呪いである
自分のできることを精一杯やるだけだ
そして時はあなたを善人と呼ぶだろう

讃えるだろうから
自分で歌えるから
しかし、私は何を期待しているのか、それはあなたによく役立つ。
伝えるべきことは何でも編集する

何もかもが単純なのは、そうでなくなるまで
捕まったように縄を愛することを学んだ
何もかもが簡単なことだが、そうでないこともある
何もかもがシンプル