Martin Carr – “Flames”

シューゲイザー/ブリットポップの大御所、The Boo Radleysのギタリスト兼ソングライターだった Martin Carrは、5年ぶりのソロアルバムを制作中です。その試金石として、ニューシングル “Flames” を Sonic Cathedralからリリースします。この曲は、これまでのカーの作品とは少し異なり、テクノロジーを新たな方法で取り入れ、ビートルズの影響を受けたメロディックなスタイルはそのままに、今の時代を感じさせるテクニカラーのカット&ペースト・スタイルを採用しています。

「この曲はギターで書きました。とてもシンプルな曲ですが、そこに音を加えていきました。私はコラージュを作るのが好きで、音楽制作の方法も同じです。特定のサウンドやスタイルを追求しているわけではなく、スタジオでは規律を守るようにしていますが、あまりにも速く動くインスピレーションのスリルを削ぐようなことはしたくありません」。この作品はとても素晴らしく、カーのコラージュスタイルを取り入れた目を見張るようなビデオも付属しています。

また、マーティンは、「ランダムな記憶、アートワーク、その他のはかないもの」を特集した通常のファンジンをデジタル版とフィジカル版「New Shapes」の両方で提供する、新しい購読サービスを開始します。購読者には、”ポストカード、進行中のデモ、独占的なライブストリーミングパフォーマンス、そして、レコード製作に夢中になっていると、実際のレコードなど “も提供されます。これは1月1日からマーティンのBandcampで配信される予定です。