Delivery – “The Topic”

64 views

6月にリリースされた ‘Yes We Do’ の7インチに続き、Deliveryが ‘Personal Effects/The Topic’ をリリースします。この2枚組シングルは、ガレージ、ポストパンク、ニューウェーブポップの鋭いブレンドをさらに発展させたものとなっています。こちらの曲には、James Morrisが監督したビデオも公開されています。

‘Yes We Do’ に収録されている4曲は、プロジェクトの最初のホームデモのサウンドをもとに開発されたものですが、’Personal Effects/The Topic’ では、5人が初めて完全なコラボレーションを行いました。これらのトラックでは、プログラムされたビートとシンセが、盛り上がるライブドラム、絶え間ないギターのインタープレイ、中心から外れたサックスの炸裂に取って代わり、バンドの三位一体のボーカル(レベッカ・アラン、リサ・ラシュリー、ジェームス・リンチの3人が分担)は、これまで以上にダイナミックで鋭いものになっています。