Fine Place – “Trending To Twenty”

Fine Placeは、Frankie Rose(Vivian Girls、Crystal Stilts、Dum Dum Girls)とMatthew Hord(Running、Pop.1280、Brandy)からなる新しいデュオです。ブルックリン出身のこのデュオのデビューアルバム ‘This New Heaven‘ は、インダストリアルやゴスの要素を取り入れたポストロック作品となっています。このニュースに合わせて、アルバム曲 “Tending To Twenty” と、フランキー・ローズが制作したビデオが公開されています。

Hordがシカゴから引っ越してきた後、2人はそれぞれのバンドやソロプロジェクトとは別の新しい道を模索していました。「私たちが目指していたサウンドは、富裕層に見捨てられた時代のニューヨークのディストピア的な雰囲気を表現しようとするものでした。この作品は、不確実性と静けさの両方に彩られた時間軸の中で制作されました。私たちが創り出したサウンドスケープは、周囲の環境への反応としてふさわしい、ほとんど有機的なものでした。このタイトルも、文字通りの意味で、あるいは風刺的な意味で、このことを反映しています」