Tonstartssbandht – Petunia

ARTIST : Tonstartssbandht
TITLE : Petunia
LABEL : Mexican Summer
RELEASE : 10/22/2021
GENRE : indiepop, indiefolk, psychedelic, experimental
LOCATION : Florida

TRACKLISTING :
1.Pass Away
2.Hey Bad
3.What Has Happened
4.Falloff
5.Magic Pig
6.All of My Children
7.Smilehenge

数年前、ボブ・ウィアーは、ある作家に自分のプロセスについて語っていました。常に変化し続ける自己だけでなく、自己が生み出すものにも、「常に変化し続ける人生」という概念が当てはまるというのです。ウィアーは、40年間ライブで演奏し続けてきた「Saint of Circumstance」という曲について、「この曲で何ができるのか、私はまだ表面を削り始めたばかりだ」と語った。曲は生きていて、息をしているものであり、どんな枠にもはみ出していく液体のような肖像画であるという考えは、Edwin and Andy White(エドウィンとアンディ・ホワイト)のTonstartssbandhtとしての活動の中心にあります。絶え間ないツアーを経て、兄弟の曲は形を変え、毎晩少しずつ違うものになり、曲に内在する可能性を探っていきます。時間をかけ、注意を払い、意図的に作られたこれらの曲は、長く、物憂げで、開かれた音楽的質問と一時的な答えに満ちています。兄弟にとって18枚目、Mexican Summerとしては2枚目のアルバム ‘Petunia’ では、このプロセスの最初の瞬間を私たちに見せてくれ、すでに見事な羽をつけた子ガメたちでいっぱいの納屋を見せてくれます。

ほとんどの Tonstartssbandht のアルバムは、何年もかけてゆっくりと制作され、ホワイト兄弟が旅先で時間を持て余したときにその場で録音されますが、’Petunia’ は、2020年に彼らの地元であるオーランドでほとんどの曲が作られ、録音されました。曲の多くはライブで演奏されていましたが、非常にラフな状態(アンディ曰く「曲の骨格」)で、まだ成熟した段階には至っていませんでした。拘束されていたために時間的余裕があり、ライヴもなかったので、アンディとエドウィンは、これらの骨格に肉をつけて、自分たちの手で命を吹き込むことにしたのです。’Petunia’ は、Tonstartssbandht の最初のアルバムで、持続的な方法と一貫した環境で制作され、集中した期間に一つの場所で作曲、録音されました。

その結果、’Petunia’ は統一された美学的声明のように感じられます。アンディとエドウィンは、12弦ギターとドラムキットだけを使って、ローレル・キャニオンの穏やかな雰囲気とケルンの汗臭いペースを織り交ぜています。ジャイロスコープのように一定の動きをすることで、静止しているかのような錯覚を起こしていますが、その静止状態が親密さと内省的な感覚をもたらし、兄弟のボーカルに新たな重点が置かれていることで、その感覚がさらに強調されています。ゾンビーズや70年代のファンクやレゲエのファルセットのような歌い方を参考にしたアンディとエドウィンは、その声をとても簡単に、そして寛大につなぎ合わせており、継ぎ目を見分けることは事実上不可能です。そして、アンディが自虐的に「一般的な大まかな決まり文句で、今でも自分が言うと響くと思うもの」と呼ぶ歌詞の静かな知恵が、ほとんど気づかれることなく入り込み、感情的な真実を伝えながら、あなたが倒れ込むように羽毛のベッドを用意してくれるのです。アルバムの冒頭では、「長く走り続けていると、すべての道は町の中心部へと続く」と歌っています。「平和であることは、あなたを遅くするだけですが、あなたは今までとても長く走ってきました。”Smilehenge” では、彼は荷物をまとめ、アパートを掃除し、古い人生と古い愛に別れを告げています。灯りを消したとき、どんな気持ちになるだろう」と彼は考えます。

限界のある空間で待っている感覚、不確実性の向こう側に何が存在するのかを疑問に思う感覚は、シングル “What Has Happened” にも現れています。Talk Talkに軽く影響を受けたアレンジと、ソナーのように揺れるギターで、アンディとエドウィンは自己の端に腰掛けて外を見つめています。「正直言って」とアンディは声を荒げて歌い、”What Has Happened” とオープニングの “Pass Away” は、エドウィンのマラカスと叩かれたパーカッションをバックに上に向かって伸びていき、一度しっかりと空中に浮かんだら、自由に飛んでいきます。アンディのギターが問いかけ、エドウィンのドラムが彼らを前に進ませます。

‘Petunia’ が平和な方向への旅のように感じられるとしたら、それはこの作品がどのように作られたかを反映したものでもあります。安定したセッションと兄弟の容易なコミュニケーションにより、彼らはこの曲とその演奏にじっくりと向き合うことができました。「毎日、ちょっとした不満を感じても、『もう一人と一緒に仕事をしているし、彼は僕の古くからの友人だし、今日はもう帰ろう』と言っても大したことはないという選択肢があるのは、とても助かったし、安心感がありました」。とアンディは言います。「時々、その日はうまくいかないとわかることもありますが、それはそれでいいんです」とエドウィンは付け加えます。「時間に追われることもなかった。急ぐこともない。牛に草を与えるようなもので、よりおいしい肉ができるはずです」

このアルバムの透明度の高さは、アンディとエドウィンがホワイト家以外の視点を取り入れた結果でもあります。「ミキシングの段階で他の人を入れたのは初めてのことです」とアンディは指摘する。このアルバムは、2020年4月から8月にかけてオーランドにある兄弟のホームスタジオでレコーディングされましたが、ミックスはサンフランシスコのThe Idiot Roomでジョセフ・サンタルピアとロベルト・パガノが担当しました。アンディ曰く、「素晴らしい耳を持ったフロリダの古い仲間」です。サンタルピアとロベルト・パガノは、このアルバムが捉えているパフォーマンスに自信を持っていたからです。「彼らはミキシングの手伝いをしてくれただけですが、レベルを上げるのがとても上手で、すべてをうまく調整してくれました」とアンディは言います。

レベル。アンディが言うレベルとは、トラックの音量やバランスのことですが、それに加えて、安定した感覚があります。つまり、平らな地面の上に構築されているということです。ホワイト兄弟が長い間知っていたように、曲は人と同様に常に進化し続けるものであり、レコードは写真であり、その動きを一時停止させ、進化の中のある瞬間の対象物を調べる方法です。それは、実際には存在しない安定性を示唆する方法なのです。’Petunia’ は、Tonstartssbandhtがこれらの曲について決定的な声明を出しているわけではなく、どうしてそうなるのか?しかし、この作品は、アンディとエドウィン・ホワイトがフロリダの自宅で過ごしている様子を描いたものであり、曲がりくねった通路や風通しの良い環境など、細部に至るまで芸術的に演出された風景が探索されるのを待っています。