SML – Small Medium Large

ARTIST :
TITLE : Small Medium Large
LABEL :
RELEASE : 6/28/2024
GENRE : , ,
LOCATION : US

TRACKLISTING :
1.Rubber Tree Dance
2.Industry
3.Herbie for Commercials
4.Search Bar Hi Hat
5.Window Sill Song
6.Switchboard Operations
7.Soft Sand
8.Three Over Steel
9.Chasing Brain
10.History of Communication
11.Feed The Birds
12.Greg’s Melody
13.Dolphin Language

商品カテゴリー: 商品タグ: , , , ,

は、ベーシストのAnna Butterss、シンセシストのJeremiah Chiu、サックス奏者のJosh Johnson、パーカッショニストのBooker Stardrum、ギタリストのGregory Uhlmannによるクインテット。

デビュー・アルバム『Small Medium Large』は、ロサンゼルスのハイランド・パークにある愛すべきライブハウス、ETAで2夜にわたって録音されたロング・フォームの即興曲集としてスタート。残念なことに、この急成長する西海岸の新しいジャズ&即興音楽サウンドの主要な発展場は、2023年末に永久閉店。

特に、ベーシストのAnna Butterssとサックス奏者のJosh Johnsonは、ETAの初期からレギュラー・ギグを務めていたParkerのカルテットの一員であり(それゆえ、Parkerのアルバムで聴くことができ、徹底的に記録されている)。Small Medium Large」は、Bryce Gonzalesによってナグラに直接ステレオ・レコーディングされ、SMLの様々なホーム・スタジオで制作、レコーディング、スタジオ・コンポジションを加えて編集、アレンジ、編集されました。

ステレオ・ミックスされた即興演奏を編集し、切り刻み、並べ替えることは、ほとんど新しいアイデアではありませんが(現代的で適切な例としては、IARCでのMakaya McCravenの作品を挙げることができます)、これらの結果は、「In a Silent Way」、「On The Corner」、「Get Up With It」のようなクラシックで探求されたテオ・マセロ/マイルス・デイヴィスの編集コンセプトを見事に拡張したものです。しかし、スタイル的には、ハルモニアのプロト・トランス・レペティションや、Canとの仕事で使われたHolgar Czukayのリ・アセンブリー・テクニックとの共通点の方が多い。横田晋のようなポリリズムの浮遊パターンを極めて直感的に利用することで、タイム・クロックの電子リズムを生楽器で補強した、捉えどころのない人間的な揺らぎを失わない真に革新的な作品に仕上がっています。

『Small Medium Large』は、Herbie Hancock’s Sextantのシンセを多用した即興演奏、Essential Logicのギザギザしたダンス・パンク、Fela Kutiのリズミカルな陽気さ、Parliament/Funkadelicの低音域の弾力性、Poleのグリッチなダブ・テクノなどを思い起こさせる、循環するグルーヴとテクスチャーの変則的な集合体。全体として、このアルバムは、今日最もエキサイティングなミュージシャンたちによる陶酔的な創造的シンクロニシティを捉えています。