semi trucks – Vs. California

ARTIST : semi trucks
TITLE : Vs. California
LABEL : Meritorio Records
RELEASE : 11/26/2021
GENRE : indiepop, dreampop
LOCATION : Los Angeles, California

TRACKLISTING :
1.13th Floor
2.Motorbike Riding Star
3.Amused
4.Windowsill
5.When There’s No Ceiling
6.The Race Is Won
7.Hope
8.Vs. California
9.This Song Is Dedicated To Yoko
10.Thank You

商品カテゴリー: 商品タグ: , , , ,

Semi Trucksは、カリフォルニア出身の Brendan Sepe(ブレンダン・セペ)が制作し、フロントに立ち、キュレーションを担当しています。”マジック・スクール・バス”のような逃避行で、アート・ポップをチャートのトップに押し上げようとしています。Sepeのティーンエイジャーらしい、しかし国際的なソングライティングの二面性は、すべてのリスナーを赤面させるほど魅力的で、私も例外ではありません。セペは、Pesosというバンドで活動していたので、ご存知の方も多いでしょう。これがきっかけで、彼はロサンゼルスの陰気で暗い音楽シーンに足を踏み入れることになりました。夢が噛み砕かれて吐き出される場所、それがロサンゼルスだ。幸いなことに、セペには夢がない。彼が本当に望んでいるのは、20年後の子供たちに聞いてもらい、彼らにインスピレーションを与えることだと言う。彼は未来の男なのだ。日中はタイルを敷き、翌朝にはタイルを敷くというように、Sepeは創造することを切望しており、デビュー作 ‘vs California’ で見事にそれを実現しました。Semi Trucksは、誠実さ、葛藤、愛、自由、そして幸福感に満ちた大好きなアメリカ料理を食べるようなものです。セミ・トラックスは、ブレンダン・セペの言葉を借りれば、”そこにいてくれてありがとう” ということになるでしょう。