Sam Wilkes, Craig Weinrib, and Dylan Day – Sam Wilkes, Craig Weinrib, and Dylan Day

ARTIST : , , and
TITLE : Sam Wilkes, Craig Weinrib, and Dylan Day
LABEL :
RELEASE : 7/12/2024
GENRE : ,
LOCATION : Los Angeles, California

TRACKLISTING :
1.Standing In The Doorway
2.Too Young To Go Steady
3.How Insensitive
4.Rain
5.Snow
6.When I Can Read My Titles Clear
7.I’ll Find A Way (To Carry It All)

商品カテゴリー: 商品タグ: , , , , ,

このレコーディングのほとんどは、南カリフォルニアの夕方、サンバーナーディーノ山脈が見える屋外で行われました。

がベース・ギター、がトラップ・ドラム、がエレクトリック・ギターを担当。

その夕暮れ時のレコーディング・セッションから8ヵ月後、トリオはさらに数曲を収録するために再集結。WilkesはDylanがJobimのメロディーを弾くのを聴きたいと言い(How Insensitive)、DylanはCraigが葬送行進曲を弾くのを聴きたいと言い(When I Can Read My Titles Clear)、Craigは優しく素敵な演奏をしたいと言ったのです。

こうして出来上がったレコードは、運命的とも思える最初の音楽的出会いの記録であり、トリオの相性の良さと激しさを伝えています。彼らが共有する音の親和性は、このアルバムのサウンドには欠かせないものではあるが、一音一音、一拍一拍に充満する誠実さ、自信、そして互いへの配慮に比べれば、二の次のように感じられる。

Wilkes, Weinrib, Dayの3人は、スタンダード、フォークソング、賛美歌の上で、即興演奏を繰り広げます。陽気で緻密な音楽。

Sam Wilkesはコネチカット州ウェストポート出身、カリフォルニア州ロサンゼルス在住。Craig Weinribはニューヨーク出身、ニューヨーク在住。Dylan Dayはバーモント州フレッチャー出身、カリフォルニア州ロサンゼルス在住。