Dummy – Mandatory Enjoyment

ARTIST : Dummy
TITLE : Mandatory Enjoyment
LABEL : Trouble In Mind Records
RELEASE : 10/22/2021
GENRE : indierock, kraut, shoegaze
LOCATION : Los Angeles, California

TRACKLISTING :
1.Protostar
2.Fissured Ceramics
3.Final Weapon
4.Punk Product #4
5.Cloud Pleaser
6.H.V.A.C.
7.Tapestry Distortion
8.Unremarkable Wilderness
9.Daffodils
10.X-Static Blanket
11.Aluminum In Retrograde
12.Atonal Poem

商品カテゴリー: 商品タグ: , , , , ,

ロサンゼルスのバンド、Dummyはスローダウンを拒んでいる。2020年に2枚のカセットEP(それぞれ Popwigと Born Yesterdayから)をリリースした後、シカゴの Trouble in Mind Recordsからデビューフルアルバムが届きました。叩きつけるようなギターと天空のようなアンビエンスを同居させたこのバンドは、ドローンポップのスタイルに無数の参照点を折り込んでいます。60年代のメロディズムや90年代のUKノイズポップからの影響に加え、スピリチュアルジャズ、日本のニューエイジ、イタリアのミニマリズムからのインスピレーションが織り込まれています。

Dummyは、パンク、エクスペリメンタル、エレクトロニックといった現代の「芸術的」な音楽によく見られる、陰鬱で暗く、ドラマチックな表現を避け、代わりに喜びと幸福感に満ちた音のパレットを主張しています。彼らは芸術的に停滞することを拒み、12曲の中で作曲に対するアプローチを絶えず変化させています。2019年にロサンゼルス周辺で行われたパフォーマンスによって形成された “Daffodils” や “Fissured Ceramics” などの曲は、執拗なドライビング・エネルギーと十分なサイケデリック・ノイズが特徴です。他の場所では、Dummyはモーターリックな “X-Static Blanket” のように、サウンドデザインとスタジオ実験に焦点を当てた瞑想的なシンセサイザーで攻撃性を相殺しています。最後に、アルバムの目玉である “H.V.A.C.” とアルバムの最後のトラックである “Atonal Poem” は、この2つの極を合成しようとするもので、未知の音の領域を旅するようなマルチパートの作品です。

至福のインストルメントとは対照的に、Dummyの辛辣なリリックは、「現代生活の負担、消費主義、環境崩壊、疎外感、そして歴史上の不条理な瞬間に生きることで生まれるその他の不安」を考察しています。インテリアデザイン、海洋汚染、商業建築の心理、核実験などが題材として取り上げられています。Dummyの飽くなき創造性は、彼らを常に前進させ、絶えず挑戦し、自分たちのサウンドを刺激的で爽快な場所へと押しやっています。これは、アルバムタイトルが示すように、’Mandatory Enjoyment’(必須の楽しみ)です。」

created by Rinker
¥1,600 (2021/12/06 12:46:17時点 Amazon調べ-詳細)