Amirtha Kidambi’s Elder Ones – New Monuments

ARTIST : ’s
TITLE : New Monuments
LABEL : We Records
RELEASE : 3/15/2024
GENRE : jazz, ,
LOCATION : Brooklyn, New York

TRACKLISTING :
1.Third Space
2.Farmer’s Song
3.New Monuments
4.The Great Lie

に加わり、3枚目のLP『New Monuments』を3月15日にリリース。.

Amirtha Kidambiは以前から、抗議活動における音の役割は極めて重要であると主張してきました。2020年夏、ブルックリンを拠点に活動するヴォーカリスト兼作曲家の彼女は、ジョージ・フロイド殺害事件をきっかけに、軍国主義化した警察の暴力的な存在に対抗するためにバンドを組織し、ニューヨーク中の大規模デモに没頭しました。「会場もなく、橋の下、トンネル、発電機、店先やギャラリーから引き出された延長コードを使ってDIYコンサートを開き、実験的で革命的な音楽のサウンドをより多くの人々に届けました」とキダムビは回想。かつて、Death By AudioやThe Silent Barnのような地区外の廃れたスペースでコミュニティを育んできたアーティストであり活動家にとって、こうした抗議活動はアンダーグラウンドを公に増幅する場となりました。「私たちはツールや戦術を手に入れ、集団の力を理解しました。私が即興ミュージシャンとして感じているのと同じ力です」

集団の解体と再構築という破壊的な精神は、彼女自身のバンドであるElder Onesとの3枚目のフルレングス作品『New Monuments』を構成する長編カットの触媒となっています。彼らのリーダーがライナーノーツに書いているように、このタイトルは “古い植民地的、人種差別的な記念碑や権力の痕跡を取り壊し、闘争の殉教者のために新しい記念碑を建てる”ことを呼び起こすもの。プロスペクト・パークの上にあるFigure 8 Studiosで制作されたこのアルバムは、インドの農業改革をめぐる農民たちの抗議活動、マフサ・アミニの死によるイラン女性の権利運動の展開、そしてパレスチナ解放への絶え間ない叫びなど、世界的な紛争が相互に関連し合う数々の現場に関心を寄せるアーティストの作品。

今回のElder Onesは、ベーシストのEva Lawitts、サックス奏者のMatt Nelson、チェリストのLester St.反体制のドキュメントとして、これらの4つのコンポジションは、即興演奏が抵抗の領域において重要であることを証明しています。キダムビの歌声は、ブラック・アメリカンの解放音楽、カルナティック・クラシックの献身的な流動性、そしてハードコア・パンクやハーシュ・ノイズから連想されるような内なる叫びの放つ、焦げたような音の風景の上に浮かんでいます。New Monumentsは、「乗り越えられない逆風に対して、たゆまず組織化し、抵抗するすべての人々」に敬意を表しています。確かに、反復、マントラ、コール・アンド・レスポンス・パターンの推進力は、瞬時に抗議のピークを呼び起こし、残るのは、協和と衝突の間を揺れ動くアンサンブルの生態系。

Kidambiの洞窟のような歌声がセンターステージに大胆に登場する前に、シンセサイザーが震えるようなチェロと呼応。シンセサイザーが震えるようなチェロと響き合い、その前にキダムビの洞窟のような歌声がステージ中央に大胆に登場。彼女のハルモニウムの咆哮の上に、亡命を思わせるリフレインが浮かび上がる: 「あなたはここにいるべきじゃない/彼らはここにいるべきじゃない/私たちはここにいるべきじゃない」。Albert Aylerの愛の叫び、Don Cherryの永遠のリズム、そしてKidambiの亡き友人であり、このアルバムの一部を捧げたコラボレーターでもあるjaimie branchのフォルテッシモの大胆不敵さ。

「Third Space」はアルバムから抜粋された1曲目。この曲は、2021年に白人男性がアジア系女性をターゲットに殺害したアトランタ・スパ銃乱射事件を受けて書かれたもの。その年、反アジア人ヘイトが急増し、アメリカにおけるアジア人の経験の複雑さと、人種正義運動の中でアジア人、ブラック・アメリカン、その他の疎外されたグループ間の連帯の必要性が浮き彫りになりました。黒人/白人のパラダイムにおいてしばしば不可視化されるアジア人/南アジア人の経験は、「モデル・マイノリティ」の神話、男性の男性化、オリエンタリズムの視線による女性の異国化と被支配、そしてアメリカ帝国主義の戦争によるディアスポラの非人間化という矛盾の中に存在しています。第三の空間」とは、インド系イギリス人の理論家ホミ・バーバに由来する言葉で、植民地権力と自国文化の衝突の中で開かれるアイデンティティの空間であり、ディアスポラとグローバリゼーションの複雑な第三の流れを形成するもの。

バンドリーダーとして、Kidambiは作曲と即興にオーガナイザー的なアプローチを取り、集団的な相互作用のための十分なスペースを提供。「解放を達成するためには、まずそれを想像できなければならない」とキダムビは書いています。「Justin Hopkinsによるこのアルバムのアートワークは、このことを物語っています。これこそがアーティストの役割であり、私たちが即興で創造性を発揮し、急進的な代替案を思い描くことができる場所なのです」。何よりも、『New Monuments』は、何も言い残すことのない行動への呼びかけ。